相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

副収入を得た人は避けては通れない。30分で終わる確定申告講座①

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

今回お話しする内容は

2月.3月で世間がこの言葉で彩る

確定申告についてです。

 

社会人A
社会人A
確定申告ってなんだ?

 

そうですよね。

 

本日から記事を複数に分けて

誰でも簡単に確定申告できる状態に

引っ張り上げたいと思います。

 

ではこれから

いつもの記事とは違った感じで

確定申告の概要から確定申告するまで

細かく説明していきます。

 

そもそも確定申告とは?

 

毎年2月から3月になると

確定申告の話が発生し始めます。

 

税金に関する手続きといえば

会社員が会社で経理に提出して行う

「年末調整」もありますが、、、

 

確定申告とはどう違うのでしょうか?

 

確定申告とは

所得にかかる税金の額を計算し

税金を支払うための手続きです。

 

個人の所得の計算期間は

1月1日から12月31日の1年間。

 

確定申告書や決算書の必要書類をそろえ、

今年の場合2020年2月17日から3月16日までに

税務署に申告・納税をする必要があります。

 

確定申告が必要な人

 

次の条件にあてはまる人は

確定申告を行って税金を納める義務があります。

 

<確定申告が必要な人>

・配当所得があった人

・不動産所得があった人

・事業所得があった人(個人事業主)

・給与所得があった人(会社員でも必要かも)

・退職所得があった人

・譲渡所得があった人

・山林所得があった人

・一時所得があった人

・雑所得があった人(副業等の所得がある場合)

 

なお、今回の記事は

僕のコンテンツを通して

確定申告が必要になってしまう人向けに

記事を書いています。

 

従って

赤で囲った「副収入」が発生した人向けに

記事を書きます。

 

 

 

確定申告と年末調整は
どう違うの?

 

年末調整とは

給与から天引きされている所得税の

過不足を計算して調整する手続きです。

 

会社員であれば

毎年11月から12月にかけて行われ

通常12月の給与支払い時に精算が完了します。

 

年末調整で

正しい所得税額を算出し

足りない人からは追加徴収

支払い過ぎている人には還付します。

 

本来であれば

所得税の納税は確定申告によって行うものです。

 

ただ、年末調整を行うことで

納税の精算が済んでいるため、

会社員は確定申告が免除されています。

 

ただし、条件によっては

会社員でも確定申告しなければなりません。

 

 

つまり。。。

 

 

普通に会社員として

働いてるだけの人に関しては

確定申告とは無縁ということです。

 

本記事を見る必要もありません。

 

ただ、、時代も時代です。

 

「副業だ。。」

「資産運用だ。。」

 

やるやらないは別として

頻繁に騒がれる時代になりました。

 

知っておいて損しない情報なので

会社員の方でも見ると面白いかも。。

 

話は変わりますが

会社員でも確定申告が必要な方は

どんな人なんでしょう?

 

会社員でも確定申告が必要な場合

 

会社員の中でも

高額収入の方や不動産経営をされている方は

所得の金額により確定申告が必要となります。

 

副収入がある人も

確定申告が必要になります。

 

また

病気やケガで入院・治療した方は、

医療費が10万円を超えている場合に

申告すると「医療費控除」の対象になります。

 

<会社員向け:確定申告が必要になる条件>

・副業所得が20万円を超える場合

・給与収入が2,000万円を超えている場合

・2ヵ所以上の会社から給与を貰ってる場合

・ふるさと納税の納付自治体が6ヵ所以上の場合

・医療費控除、雑損控除などを受ける場合

・住宅ローン控除を初めて受ける場合

 

これらが該当します。

 

下記の5つに関しては

あまり馴染みが無いと思うので

気にしないで良いと思います。

 

問題は一番最初に記載してあるヤツです。

 

 

副業所得が20万円を超える場合

 

 

本記事をご覧になってる人は

だいたいコレに該当してしまうはずです。

 

・自動売買

・不労所得構造

 

良くも悪くも

副収入が発生してしまいます。

 

年間副収入20万円以上。。。

月々2万円の副収入が発生。。。

 

意外と簡単に

到達してしまうと思います。

 

そうなった場合

必ず確定申告する義務が発生します。

 

 

ただ、、、安心してください。

 

 

少なくても

僕が紹介しているモノは

僕が現在進行形で利用してるモノです。

 

それらの確定申告方法は

僕が一番理解しているはずです。

 

今回は僕の実体験も含めて

確定申告について説明するので

かなりイメージしやすいものになります。

 

「確定申告がメンドくさい」

 

その気持ちは痛いほどわかります。

 

ただアナタの確定申告は

30分もあれば完了します。

 

副収入も手にして

正しく確定申告をする

 

そんな状態に

してもらえればと思います。

 

 

 

確定申告の提出期間は?
やり方は?

