相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

荒れ狂う就活を勝ち抜きたい就活生必見!面接ではある2つの事項に気をつけるだけで選考通過率が37%上がることが証明されました。

引地 賢太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

今日は2月3日、、節分ですね。

 

もう豆まきして鬼退治しましたか?

恵方巻を西南西の方向を向いて食べましたか?

 

引地家では

豆まきは僕が小学生の頃まで実施してましたが

 

僕が中学生になった途端

サンタが非現実だと通達されるように

 

「家のなか豆だらけで掃除めんどくさい」

 

という現実を突きつけられ

豆まきの風習が撤廃されました(笑)

 

それと同時に

「歳の数だけ豆を食べる」

という風習も同時撤廃されました。。

 

なんてドライな家庭なんでしょう。。

 

恵方巻に関しては

「食べづらいし腹に溜まってイヤだ」

ということで、そもそもありませんでした。

 

恵方巻とは無縁の家庭です。

 

1回も恵方巻を食べたことがありません。。

と言いたいところですが、高校3年生の時に

 

一度だけ恵方巻を食べてしまいました。。

 

高校3年の6月に部活(テニス部)を引退し

7月からスーパーでアルバイトをしてました。

 

17時〜21時のシフトだったんですが

アルバイトの業務内容は引くほど簡単で

 

・バックヤードの清掃

・清掃が終わったらゴミ出し

・時間毎に該当商品に値下げラベルを貼る

 

この3つだけでした。

 

恵方巻を食べてしまうキッカケは

この3つ目の値下げラベルを貼る仕事でした。

 

売れ残りがないように

賞味期限が明日までのものは

最大50%オフまでして良いのですが

閉店したら商品は廃棄するしかないので

 

廃棄するんだったら、、ということで

該当商品で美味しそうな食べ物があったら

全て「10円」に価格を設定し購入して

 

持って帰っていました。

 

そのとき買ったのが

最初で最後の398円→10円」の恵方巻。

 

これが恵方巻の思い出です(笑)

 

いつもどうでもいい話ごめんなさい‼︎

 

 

では、本題に入っていきますが、、

 

ここ最近毎日のように

あなたが書籍受け取り時に書いてくれた

 

「就活で悩んでることは?」

 

というアンケートを読んでいます。

 

すると、

 

「書類選考や面接で落ちてしまう」

「どうやってアピールしたらいいかわからない」

 

という、2つの回答がめっちゃ多いです。

 

そこで今回!

 

多くの就活生が該当し

落とされてしまっている2つのポイント

あなたにお伝えします。

 

この2つを注意して

書類作成や面接に挑むだけで

あなたの就活の結果は大きく変わります。

 

この2つの事項は

真剣に就活に取り組んでいる人ほど

陥ってしまう落とし穴なので超危険です。

 

この2つの落とし穴に

足を踏み入れたら、お祈りメールの嵐です。

 

お祈りメールが

10通も20通も続くって

想像を遥かに超えるくらい辛いです。

 

メンタル死にます。

 

就活をする上で

お祈りメールが届かないことは

ほぼ100%ありませんが

 

それでも

どうせなら最小限に抑えて

 

「○次選考のご連絡」

 

という次選考案内メールで

メールボックスを埋め尽くしたいですよね。

 

そのためには

2つは確実に抑える必要があります。

 

手繰り寄せましょう。

納得のいく内定先を。

 

 

内定のために抑えるべき2事項

 

優秀な人を採用するわけじゃない

 

就活で内定を10社も20社も貰う

就活強者たちには共通点があります。

 

それは「優秀そう…」ということです。

 

ここのポイントは

優秀なのではなくて

優秀そうに見えることです。

 

あなたは「優秀」と聞いて

どんな人を思い浮かべましたか?

 

・学歴が高い

・TOEIC850点以上

・インターン経験豊富

・留学とかしちゃってる

・コミュニケーション力が高い

・学生時代に目立った経験がある

 

おそらく

このようなことを

思い浮かべたのではないでしょうか?

 

もしそうなら

僕が就活生の頃と同じ考えですね。

 

しかし!

 

これらは優秀でもなんでもありません。

 

別にこれらを保持していても

優秀な人間とは判断できません。

 

じゃあ社会人のいう優秀な人とは?

