完全非公開メールマガジン3

 

低学歴・コミュ症・実績なし
学生時代に頑張ったことがない

就活生が
大手3社.ベンチャー2社
内定を貰うまでの苦悩と挫折

 

完全非公開マガジン第3回
です

 

引地賢太
引地賢太
こんばんは、賢太です

 

僕は今日まで
あなたに就活を諦めず
満足した状態で社会に羽ばたいてほしく
いろいろ伝えてきました。

 

「高望みと言われても
 それでも行きたい会社がある」

 

そんなアナタの力になりたくて
アナタの努力が無駄にならないよう

頑張っているアナタが
1秒でも早く内定に近づけるように

そんな思いで

 

「今までのマガジンを
真剣に読んでくれている
 アナタなら内定が取れる

 

と伝えてきました。

あなたの
日々の努力も知らず
日々の苦労も知らず

 

「アナタなら内定が取れる

 

なんて無責任な発言だと思います。

それでも
僕は声を大にしてアナタに
色んなことを伝えたかったです!

なぜなら

 

 

僕が就活生だった時に
アナタと同じような経験をして
何回も挫折してきたからです

 

僕は就活が始まるまでの学生期間

 

ゼミは入ってない
バイトは自営業の居酒屋
講義は寝坊してサボりがち
サークルは入ってるけどお酒を飲むだけ

 

そんな人並み以下の
クズのような学生生活
無駄に時間を垂れ流すように過ごしました。

そしてある時期に突入しました。

 

「就活就活!!」

 

就活の準備に取り掛かり始め
そこで気づいてしまいました。。

 

「あれ?俺の今までの学生生活に
 誇れること無い・PRできることが無い

「こんなんで俺って就職できるのかな…..

 

僕の学生生活を一言で表すと

 

 

コミュニケーションに自信は無く
彼女もいない灰色一色の学生生活。

 

「採用してくれる企業はあるのか。。
「このままじゃニートフリーター。。
「俺って誰にも必要とされない。。。

 

不安が津波のように押し寄せてきました。

 

そんな不安を振り払うように
とにかく世間一般で言われてる
就活準備を見よう見まねで始めました。

 

自己分析を進めたり
日経新聞を読んでみたり
面接一問一答集を読んだり
SPIの筆記試験対策をしたり

 

周りがやってることを人の倍やりました。

 

何の取り柄も無い自分が
就職活動を勝ち抜いていくには
準備を人の倍するしかない。

そう思って黙々と
やれることを精一杯やりました。

 

「これで周りに遅れをとることなく臨める

 

そう思いました。

正直
学生生活はでしたが

この準備期間で
周りと差を付けることができたと思いました。

はっきり言って

 

「内定の1つや2つ余裕だろ」

 

と勝利を確信しました。

そして就活解禁の日を迎え

 

「さっさと内定を貰って遊び呆けるか!」

 

このように意気込み
今まで学んだ知識をフル活用させて
就活戦線に乗り込みました。

正直この時点では

「俺に勝てる奴なんていないだろ」

とさえ思っていました。

 

誰よりも良い企業に
誰よりも早く内定を貰い
いち早く遊びに行き

 

周りの友達・家族・後輩は尊敬と賞賛

そして「羨ましいな・・・」
という嫉妬心をMAXに浴びて

 

達成感と優越感に満ち溢れた
最後の学生生活を満喫しよう

 

考えていました。

誰よりも早く
誰よりも良い企業に内定を決めたら
めちゃくちゃカッコよくてモテるはず。

確実に収入も安定し
彼女だって作れる気がしました。

 

俺の将来ってバラ色じゃん!

