相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

2020年は自分の生きたいように生きよう!ある歌と出会いある決断をしてから劇的に生きるのがラクになった話

引地 賢太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

新年1発目の記事です。

 

改めまして

新年あけましておめでとうございます。

 

 

大変申し訳ないことに

1週間ほど仕事から離れていました。。

 

完全に仕事を忘れて

年末年始を過ごしていました。

 

年越そばを食べて、、寝て、、

おせちを食べて、、寝て、、

お餅を食べて、、寝て、、

 

THEぷ~太郎になっていました(笑)

 

アナタは如何ですか?

 

僕と同じ感じの年末年始でしたか?

 

それとも

 

活動的に過ごしていらっしゃいますか?

 

僕は本日が仕事始めです。

PCに触るのも1週間ぶりです。

 

おそらく、、

 

いつもよりも頭の回転が遅く

文章も壊滅的になることが予想されます。

 

そんな状態で

就活の記事を書いても

意味不明な感じになりそうなので

 

本日は僕にリハビリをさせて下さい。

 

大変申し訳ございません。

 

一週間ぶりにPCに触れて僕を

優しく大目に見てお許しください。

 

さて、、何を書こうかな、、

 

色々悩んだのですが

2020年最初の記事でもあるので

 

2020年が

アナタにとって良い年になるよう

 

ある歌をモチーフにして

 

【この考え方は人生をラクにする】

 

というモノを紹介します。

 

今後も生きていく中で

 

・人間関係がメンドクサイ

・なかなか自分らしさが出せない

 

そういう時ってあると思います。

 

今回は、

そんな状態を革命的に変え

2020年をラクに乗り越える方法です。

 

ワガママに生きる一輪の花

 

世界に1つだけの花

 

とりあえずご覧ください。

 

こちらはあなたも一度は必ず

聞いたことがある名曲の歌詞です。

 

歌:SMAP

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

 

一番の歌詞だけ抜粋しました。

 

『世界に一つだけの花』

 

2003年3月5日にリリースされて

様々な人がカバーした名曲中の名曲です。

 

今朝ふとYouTubeを眺めていたら

この曲が目に止まり聞いていました。

 

ポロっと涙が。。

あっ全然ウソです(笑)

 

ですが、

改めて自分の過去を振り返ました。

 

今まで!

 

特に学生時代までって

他人と競争する毎日だったはずです。

 

競争してる意識が無くても

強制的に競争してNo1を目指していました。

 

各行事には必ず優劣が付きます。

 

運動会・文化祭・合唱祭
テスト・通知表・部活動

 

そんな争いに巻き込まれながら

いろいろ考えて進路を決めたはずです。

 

みんなここまでは出来るんです。

 

高学歴低学歴はあるけど

どうにか登り詰めることは出来ます。

 

しかし、

それが通用しなくなるのが

就職活動であり今後の人生設計。

 

ぶっちゃけ、正解とかないです。

 

【自分が納得できるか】

 

大切なのはコレだけだと思います。

 

人それぞれ自分の意志があるから

どれが正解とか不正解とかもない。

 

その人自身が納得すれば全部正解。

他人に口出しされる筋合いは無い。

 

【自分らしく生きる】

 

凄い簡単そうに聞こえるけど、難しいよね。

 

どうしても周りが気になる、、。

 

そこで「自分らしく生きたい」

そう願う人に身に付けてもらいたい

人生をラクにする思考法則があります。

 

 

偽りの自分から脱却

 

あなたは人を気にしすぎて

偽りの自分を演じていませんか?

 

因みに小学生,中学生の僕は

偽りの自分で塗り固められた

自分の意志が全くないポンコツでした。。

 

本当に生きづらかったです。

生きてるのがツラかったです。

 

嫌われるのが怖すぎて

マイナス評価を気にして

生きた心地がしなかったです。。

 

マイナス評価を恐れて

他人の目を気にしてしまう人は、

人当たりが良く気遣いや配慮も欠かさない

いわゆる「いい人」というのが大半です。

 

他人を気にする人は人間関係でも

トラブルを引き起こすことも少なく

ストレスがないようにも映るかもしれません。

 

つまり、僕は良い人だったんですね(笑)

ごめんなさい。新年早々調子に乗りました。

 

前者のように

気遣いや配慮も欠かさない

親切な行動が「〜したいから」

という主体的なものだった場合は

他人からの評価は関係ありません。

 

他人の承認ではなく

自分の納得を求めての行動なので

 

仮に相手から「拒絶」という

望まない結果を招いたとしても、

極度に落ち込むということはありません。

 

しかし、過去の僕は違いました。。。

 

いい人であるべき

「〜でないといけない」

という過去の僕と同じ考えの持ち主は

本心よりも他人が望む自分像を演じます。

 

だからこそ

他人の意向に沿おうとストレスをため

 

他人の評価に依存しているせいで

少しのマイナス評価で自己否定します。

 

相手に好かれようと嫌われようと

他人が期待するいい人を演じるのは

苦痛な行為でありメンタルが死にます。

 

では、どうするのか?