 

仕事ができる人

 

この一択です。

 

これらの人たちを

社会人は「優秀だね」と言います。

 

でも「仕事ができる」と言われても

どのような人か想像しづらいですよね。。

 

ではもっと簡単に説明すると

 

会社に巡り巡って利益を持って来れる人

 

こんな人たちのことを

社会人は「優秀だね」と言います。

 

でも、ここである問題が生じるはずです。。

 

それは、、

 

仕事をしたこともないのに

社会人のいう「優秀な人」には

どう頑張ってもなれないということです。。

 

就活生の中で

社会人のいう「優秀な人」に

今の時点で該当してる人は0.1%です。

 

1000人就活生がいたら

稀に優秀な就活生が潜り込んでいます。

 

それこそ、

 

学生時代に起業して

利益をアホみたいに出していたり

 

企業からヘッドハンティングされる

プログラミングの技術を備えていたり、、

 

でも、こういう人って超稀です。

 

つまり、基本的に皆んな一緒なんです。

 

就活生のいう優秀は

社会人からすると、どんぐりの背比べです。。

 

すごいイヤな言い方ですが

これが現実なので仕方のないことです。

 

でもね、

 

逆にいうと

優秀じゃなくていいんです。

 

優秀そうに見えれば

あなたの評価は右肩上がりです。

 

 

じゃあ、

 

どんな人が優秀そうに見えるかというと…

 

可能性を感じる人

 

こんな人を「採用したい」と考えています。

 

人は何か決断するとき…

 

皆んな何か確証があって

購入を決断したり採用を決断しません。

 

初めて食べる料理を

「これ美味しいから頼もう」

このようには決してならないはずです。

 

「値段も高いし多分美味しいだろうな」

「〇〇のシェフが作ってるから間違いないな」

 

期待感はあるけど

絶対に美味しい確証を持って注文してません。

 

いざ料理が運ばれてきて

料理を自分の口に運んで初めて

 

「ウマ‼️やっぱり選んで正解だった」

 

こんな感じの心境に変わります。

 

つまり、、、

 

【魅力的に見せる】

【良さそうに見せる】

 

これが何より大事になってくるのです。

 

店の外観が埃まみれで

不衛生でクソみたいな店より

 

店の外観が高級感溢れて

店内に綺麗な花が置いてある洒落た店のほうが

 

「なんか行ってみたいかも…」

 

と、期待が膨らんで来店しますよね。

 

可能性を感じる人(魅力的に見える店)

採用したくなる(来店したくなる)

内定(来店してお金を払う)

 

こんな感じです。

 

なんとなくイメージつきますか?

 

つまり、「良さそうに見せる」が大事です。

 

 

自信の無さは致命傷

 

では就活の場合

どうしたら「優秀そう」に見えるのか?

 

それは

 

【自分の強みを断言する】

【ビビらず断定的な表現をする】

 

この2つを徹底してください。

 

「〜かも」

「〜したいです」

「〜だと思います」

 

こんな感じの

曖昧な表現や願望のような表現は

止めてください。

 

気持ちは凄くわかります。

 

自信無いですよね。。。

断定したら責任が重くなって怖いですよね。。

 

しかし!

 

曖昧な表現をされたら

相手は決断したくても決断できません。

 

内定を渡したくても

「なんか自信無さそうで不安だな…」

このように感じ不採用にしてしまうのです。

 

自信の無さが少しでも垣間見えたら

判断する相手も不安になってしまうのです。

 

じゃあ、どうするかというと、、

 

RIZAP並みのコミットをしましょう!

 

「成果を出します」

「御社で活躍します」

「利益を生み出します」

 

断言してください。

 

今は怖くてもいいです。

怖くてもいいので断言してください。

 

本当に出来る出来ないは

一旦就活期間では考えなくて良いです。

 

だって、

 

まだ仕事もしてないのに

出来る出来ないなんてわかりません。

 

そうなったら

「コイツ、採用したら面白そう」

そう思わせる可能性を見せないといけません。

 

面接官は可能性を感じないと

あなたに内定を渡してくれません。

 

あれだけ強制的に食事管理させ

トレーニングさせまくる拷問地獄の

RIZAPが何故あんなにも繁盛しているのか?

 

理由はシンプルで

 

【どんな人でも強制的に痩せさせる】

【もし痩せなかったら全額返金してOK】

 

めちゃくちゃ

お客様にコミットメントしてるからです。

 

ぶっちゃけ本当に痩せるかは

その人のやる気次第だと思います。

 

いくらRIZAPが頑張っても

本人のやる気が無かったら痩せません。

 

それでも!

