相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

【衝撃の事実】3人に1人は〇〇!就職後の事実を受け入れたら就職活動は無駄。

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
こんにちは、賢太です。

 

大学行ってる人

いきなりですがちゃんと授業に出て下さい。

 

僕が言えることではないですが

しっかりと学校に行ってください。

 

一つ一つの講義は

学費をしっかりと払って

受講できているモノになります。

 

僕は今さらながら後悔しています。

蓄えられる知識は蓄えてください

 

今日は無事に内定を手に入れて

社会人になってからの話をします。

 

就職活動は内定がゴールではありません。

 

社会人になってしっかりと活躍して

自分の思い描いた人生を送れるレールに

乗れるかどうかだと思います。

 

もし今!

 

プロ野球選手などの

プロ選手になりたいと思っている人は

この記事を読まないでください。

 

あなたのレールは

就職をすることではなく

今から努力し続けて実業団に入り

ドラフトにかかる道を探すことです。

 

本日取り上げる問題

 

「3人に1人」

 

何のことだかわかりますか?

 

こちらは新卒社会人が

3年以内に離職する割合が

3人に1人ということなんです。

 

因みに

これは中小企業に入社しても

大手企業に入社しても変わらない現実です。

 

想像してみて下さい。

 

アナタの周りの友達は

3年後に誰かしら離職しています。

 

なぜこんなことが起きるのでしょう。

 

原因は色々ありますが

主にこちらが挙げられます。

 

・学生と社会人のギャップ

・想像していたのと違う

・他の会社に行ったら何か変わりそう

 

などなどです。

 

 

大前提として

学生は社会を舐めすぎています。

 

自分が

経営者だった時をイメージして

仕事をすれば考えが変わります。

 

アルバイトと社会人の

給与の制度について説明します。

 

アルバイトは

基本やることが決まっており

アナタは認識してないかもしれませんが

成果報酬制です。

 

やるべきことを何時間やったか。

仕事をした分だけ給与が発生しています。

 

しかし社会人は逆です。

これくらいの仕事をしてください。

 

それを約束した状態で

決まった給与が生まれます。

 

成果や結果

やるべきことをやらない人が

怒られるのは当たり前なんです。

 

ただ新卒は

まだまだ生産性が低いので

 

早く仕事を覚えて

結果を出せる人間に成長してほしい

 

こんな思いがあります。

1~3年は成長段階なんです。

 

つまり・・・

 

一番覚えることが沢山あり

厳しい時期だと思っておいてください。

 

今から社会に羽ばたく人に

言うべきではないと思いましたが

 

これを知っておかないと

せっかく入った会社も居心地が悪くなり

すぐに辞めたくなってしまいます

 

現実を伝えたところで

僕がどうして大手企業に勧めたか

少しだけ語らせていただきます。

 

大前提として

大企業=安定ではない

ということだけは言っておきます。

 

そもそも人によって

安定の定義が違うと思うので

安定の意味がわかりません。

 

安定を語りだすと

記事が膨大な量になるので

安定についてはまた今度話します。

 

初めに言っておくことは

どの企業でも仕事はラクではありません。

 

最初は多分キツイと感じると思います。

 

大手企業だから

人数が多くて仕事の割合が少ないとか

そんなのは幻想です。

 

大企業は大企業なりに

多くのクライアントを抱えているので

きつい時はきついです。

 

ただ確実に言えることもあります。

 

大手企業は圧倒的に中小企業より

福利厚生が充実している企業が多いです。

 

そして

扱う金額の桁が違うので

高揚感が中小企業より発生します。

 

僕の立場から言うのも変な話ですが

結局仕事は環境です。

 

福利厚生.上司.部下です。

仕事内容で企業を選ぶのも重要ですが

 

それよりも「この人と仕事がしたい」

そう思える職場で働いてほしいと思います。

 

今日は少しまとまりに

欠ける記事になっていますが

離職は必ず環境に原因があります。

 

そしてどうなっていきたいか

目的によっても変わってきます。

 

もし前線でいち早く活躍し

出世したい考えている人には

ベンチャー企業をオススメします。

 

良い意味でも悪い意味でも

自分の意見を左右されやすいので

面白いと思います。

 

しっかりと目的に

フォーカスして就職活動をしましょう。

 

今日はこれくらいで失礼します。

 

そういえば

一昨日ボルダリングをしました。

 

f:id:hkentaeigyou:20180220120500j:image

 

筋肉痛が酷いです。

3回登っただけで腕がパンパンです。

 

来月は山登りをしてきます。

 

ではまた。。。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です