 

そのはずでした・・・

 

しかし
フタを開けてみると
内容は悲惨なものでした。

 

ESは通らない。
面接では緊張して思ったことが言えない。
自信のあった筆記試験すら合格率4割・・

 

 

『慎重に検討させて頂きました結果
 今回はご期待に添えない形になります』

『厳正に選考した結果、誠に残念ながら
 ご希望に添えない結果なりました』

『選考を重ねました結果、
 採用を見送らせて頂く事になりました』

 

企業からこんなメールばかりで
頭がどうにかなってしまいそうでした。

周りが就活を終え
私服で学校に来ているなか

 

僕だけが 

 

スーツを着て学校に行き
学校が終わったあと電車に揺られ
夜遅くまで説明会や面接に足を運ぶ。。。

かなり屈辱でした。。悔しすぎました。

 

「なんで俺だけ、、。」

 

そんな気持ちになりました。

就活が始まる前に
僕を賞賛し尊敬していた友人たちは

手のひらを返したように

 

「いつまで就活やってんだよ…
「あんなに準備してたのにな(笑)

 

陰でコソコソ笑い合い

僕と話すときは気を使い
就活の話はしないようにしていました。

周りが楽しそうに笑って話すなか
僕だけが心の底から笑えないという

本当に死ぬ程辛い状況でした・・・

もう
なりふり構ってられないと思い
お金を払って就活塾などに入ろうと
考えもしましたが

入塾料の¥150000という
イカレ狂った金額を払う気にもなれず

結局、打開策は何もありませんでした。

でも
そんな心の底から辛い就活が

 

 

衝撃的事実を知ることで
一瞬で変える出来事が起きた

 

僕は運が良かった。
同じ学校出身の先輩との出会いが
全てを変えてくれました。

結論から言うと
僕は先輩からアドバイスを貰って
志望企業内定まで漕ぎつけました

先輩を知ったキッカケは
3月には既に内々定をもらっていた

 

友達10人全員が
その先輩からアドバイスを
貰っていたというから驚きです。

 

「どーせ学生時代は必死に頑張って
 サークルの代表とか部活で主将やって
 後輩育成に熱心なエリートだろ

「はいはい、結局イケメンで
 コミュニケーション力抜群エリートだ」

「俺とは真逆の人間だ」

 

当然疑いを持ってました。

就活が上手くいってない僕は
卑屈にもこんなことばかりを考え
劣等感と嫉妬心に押し潰されていました。

目のクマが濃すぎて

当時のルームメイトにも
「一回、病院に行ったほうがいいよ」
と心配されるほどでした。

 

だけど、、、
極めつけは数少ない親友のT

 

小学校から一緒の幼馴染で
中学.高校の8割を彼と過ごしました。

就活では
僕と同じ絶望の淵にたっていた彼が

 

1ヶ月で急に内定を3つ貰ったのです。

 

「は!?何が起きた」って感じです。

 

最後の一押しは
結局友達とはこのことでした。

僕はTに相談し
全て現状を報告しました。

面接もグループディスカッションも
手ごたえがあったのに落ちてしまう

お祈りメールを見るのもいい加減うんざり

Tは僕の話を聞いた後
先輩(Kさん)の話をしました。

 

数少ない親友T
数少ない親友T
けんた、俺、K さんにアドバイスを貰って内定取れたんだ。けんたも会ってみない?

 

Kさんどんだけ、、だろ 。
落ちぶれてた引地
落ちぶれてた引地

 

これが僕の素直な感想でした。

もはや僕は
そのアドバイスより
Kさんがどんな人か気になっていました。

 

正直、僕は最後まで信用できなかった

 

しかし
もうなりふり構っていられない。

もうそんなことを
言ってる余裕も無いので
無理やり会う約束をしました。

 

そして5日後、、

 

都内で落ち着きのある
雰囲気のカフェで会うことになり、
僕が先に店に着いたので待っていました。

そして3分ほど経って
その某有名企業の先輩が現れました。

 

身長は168cmくらいで
イケメンでもなくスーツの似合う感じの
エリート感も全然なくて

 

第一印象は
‘‘有名企業勤務のくせにオーラがない‘‘
という印象でした。

お互い自己紹介をして
アイスティーを飲みながら話し始めました。

話を聞いてみると

 

ずば抜けた資格もない。

コミュニケーション能力が
抜群にあるわけでもありません。

ルックスも
決して良いわけでもありません。

 

僕はその人に聞きました。

 

なんでそんなに突出した経験が無いのにそんな企業に入れたんですか?
落ちぶれてた引地
落ちぶれてた引地

 

そこは当然

 

「学生時代サークルやゼミ
 ボランティアや部活動を
 頑張ってきたからだよ!」

 

