相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

自分を振り返り自分を作る②アピール材料を生み出す過去分析

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
こんにちは、賢太です。

 

今回は

前回の記事を読んでる前提で話します。

 

もし読んでいなければ

こちらより読んでいただければと思います。

 

【自分を振り返り自分を作る②】

 

前回!

 

自己分析をするための材料として

自分史を作っていただきましたね。

 

今回は自分史を使った自己分析を含めて

3つほど紹介致します。

 

f:id:hkentaeigyou:20170820202306j:plain

 

③自分史をポジティブに振り返る

 

自分史を振り返る時は

とりあえずポジティブに考えてください。

 

ネガティブに考えても

あなたの良さは見えてきません。

 

自分史は欠点を探すものではなく

良い点を探すものです。

 

しつこいですが

就活はポジティブ思考が大事です。

 

例)高校大学入試

 

ネガティブに考えると

 

「その学校しか受からなかった」

「定員割れしていたから受かった」

 

となるかもしれません。

 

しかし!

 

アナタは何らかの理由で

受験費を払ってまで入試を受けたました。

 

何か魅力があり受験をした。

 

そして

高校・大学で色々な経験や出会いが

今の人生の糧になった事もあるでしょう。

 

何か辛いこともあったかもしれません。

 

「バイトの面接に受からない」

 

そんな苦い経験があって

今のアルバイト先に辿り着き

良い出会いもあったと思います。

 

ポジティブに考え

 

 

どうやって

苦楽を乗り越えてこられたのか

 

どんな出会いが

アナタを成長させてきたのか

 

 

これを一緒に考えていきましょう。

 

今まで意識していなかった

自分の長所が見えてくるに違いありません。

 

f:id:hkentaeigyou:20170820202345j:plain

 

④アナタに最大級の自信を

 

いきなりですが

もしアナタが社長だった場合

自信のない人を採用したいと思いますか?

 

自信のない人に

入社されても困ると思いませんか?

 

アナタが採用したいと思わなければ

企業も採用したいとは絶対に思いません。

 

だから!

 

アナタには自信をもって欲しいです。

 

日本人は謙遜することが

美徳という謎文化があります。

 

その影響で

 

「自分は大したことをしていない」

「長所なんて何もない」

 

と考えてしまう傾向にあります。

 

謙遜と素直は全くの別物です。

 

謙遜して

自分を表現しないなんて論外です。

 

謙遜せずに自己分析をすることで

あなたのアピール材料を作り出します。

 

職活動では

「1分で自分を自己アピールしてください」

ということがよくあります。

 

いきなりだと何を話したらいいか

混乱してしまうかもしれませんが

自信を足せば簡単にクリアできます。

 

例)ゼミを頑張った

 

これに対して

華々しい成績はなくても

 

周りの学生と協力したこと

解決するために自分の意見を言う

 

こんな感じで具体的に考えてみて下さい。

 

そして自信を

少しだけプラスしてください。

 

この時のポイントは

成果.成績を盛ることではありません。

 

「アナタの考えがあったからできた」

「アナタの雰囲気作りがプラスを齎した」

 

具体例を踏まえて話してほしいのです。

 

あなたが持つ影響力を

あなた自身の経験を基に考えてみましょう。

 

f:id:hkentaeigyou:20170820202538j:plain

 

⑤自分を客観的に見てもらう

 

自己分析で見落としがちなのが

自分ではなく客観的にみる姿勢です。

 

あなたに

いくらアピールポイントがあっても

客観的に見てアピールポイントでなければ

考えなおす必要があります。

 

就職活動で

アナタを評価するのは

あくまで企業の面接官です。

 

そう考えると

客観的な自分も知るべきですよね。

 

では自分をよく知っている人とは

 

・両親・親友・アルバイト先の先輩

・恋人・中学高校の同級生

 

信頼を置ける人であり

正直に話してくれる人に聞きましょう。

 

後輩などに聞くのは

気を使わせるのであてになりません。

 

 

良い面も悪い面も

正直に話してくれる人から

意見を聞きましょう。

 

 

この時

ネガティブなことを言われても

怒ったりしないでください。

 

アナタのために

正直に話してくれています。

 

感謝の気持ちをもって

聞く耳をもって依頼しましょう。

 

以上が超簡単な自己分析方法です。

 

アナタは自分自身を

相手に表現できるイメージはつきましたか?

 

まだまだ効率良い

自己分析法をどんどん紹介していきます。

 

・自分自身を知ること

・自分のやりたい仕事を見つけること

・自分の人生の軸を見つけること

 

自己分析はたくさんの効果があります。

 

ではまた。。。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です