 

嫌われる勇気を持つ

 

 

嫌われることのデメリット

 

誰しも人から嫌われるのはイヤです。

 

では一旦、

嫌われるデメリットを考えてみよう。

 

まずここでの共通認識として

一番の目的は【自分らしく】です。

 

そうすると当然、

周囲から少なからず自分勝手だと

非難してくる人も出てくるでしょう。

 

その声をまともに受け止めてしまえば、

またこれまでのストレス溜め込み人間です。

 

つまり、、

自分らしく生きたければ

他人のマイナス評価を気にしない

ようにする必要があります。

 

そこで

 

「なぜ嫌われることが怖いのか」

 

と自問自答してみてください。

 

一人二人に嫌われても

外に目を向ければ良好な関係を築ける人は

星の数ほどいるはずなんです。

 

「職場など閉じた空間のため

 浮いてしまい居場所がなくなるのが怖い」

 

という人もいると思いますが

 

職場は仕事の場所と割り切り

第二の外部のコミュニティに所属すれば

全く問題ないと思いませんか?

 

つまり!

 

自分らしく生きるにあたって

嫌われるデメリットは1つ無いのです。

 

では、逆にメリットは?

 

 

嫌われてもいいと思うメリット

 

周囲に嫌われてもいい

という覚悟ができるまでは、

いろんな不安があるものです。

 

僕も葛藤に葛藤を重ねまくり

今は「嫌われてもいいや」って

笑顔で言えるようになりましたが

 

ここまでの道のりは長かった。

 

長いです。正直、長期戦です。

 

しかし

メリットは沢山あります。

 

自分らしさを存分に出せるため

 恋愛で異性からモテやすくなる

 

嫌われてもいいという

勇気を持って毎日過ごしていると

 

好かれなければいけない

という不安から解消されます。

 

その結果、

自分がしたいことに集中できて

気分が前向きになり笑顔も増えます

 

そんな姿を見て「素敵な人だな」

感じる異性が増え注目されてモテます。

 

モテるために

頑張っているわけではないので

 

モテることを気にせずにいると

そんな自然体が魅力的につながるのです。

 

これはマジです。

 

学生時代まで

1回も告白されることなく

どこにでも居そうな顔の僕が

 

社会人になって

「嫌われてもいいや」って

人と接するようになってから

 

2年間で8人の女性から

告白されるモテ気に突入したのです。

 

なぜか年上の人から

告白されることが多い点については

少し疑問点もありますが、、

 

学生時代プ~太郎の僕が

社会人になってプーさんになりました(笑)

 

 

こんな人間でも

変わることが出来るんだから

アナタだったら間違いなく変われる。

 

モテないよりモテたほうがいい!

 

②周囲に気を遣いすぎないため

 とにかく気楽に日々生活できる

 

自分のしたいことをすると決めたら

周囲からの評価は気にならなくなります。

 

自分がどれだけ頑張ったか

評価基準が自分に変わるからです。

 

周囲に気を遣うことがなくなると

気持ちがラクになって友達からも

 

「変わったね」

 

と褒められ笑顔が増えます。

 

③ありのままの自分を

 理解してくれる人が増える

 

嫌われる恐怖が無くなると

無理に取り繕う必要がなくなるため

職場で本来の自分で過ごせるようになります。

 

力が抜けたフランクな雰囲気を感じて

「こういう人なんだな」と丸ごと素の自分を

受け入れてくれる人が増えてくるのです。

 

男性女性に関わらず

異性から見て魅力的な人として

モテるようになります。

 

自然体になることで

自分を理解してもらいやすくなり

異性からモテるというのは

 

最高だと思いませんか?

 

「モテる」「モテない」

 

この2つの人生選択があるなら

僕なら迷わず「モテる」を選択する。

 

そのうえで「気楽に過ごせる」

なんていう特典まで付いてくるなんて

これほど最高な人生はないと思う。

 

でもさ、、、

 

簡単に慣れたら苦労しないよね。

 

僕も今よりもっと

気楽に過ごせるようになりたいです‼

 

そこで!