と言われると
わかっていながら質問しました。

しかし、その人から返ってきた答えは
意外すぎる言葉で逆にイラつきました、、。

先輩は言ったんです。

 

先輩のKさん
先輩のKさん
引地君。就活に必要なことを話すから今から30分だけ僕にくれないか。これさえ身に付ければ、本音では誰もが欲する一流企業に内定を貰えることを約束するよ。

 

正直、そんなわけない!と思い
逆に侮辱された気持ちになりました。

でも、そんな余裕はなかったので

「そんなのありえない!」

そう思いながら先輩の話を聞きました。

妄信的なオカルト教団の信者のように

 

そうなんですか!教えてください!
落ちぶれてた引地
落ちぶれてた引地

 

とお願いして
30分で秘密を教えてもらいました。

 

 

ついに
「答え」に辿り着きました

 

僕は生まれて初めて
寒くもないのに鳥肌が立ちました。

それくらい僕にとって衝撃の内容でした。

 

ただ周りと同じことをするだけでは
多くのハードルを抱えている自分では
内定をもらうことはできない。

 

そうずっと思いながら就活を続けていた僕は
やっと就活の答えに気づくことができました。

今思えば「なぜ気づかなかったんだ」と思う

 

シンプルなことでした。

 

そこから
僕は自分の考えを一変させ
僕自身の就活を見直しました。

いきなり
今までの就活のやり方を変えることに
不安はありませんでした。

 

 

この方法こそが
一番正しい自信あったから

 

その結果、
ES.面接通過率が高まり

今まで辿り着けなかった
最終面接にもいくつかコマを
進めることができました

内定がもらえるか見通しが立たない
希望が見えない恐怖と不安な気持ち
囲まれていた状態から

やっと微かな可能性を
摑み取れた気がしました。

 

この「答え」に気づいて
就活のやり方を変えてから
エントリーシート通過率・面接合格率、
共に57%上げることができ

多くの苦難を乗り越え
夏選考で第一志望の企業に内定をもらい

 

高収入ボーナスありで
最高に忙しくも楽しい充実した生活を
新卒1年目から送りました

 

 

学歴もない.コミュ力もない
学生時代は何もしていないクズ学生、、、

そして就活を始めても
全く内定の気配すらない絶望的状態から

ある大手企業の社会人と出会い
教えてもらった就活の「答え」

魔法のようなESテンプレではなく
最強のトーク術でもなく

 

いかに自分の
「知らない」「知っている」
変えることにフォーカスを当てた

 

 

まさに就職活動の
本質に基づく考え方でした

 

なぜ「不採用」になるのか
それは何かしら「知らない」要素が
その人に存在してるからです。

 

「知らない」「知ってる」に変えて
「不採用」「採用」に変えるという

 

 

強靭かつ
シンプルな就活の本質

 

 

それが「答え」でした。

僕よりスタート時に学歴が高い人もいるし
僕より就活の勉強に時間を使える人もいるし
僕より就活にお金を使える人だっています。

 

そんな中で
周りの就活生に負けることなく
志望企業に内定をもらうためには
どうすればいいのか

 

そこから小手先のテクニックではなく

 

就活の本質を捉えた考え方
知らない知ってる変えることが
底辺から這い上がる唯一の方法と気づき

 

自己分析とは.ESとは.面接とは
考えに考え抜いて答えを出して
行動に移していった結果

 

他の就活生.優等生
高学歴イケメン学生にも
負けることなく内定をもらいました。

 

先日も書きましたが
この「志望企業内定の思考.戦略」
学校では教わることができないスキルです。

 

しかし!

