相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

企業研究・業界研究をする本当の意味とは?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
こんにちは、賢太です

 

今回から

いよいよお待ちかね

業界・企業研究編です。

 

f:id:hkentaeigyou:20170803165808j:plain

 

「え、、待ってないんだけど」

「自己分析だけじゃダメなんですか、、」

 

そんなこと思っていますか?

 

僕も同じく

企業研究なんてやりたくないと

就活時代思っていました。

 

現実だけ話すと

 

・どこの企業でもいい。

・内定さえ取れればどこでもいい。

 

こんな考えだったら

企業研究はやらなくても大丈夫です。

 

たぶん運で

1つくらい内定を貰えると思います。

 

しかし!

 

就職活動に

目的をもって活動しているアナタ

 

 

・志望企業に行きたい

・やりがいある環境で働きたい

 

 

と考えている場合

必須項目となっています。

 

自己分析編と同じく

真剣に聞いてもらえればと思います。

 

今回

企業研究をするにあたって

大前提となることを話します。

 

 

そもそも企業とは何ですか?

 

企業.業界研究は何のために?

 

 

この2点について話します。

就職とは企業に属するということです。

 

そもそも企業とは何なのか

知らないとイメージできませんよね

 

何のために企業・業界研究をするのか

目的が明確でないと行動に移せませんよね

 

今回は準備日です。

 

 

そもそも企業とは何ですか?

 

 

アナタにとって企業とは何ですか?

 

・自己実現の場所

・社会貢献活動をしている組織

・自分の夢を実現させるためのモノ

・代表取締役がトップにいる集団組織

 

色々な回答があると思います。

 

全て間違いではないですし

答えは1つではないと思います。

 

しかし1つだけ

間違えてほしくないことがあります。

 

 

自己中心的な

考えになっていませんか?

 

 

就活生の多くは

全て自分の思い通りにしたく

見誤った考えをする傾向にあります。

 

自分の満足のいく待遇の環境

自分のやりたいことができる環境

一緒に働きたいと思える上司がいる環境

 

こんなことを思うのは当然です。

 

1つ忘れていませんか?

 

就職するのであれば

希望する99%は株式会社です

 

営利(利益)を目的とした

団体であるということなんです。

 

いくら絞った環境でも

所詮は雇われる側なんです。

 

自分の自己実現とは反した仕事でも

企業にとって利益が出る行動かもしれません。

 

あくまで社員として会社に属します。

 

会社という組織に属する以上

“会社の為”というのが第一になります。

 

アナタの為に

会社があるわけではないことを

しっかりと認識をして働くことが必要です。

 

そのため

アナタにもたらす就職するは

会社にとってアナタを雇う理由がなければ

雇う必要性はありません。

 

そのために

アナタの企業に対する考えを

まとめる必要があります。

 

f:id:hkentaeigyou:20170821155230j:plain

 

企業.業界研究は何のために?

 

就活生の考えとして

 

・内定を獲得するために

・面接時に聞かれても答えられるように

 

これがやってる理由に挙がると思います。

 

別に間違いではありません。正解です。

 

しかし!

 

選考してみればわかりますが

腐るほど企業研究をして調べ尽くしても

面接で大したことは言えません。

 

“選考通過のために”で企業研究すると

3次選考辺りでボロが出て落とされます。

 

逆に内定を多く貰う就活強者は

あくまで自分のために企業研究をします。

 

 

つまり企業研究は

他社と比較するためのもので

内定のためではありません。

 

 

日本には

類似する企業が数多く存在します。

 

その中で

御社に一番入りたいと話すんです。

 

企業に入りたい熱は伝わっても

他社との比較材料が全く無ければ

 

どうしてウチに入りたいか

理由の信憑性に欠けるのです

 

いくら企業の良い点を話しても

 

「それで?」

 

という一言で解決してしまうのです。

 

比較材料が無ければ説得力に欠きます。

 

恋愛でも同じだと思います。

 

可愛い可愛いと育てられた人に

「かわいいね」と言ってみて下さい。

 

おそらく「知ってる」の一言で

片づけられで何も印象に残りません。

 

良い点だけでは聞き飽きてるのです。

だから相手にしないのです。

 

話を戻しますが・・

 

自分にとって

どんな理由で企業を選択したのか

他社と比較して話せるようにならないと

企業にフラれます。

 

これが企業・業界研究をする理由です。

 

今回は区切りが良いので

この辺で失礼させていただきます。

 

ではまた。。。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です