 

令和元年の確定申告は

2020年2月17日から3月16日の間で

税務署に提出する必要があります。

 

確定申告書を作成する際

従来は所定の申告書を印刷して1つずつ

記入する方も多かったですが、

 

今は国税庁のHPや民間の会計ソフトを

利用するケースが一般的になりました。

 

確定申告実践編は

次の記事になりますが

今回は僕自身が使い慣れている

弥生会計ソフトを利用します。

 

無料版と有料版がありますが

副収入レベルの確定申告であれば

無料版で書類作成が可能です。

 

提出方法は主に3つ存在します。

 

・税務署に郵送する

・手渡しで直接最寄りの税務署に提出

・e-Taxを利用しオンライン上で完結させる

 

という方法があります。

 

実践編では

3種類すべての提出方法を

お伝えできればと思います。

 

e-Taxは

オンライン上で完結するので

とても便利ですが

 

手続きには

マイナンバーカードが必要になります。

 

通知カードではありません。

本人確認書類で使えるマイナンバーカードが

e-Taxでは必要になります。

 

 

持ってない方には郵送が便利と言えます。

 

また郵送の場合、

郵便局の窓口で定形郵便として提出し

3月16日までの消印があれば期限内として

認めてもらえます。

 

なるべく余裕を持つことをオススメします。

 

青色申告?白色申告?
何が違うの?

 

確定申告の方法には

「青色申告」と「白色申告」の2種類あります。

 

青色確定申告とは?

 

青色申告とは

税金が安くなる特別な控除や赤字の繰越で

翌年度の税金を安く抑えることができたり

様々な優遇特典のついた確定申告の方法です。

 

優遇措置がある一方で

1年間の取引を複式簿記の形で作成した帳簿を

用意する必要が発生します。

 

青色申告のおもな特典は以下のとおりです。

 

<青色申告のおもな特典>

・青色申告特別控除(65万円または10万円)

・青色事業専従者給与の必要経費算入

・純損失の繰越し

 

これらです。

 

大きなメリットは

売上から経費を引いた「所得金額」から

65万円を控除できる点です。

 

例えば

あなたの副業の売上が100万円

経費で30万円を使っていた場合

差額の70万円に対して所得税がかかります。

 

この時

青色申告で1年分の収支を作成して

申告を行うと、

 

70万円から65万円を引いた5万円に対してのみ

所得税が課税されるようになります。

 

ただ、青色申告は

冒頭でもお伝えした通り

複式簿記の形式の書類作成が

必要となってきます。

 

会計ソフトを利用すれば

初心者の方でもできないことは無いですが

多くの人がめんどくさく挫折すると思います。

 

僕自身

事業という形で色々やってますが

青色申告は色々とめんどくさいので

税理士にお金を支払いやってもらっています。

 

これはあくまで目安ですが

副収入年間300万円までなら白色

年間500万円超えるようになったら

税理士に頼んで青色申告にする

 

という形で良いと思います。

 

白色確定申告とは?

 

白色申告とは

青色申告と比べて簡単な確定申告方法です。

 

貸借対照表の提出が不要であるほか

帳簿も取引きごとに記載するのではなく

日々の合計金額の一括記載で申告できます。

 

ただし、白色申告には、

青色申告にある家族に給与を経費にする仕組み

赤字の繰り越しもありませんので

 

節税メリットは少ないといえます。

 

 

 

まとめ

 

ここまで確定申告について

簡単ではありますが話してきました。

 

本記事で押さえてほしいポイントは6つ

 

①会社員一本なら確定申告は不要

②副収入年間20万円以上は確定申告義務

③確定申告のやり方は2種類存在する

④副収入が拡大しすぎたら青色申告

⑤めんどくさがり屋の人は白色申告

⑥確定申告書類作成は弥生会計ソフト

 

コレさえ押さえておけば

本記事の理解度は100%です。

 

次回の記事は

実際に弥生会計ソフトを利用して

確定申告書類を作成していきます。

 

「確定申告。。難しそう。。」

 

初めて聞いたら

難しそうと感じるのは当たり前です。

 

そんな気持ちを

次の記事で心変わりさせます。

 

僕が初めて確定申告をしたとき

一番めんどくさいと感じたのは

書類作成ではありません。

 

雑に扱っていた

領収書の整理が一番の敵でした。

 

つまり経費計上できる部分の

書類整理が一番の敵だったんです。

 

・自動売買

・不労所得構造

 

経費出来るモノなんて

たかが知れてると思います。

 

つまり殆ど整理不要です。

 

だから30分で完結できるんです。

 

実践するまでは

めんどくさい気持ちが強いと思います。

 

初めて確定申告をした

3年前の僕がそんな感じでした。

 

しかし!

 

実践したら

大したことありません。

 

本当に簡単なので

めげずに確定申告をしましょう。

 

副収入も作っちゃいましょう。

 

今回の記事は

これで終わりにします。

 

ではまた次回お会いしましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です