知ることさえできれば
誰でも身につけることができる「秘訣」です。

志望企業に内定した元底辺就活生は
例外なく、この秘訣に気づき実行してました。

皆、これをひらめくまでに
多くの時間を費やしています。

 

これにひらめいた瞬間に
爆発的な結果がついてきました。

 

僕はアナタに
現状がどうであれ
夢を持ち志望企業内定をもらいたくて
頑張っているアナタ

なにがなんでも
志望企業に入社してほしいです。

 

僕には

 

時間もお金も学歴も才能も
コミュ力もルックスも将来性も

 

何もありませんでした。

 

本当に「夢」しかありませんでした。

 

そんな底辺の状態から
志望企業に内定をもらえたのは

 

志望企業内定のための考え方
就活の結果を好転させる「秘訣」
気づくことができたからです。

K先輩と偶然出会って
就活の正しい戦略と思考
教えてもらうことができたからです。

 

僕は一度、就活に絶望しました。

それがどういうことか
どんな惨めな気持ちになるか知っています。

アナタにそんな思いはさせたくない。

さらに僕は

 

夢を諦めることなく頑張り行動して
内定を貰った時の嬉しさも知っています。

 

この2つの道を僕は知っていて
アナタはこの道の分岐点にいます。

どちらの道を選ぶかは
あなたの能力が決めることではなく

 

知らないのか.知っているのか

 

ただこれだけの違いなんです。

僕がアナタを夢に破れる道に
送り出す理由なんてありません

世間では学歴社会だとか
入る会社が全てではないとか
そんな話もあったりします。

 

でもそうじゃないんです!

 

就活を通して
「自分は絶対に諦めなかったぞ」って
努力して自分で掴み取り自信満々に胸張って

 

「自分もやればできるんだ」

 

そう嬉し涙を流すことが
なにより大事だと思うんです。

一番頑張ったことが
就職活動だって全然いいじゃないですか

 

だから僕は考えました。

どうすればアナタが
自分の目標を達成できるのか。

 

「アナタなら必ず内定を取れる」

 

なんていう
無責任な発言で終わることなく
アナタの力になれるのか考えた末、

 

 

門外不出の
志望企業
内定プログラム

 

内定率が
爆発的に上がった
門外不出の方法

これらを
まとめて作成しました。

この方法を知ることができれば
就活塾・就活セミナー・参考書
あらゆる自己投資で手に入るテクニックも
自分のモノすることができます。

あなたが
就活に不安を感じる原因
面接が上手くいかない原因は

 

あなたに
才能がなく
バカだからではなく

あなたが「知らなかったから」
そしてそれは「教えられてないから」

 

ということを証明できる内容です。

今まで結果が出ない自分」
不安に押しつぶされる自分」

そんな自分と決別できる内容です。

 

 

内定もらえるかわからない

 

不安やプレッシャーに
押しつぶされそうな状態に
希望を見出すことができる
それだけのものを作成しました。

 

本屋に行っても見つからない
就活塾で教わることができない

そんな前代未聞の内容を
僕の全力を持って作り上げました。

 

夢を叶える権利は
夢を持った瞬間アナタのモノです。

しかし人間は常にイメージの奴隷です。

 

アナタ自身が内定を取る
イメージを持てないと内定は取れない

 

あなたは
できないダメ就活生ではないんです。

 

知らなかった・教えられなかった

 

ただそれだけなんです。

あなたに
本気で内定が欲しい意志があるなら

今まで語られることのなかった
就職活動の神髄をすべてお伝えします。

 

底辺からの逆転内定

 

次にドラマの主演になるのは
キムタクでも山Pでもなくアナタです。

どんな状況であっても
絶望的であっても諦めないでください。

 

「あなたは志望企業内定が取れます
「あなたに思考と戦略を継承します」

 

明日の20時は…

 

就職活動を頑張っている
でも内定が取れるか不安しかない

 

そんなアナタに向けた
非公開マガジンになります。

僕も不安に襲われ
何度も就活を止めたくなりました。

内定が出なかった後の
ニート生活も想像しました。

それでも志望企業内定が貰えた

どうして内定が貰えたか
明日は内定が貰える人の

 

行動・心構え・心情

 

全てをあなたに注入します。

明日の記事を読むと
今までの努力や頑張りが
全て無駄ではなかったと証明します。

 

本日のワーク

 

就職活動と
本気で真剣に向き合う

 

「今回の記事に対する感想」
「自分の就活に対する気持ち」

今の気持ちを思いっきりぶつけて下さい。

僕が全て受け止めます

しつこく言いますが
人間はインプットしたものを
アウトプットしないと力になりません

 

これをするだけで
あなたの就活レベルが上がります

 

今日は以上です。

 

最後までご覧いただき
ありがとうございました

 

引地 賢太