相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

就活生が恐れる職種第一位!恐れるけど結果を出せば圧倒的年収を勝ち取れる職

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
こんにちは、賢太です。

 

僕の記事を見てくれた人なら

もうおわかりかもしれませんが

 

今日のテーマ

 

辛そう

この職種はイヤだ!

 

日本で一番多い職種の営業職です。

 

今日で

その印象を変えたいと思います

 

そもそも営業職とは何でしょう?

 

業職とは

見込み客に自社の物品

サービス.情報といった財(商品)の

購入を促して売買契約を結ぶ職業です。

 

堅苦しいですね。

 

シンプルに話すと・・

 

良いモノを人.会社に提供する

 

これだけです。

とてもシンプルで簡単そうですね。

 

だって

良い商品って証明されてるモノを

ただ売ればいいだけですよ。

 

こんなふうに言うと

全国の営業マンから恨まれそうなので

ちゃんと話します。

 

は商品を提供する職で

類似している販売職と営業職で

どうしてここまで印象が違うのでしょう。

 

販売職の説明をしていませんでした。

 

売職とは

店舗にある商品を顧客に提供する仕事です。

 

洋服を買いに行った時

 

みんな楽しそうに

笑顔で接客していますよね。

 

これがおそらく

販売職の印象の良さだと思われます。

 

ここで営業職と販売職の

決定的な違いを説明します

 

それは

見込み客が相手から来るか来ないか

の違いです。

 

もっと簡単に言うと

何もしなくてもお客さんが

舞い込んでくるのが販売職。

 

行動を起こさないと

お客さんが一切来ないのが営業職です。

 

倒的に集客が難しい

営業職のほうが難易度が高いです。

 

これが懸念されている理由ですね。

 

こういうと

販売職の人から反感くらいそうですが

 

両方経験してたので話しますが

・・・これが事実です。

 

営業職 に対する画像結果

 

ここからは

営業職と販売職という

本質は同じの職違いを説明します。

 

まずは集客方法。

 

営業職

 

・テレフォンアポイント

・飛び込み

・口コミ

 

主にこの3つです。

 

おそらく

テレフォンアポイントと飛び込みが

営業職を敬遠する一番の理由です。

 

業職は

商談というイメージがありますが

商談の前に大きな壁があります。

 

ここで嘘を言っても

仕方ないので正直に言いますが

・・・辛いです。

 

特に初めは辛いです。

 

少しコツをつかみ

アポイントが取れてくると

営業職はかなりラクです。

 

そしてかなり高給です。

 

就活生が多く見ている

ブログで金の話はしたくないですが

 

は入社6ヶ月後に

月収40万ほど貰っていました。

 

販売職

 

・口コミ(SNS)

・ショッピングモールの館内放送

・ポイントカード

・チラシ、ポスター

・メールマガジン

・興味本位で立ち寄ってくれる

 

こんな感じです。

 

ご覧のように

裏でポスターを作ったり

メールマガジンを配信したり

裏で色々作業することはありますが

 

直接人と話して

来店してもらうわけではないので

売上を出すことは相当ラクです。

 

何度も言っていますが

販売職を批判してるわけではありません。

 

実際そういう仕組みなんです。

 

明らかに集客方法がラクなぶん

同じ商品売り上げても価値が違います。

 

お金の話になりますが

いくらたくさん売っても

大幅に給料が上がることはありません。

 

それが販売職が薄給と言われる理由です。

 

次に営業職.販売職の売り上げ方法です。

 

営業職

 

電話営業.飛び込み営業によるアポイント

商談(資料や実機を用いたプレゼン)

契約

 

1つの売り上げはピンキリですが

OA機器の専門商社は50万~1000万

 

不動産や貿易広告関連は

1000万~5億くらいです。

 

大企業になりすぎると

理解できない数字の取引額になります。

 

販売職

 

口コミ・チラシにより来店

接客(試着や値段交渉、世間話)

お買い上げ

 

こんな感じです。

 

1つの売り上げはピンキリですが

衣類や雑貨などの店舗は100円~100万円

 

時計や車の高級専門店は

10万円~5000万円になります。

 

ここまで比較して何が言いたいのか?

 

売っている商品の

値段にさほど大差はありません。

 

かし集客に

圧倒的に難易度の差があるのです。

 

営業力がある人は

商談がコミュニケーション力が

圧倒的にあると言われていますが

 

そうではなく

 

集客が圧倒的に上手いのです。

 

今日はここら辺で終わります。

 

明日は

営業力の身に付け方を話します。

 

営業力が付くとどうなるか?

 

なんでも売れるようになります。

 

仕事でもプライベートでも活かし

人生の楽しさと満足度が増します。

 

ではまた。。。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です