 

ここまでRIZAPが言ってくれてるから

 

「頑張って痩せるか」

「カッコいいパパになるか」

 

こんな感じで入会者が増えました。

 

結局、全ては『魅せ方』です。

 

これが1つ目のポイントです。

 

2つ目のポイントは、、、

 

 

売り込んだらドン引き

 

あなたは洋服を買うとき

店員に売り込まれたらどうですか?

 

なんか嫌な気持ちになりませんか?

 

僕に関しては売り込み以前に

聞きたいことがあったら聞くから

 

洋服を見てる間は

店員話しかけてくんなって思ってます(笑)

 

とにかく話しかけられたくないから

洋服を見てるときは常にイヤホン装備です。

 

話しかけんなオーラをめっちゃ出します。

僕が質問したいときの合図はイヤホン脱着です。

 

何が言いたいかというと

とにかく人は売り込まれるのが嫌いです。

 

でも、これも面白くて

売り込まれるのは嫌いだけど

魅力的だと思ったら買いたいのです。

 

では、ここで質問です。

 

あなたの手元にある自己PRは

売り込み感の強い文章になっていませんか?

 

アレもコレもソレも…

 

アピールしたい気持ちが強すぎて

アピールを盛り込みすぎていませんか?

 

もしそうなら危険です。

 

売り込み感が強すぎて

採用担当はドン引いています。

 

アピールしたい気持ちは凄くわかります。

 

自分の魅力を最大限伝えて

志望企業内定を手繰り寄せたいはずです。

 

僕も就活生のとき思ってた。

 

だから強みを3つくらい組み込み

エピソードも2つ以上組み込んでいた。

 

すると、どうなったか、、

 

メールボックスがお祈りメールでいっぱい。。

 

売り込んだら

採用担当は引いてしまうんです。

 

お祈りメールを送りたくなるんです。

 

では、どうしていくか?

 

①設問1つにつきアピール1つ

②設問1つにつきエピソード1つ

 

この2つを徹底してください。

何個も何個も書かなくて良いです。

 

1つのアピールポイントに対して

1つのエピソードを深掘りして書く

 

これが、最も採用担当に好まれます。

 

ぜひ、徹底してもらえればと思います。

 

最後に、、、

 

 

全ては魅せ方次第

 

もう1度だけ

魅せ方の重要性を書かせてください。

 

結婚指輪の威力

 

高級感のある指輪がピッタリ入る箱

 

あの箱だから渡されて感動が生まれます。

 

もし仮に指輪が新聞紙に包まれていて

箱がダンボールで覆われてたらどうですか?

 

キレますよね。。

恋人と別れますよね。。

殺意が湧いて発狂ですよね。。

 

いくら指輪の価値が一緒でも

「あっこの人とは結婚できない」

このような気持ちに変化するはずです。

 

結局は【魅せ方】です。

魅力的に見せれば良いのです。

 

 

コレは真似厳禁ですが、、、

 

 

近くのドンキホーテでネックレスを購入して

ネットでティファニーの紙袋とケースを調達して

100円ショップでプレゼント用の赤い紐を買って

 

ドンキで買ったネックレスを

調達したネックレスケースに入れて

丁寧に100円ショップで買った赤い紐で結んで

最後にティファニーの紙袋にネックレスを詰めて

 

「はい、誕生日おめでとう」

 

と、笑顔で渡したら

プレゼントされた女性は喜びます。

 

見映えは完璧だから

中身関係無く喜んでしまうはずです。

 

もはや詐欺ですが、、

それくらい魅せ方は大切ってことです。

 

たとえ中身がポンコツでも

少し魅せ方を工夫し変えるだけで

 

相手の持つ印象は

180度変わってしまうのです。

 

悪用厳禁ですが

就活の時は使いまくりましょう。

 

あなたは優秀な人間です。

 

 

まとめ

 

企業は優秀な人ではなく

優秀そうな人を求めている

優秀そうな人とは「可能性を感じる人」

就活での可能性の魅せ方は

ビビらず断定的な表現をすること

曖昧な表現や願望表現はNG

人は売り込みが嫌いだから

アピールしすぎてしまうのはNG

1つのアピールポイントに対して

1つのエピソードを深掘りして書こう

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。