 

一緒に「嫌われてもいい」

そう宣言できる人間になりましょう。

 

 

嫌われても気にならない方法

 

「人生ラクに生きたいか~」

「どうせならモテたいか~」

 

Yes.Yes.Yes.Yes.Yes.Yes.Yes

 

そんな僕と同じ気持ちの人は

あと1分だけ僕にお付き合いください。

 

【嫌われてもいいと思える方法】

 

①どんな人でも全員から好かれるのは

 不可能という事実を真摯に受け止める

 

「周囲に好かれながら自分らしく生きる」

 

そんな人生を過ごせると理想的ではあります。

 

しかし、

 

実際は好きでいてくれる人もいる一方で、

批判したり冷たい目で見たりする人もいる。

 

それが現実です!

 

つまり、、、周囲にいる人全員に

好かれるのはそもそもできないのです。

 

そのことを知ると

嫌われることに不安を感じなくなり

自分の信じた道を進みやすくなるはずです。

 

②周りの人のためでなく

 自分のために生きてることを意識する

 

周囲の人たちを大切にして

思いやるということ自体は素敵なことです。

 

自分1人だけで

生きていくことはできないですから

我を通すだけでは大人とは言えません。

 

とはいえ、

 

周囲の人たちのために生きていくのも

実はおこがましいしメンドクサイ人間です。

 

自分の人生は自分のもの

 

そう割り切って

生きる覚悟を持つと

嫌われることが怖くなくなるはず。

 

③人は人、自分は自分という感じで

 周囲と比較する癖をなくすようにする

 

これまでに

周囲に気を使いながら過ごしてると

 

「嫌われてまで自分のしたいことなんてない」

 

と思うかもしれません。

 

優しくしてもらったり

配慮を感じたりした経験があれば

なおさら抵抗があるはず。。。

 

しかし!

 

「あの人がこうしてくれたから」

 

と気遣ってばかりいて

新しい挑戦に踏み込めないのだとしたら

それは非常に勿体ない。

 

他人と自分とは違うのですから

 

周囲と比較することはやめて

自分らしさを大切にするようにしよう。

 

④自分を理解してくれる人だけ

 大事にすることを常に心がける

 

できれば多くの人と仲良くして

衝突せずにやっていきたいと思うのは

 

とても自然なことです。

 

ただし、

 

無難に周囲と付き合っていこうという人は

人生もそれなりに無難になってしまいます。

 

たとえ周囲と敵対しても

思いを貫き実行した人だけが

自分らしい生き方をすることができます。

 

そのために理解してくれる人が

友達数人になったとしても良くない?

 

その人たちだけを大切にする

覚悟を持つことが大切になります。

 

批判してきたり

自分のことを嫌いな人は無視です。

 

自分のことを思ってくれて

自分のことを理解し応援してくれる

大切な仲間を大事にしましょう。

 

⑤ツラくて苦しいときは

 前向きになれる名言を見て自分を励ます

 

周囲に嫌われてもいいと覚悟して

自分の考えを貫いて行動していると

理解されずにツラく苦しい時も訪れる。

 

いくら信念を持っていても

心が折れそうになることも少なくありません。

 

そんな時でも勇気が出せるように

自分の心に響く名言をいくつかメモして

定期的に見ることをオススメします。

 

別に名言じゃなくてもいいです。

 

・誰かの文章

・誰かの音楽

・誰かの動画

 

それで前向きになれるなら

iPhoneのメモ機能に書くなり

メモに動画のURLを残しておくでも

専用の音楽プレイリストを作りましょう。

 

必ずツラい時の励みになるから、、。

 

これにて

2020年新年1回目の投稿は終わりです。

 

如何でしたか?

 

他人と異なるって怖いよね。

他人から嫌われるのも怖いよね。

 

それでも僕はアナタに

2020年から「自分らしく」生きてほしい。

 

葛藤もあると思うし

ツラい時も苦しい時もあると思う。

 

それでも、、、

 

【自分らしく生きたい】

 

そう願うアナタには

本投稿を心に刻んでほしい。

 

【嫌われてもいい】

 

最初は抵抗あると思うけど

1ヶ月だけで良いから実践してほしい。

 

実践してくれたら

必ずあなたの心に変化が起こる。

 

「生きるのラクかも、、」

「むしろ好かれやすくなった、、」

 

そんな変化が訪れるから。。

 

 

まとめ

 

本当に自分らしく生きて

ストレスなく生きたいなら

【嫌われてもいい】

時間を掛けて身に付けよう

ただそれだけ

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございます

 

この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。