相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

アナタの常識が就活を苦しめる。学生と社会人で乖離する常識。常識は非常識

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

前回はコート・上着について話しましたね。

 

f:id:hkentaeigyou:20170921153352j:plain

 

前回の内容は

社会人になってからも間違いなく

活用できる知っていなければいけない

内容でもありました。

 

知らなかったら確実に恥をかきます。

 

そして今回・次回の内容も

知らないと恥をかく内容です。

 

バカにされるのが好きな人であれば

読んでいただかなくて結構なんですが

アナタはどうですか?

 

 

上司や部下に

バカにされたいですか?

 

 

イヤですよね。

 

なら簡単な内容なので

読んでいただければと思います。

 

恥をかきたくない人必見です。

 

 

②ドアのノックの正式なマナー

 

面接室に入室する時

アナタは何回ノックしますか?

 

1回・2回・3回・4回

 

何回でもいいと思っていませんか?

 

ノックに関しては

国際的にもマナーがあるので

しっかりと知っておくべきです。

 

正式なノックのマナー

 

2回・・・トイレ用

3回・・・家族・友達・恋人など親しい人向け

4回・・・初めて訪れた場所や礼儀が必要な時

 

面接は礼儀が必要な機会になるので

4回でOKです。

 

実際、

欧米諸国の面接は4回ノックが基本です。

 

ただ、ビジネスの場では

3回に省略しても良いとされています。

 

なので・・

 

結局2回でなければ良いです。

3回でも4回でも間違えではありません。

 

もし使い分けたい場合

 

海外支社がある会社は4回

日本支社のみの会社は3回

 

このように分ければ良いと思います。

 

この常識は知らないと恥をかきます。

 

この1年間は

ノック2回を頭から抹消してください

 

使う機会は皆無です。

ノックは3or4でお願いします。

 

f:id:hkentaeigyou:20170914174233j:plain

 

③メモ帳必須

 

メモ帳必須と書いたのですが

基本、面接中にメモを取る必要はありません。

 

メモを取っていると

コミュニケーションの妨げになります。

 

それでもメモ帳は必須です。

 

ごく稀にメモ帳が必要になります。

 

面接中に

勤務体系の条件など重要な話があります。

人間の記憶能力には限界があります。

 

そこでメモを使うのです。

 

らにこちらからの

逆質問の時はメモ必須です。

 

その時のポイントとして

逆質問のコーナーになった時

面接官に一言入れて下さい。

 

メモを取らせて頂いて宜しいでしょうか?

 

この一言だけでいいです。

 

メモを取るという行為は常識です。

 

確かにメモを取っても

読み返すことは少ないです。

 

ただピンチになった時に役立ちます。

 

そしてメモを取る行為は

頭にインプットさせやすくします。

 

本当に知りたい情報であれば

メモすることは必須要項です。

 

社会人になった時

メモを取る行為が癖になっていないと

間違いなく仕事に遅れをとります。

 

あくまで就活は通過点です。

 

f:id:hkentaeigyou:20170921153448j:plain

 

リがいいので今回は以上になります。

 

まだ伝えてないことが2つあります。

 

知っている情報を

話さないのは罪だと思うので

次回もお楽しみに!

 

ではまた。。。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です