相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

やる気が出ないよ~。モチベーションが続かないよ~。就活辞めたいよ~。そんな人に届けるモチベーション回復法。

引地 賢太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

突然ですが

 

あなたはやる気を維持できますか?

モチベーション維持をできますか?

 

僕はですね、、、、、無理です(笑)

 

朝はやっぱり眠いし

夜もやっぱり眠いです。

 

昼間も眠いし

電車の中も眠いです。

 

毎日、眠気と戦っています。

 

朝はツラいし昼もツラいし夜もツラい。

 

もう毎日

 

「眠い、眠い、眠い」

「何もやりたくない、何もやりたくない」

 

こんな感じで生活しています(笑)

 

 

毎日楽しいですが

やる気がある時なんて稀です(笑)

 

あなたも就活をしてたり

仕事してるとあるんじゃないですか?

 

「就活、全然やる気が出ない、、。」

「あ~~仕事めんどくさいな、、。」

 

そんなことがあると思います。

 

モチベーションが下がる原因は様々ですが

毎日モチベーション維持するのは無理です。

 

就活を続けていれば

誰しもモチベーションの落ちる時期があります。

 

しかし、

 

ずっと落ちっぱなしでは

書類選考や面接選考に影響が出るので

宜しいことではありません。

 

文字を間違える等のケアレスミス

面接で相手の話をスルーしてしまうなど

 

どうしようもないミスを

引き起こす原因になります。

 

そんな状態が続いたら

いくらセンスのある就活生でも

就活が上手くいくことは無いでしょう、、。

 

そこで今回は、

これから就活が本格化するアナタに

モチベーションについて詳しく解説します。

 

モチベーションは体温

 

モチベーションが下がる原因

 

まず超大前提ですが

【モチベーションは絶対下がる】

というの認識をしておいてください。

 

モチベーションが常時高い人なんて

この世の中、探しても存在しません。

 

もしかしたら

松岡修造さんあたりは

 

「できる!できる!君ならできる!」

 

っていう感じで

言ってるかもしれませんが

 

あの人も家に帰ったら

 

「しょぼん、、、。」

 

って感じだと思いますよ。

 

そんな姿想像したくないですが

誰だってオフモードになることはあります。

 

事実、野球界で一番熱い男

福岡ソフトバンクホークス松田宣浩選手も

ホームランを打ったときは「熱男~~」

球場を盛り上げていますが、

 

家に帰ったら

完全な根暗らしいです(笑)

 

それはご本人が取材で答えていました(笑)

 

なので

【モチベーション常時維持は無理】

という前提で読んで頂ければと思います。

 

では、なぜ就活では

モチベーションが下がりやすいのか、、。

 

①‘‘やらされてる感‘‘が出てくる

 

これは多くの就活生が陥ります。

 

因みに、僕も最初は陥りました。

 

あなたも、もしかしたら

 

「仕方なく、、」

「とりあえず、、」

「なんとなく、、」

「時期が来たから、、」

 

こんな感じで就活を始めていませんか?

 

本来、就活はやらされるものでも

誰かのためにやるものではないですよね?

 

自分のために自分の将来のためにやるものです。

 

・なぜ就活をするのか

・何のために就活を行うべきなのか

 

これらを理解して

自分事として就活を捉えることが

ファーストステップとして必要になります。

 

とりあえずのテンションだと

就活は思い通りにいかないことでしょう、、。

 

従って

 

・何がやりたいのか

・なにを目標にするか

 

この2つを明確にすることが大事です。

 

②やりたいことが見つからない

 

とは言っても

いきなりやりたい事なんて見つかりません(笑)

 

だから

 

・こんな状況にはなりたくない

・あんな社会人にはなりたくない

 

という感じで

マイナスを想像してください。

 

何かを目指すよりも

何かを回避するほうが人間は得意です。

 

火事場の馬鹿力を引き起こしましょう!

 

自己分析したからって

企業研究したからって

 

やりたいことや目標が

本当に見つかるかは定かです。

 

見つかる確率は半々ですね。

 

ただ、世の中に

 

・どんな業界があるのか

・どんな企業があるのか

・どんな仕事があるのか

 

っていうのは

調べたほうがいいですね。

 

企業のパンフレットに

載ってる先輩社員たちは

楽しく仕事してる人ばかりです。

 

ちゃんと結果を出して

活躍してる社会人ばかりです。

 

というより、、

 

活躍してない社員を載せると

企業のイメージダウンになるので

インタビューするはずないんですけどね、、。

 

だから、

 

もちろん

憂鬱に仕事してる人もいますが

 

あなたが将来目指すべきなのは

パンフレットに載る輝く社会人たちです。

 

あの輝く先輩たちの言葉を見て聞いて

社会人に対するプラスイメージを広げましょう。

 

それだけでも

ワクワクすると思います。

 

僕はあまりにもワクワクしすぎて

 

役員面接のときに

 

「パンフレットに載れる人材になりたい」

 

と言ったことすらあるので(笑)

 

 

③自分の強みに自信が持てない

 

これもあるある問題です。

 

ESを書いたり面接対策をしてると

自分の強みが弱っちく見えてきます。

 

「本当に、こんなんで大丈夫か…」

 

自分の強みを疑い始める時期が訪れます。

 

周りの同期とかと比べると

余計に自信を無くしていきます、、。

 

エントリーや面接前から

「どうせ自分なんか、、、。」

と考え挑戦意欲が消えることもあるでしょう。

 

しかし、

 

何度も言ってますが

企業がESや面接で求めているのは

 

就活生の人となりを知って

自社とマッチするか見極めることです。

 

学生の実績豊富の自慢話とか

凄そうなエピソードとか、どうでもいいです。

 

「そういう経験したんだね、、」

「それで、あなたは弊社で何ができるの?」

 

こういう質問が返ってくるのがオチです。

 

別に強みも複数必要ありません。

 

1つで十分です。

 

自己分析で「なんとなくこれかな」

他己分析で「お前はココが良いよね」

 

っていうところから

過去の自分を振り返って

強みを確立していきましょう。

 

④第一志望群に落ちた

 

これは第一志望に限らず

選考に落ちたらモチベーションは落ちます。

 

「落ちた、よっしゃ~」

 

なんていう人間はいません(笑)

 

内定がなかなか貰えないと

企業から人格否定されてる気持ちになり

モチベーションが落ちます。

 

ただですね、、、

 

たとえ内定が出てたとしても

本当に幸せになれるかなんてわかりません。

 

もちろん出てくれたほうが

その場では超嬉しかったと思いますが

将来どうなっていたかは、わかりません。

 

ここは好都合に捉えて下さい。

ポジティブに変換する癖を付けましょう!

 

これからの人生のほうが長いです。

 

もしそれでも立ち直れないのであれば

期限を決めて趣味に没頭しても良いです。

 

これは「逃げの選択」ではなく

気分を「リセット」させる時間です。

 

このような形で

就活にはモチベーションを下げる

原因となるモノが複数眠っています。

 

こいつらと向き合えるかが

就活では1つのカギになってきます。

 

 

モチベーション皆無の就活

 

もうなんとなく想像できますよね、、。

 

モチベーションが死んだまま

就活に挑むと2つの負の連鎖が起きます。

 

①ネガティブが顔と雰囲気に出る

 

「とにかく早く終わらせたい」

「仕事なんてどうでもいいや」

「どうせ今回もダメなんだろ」

 

そんなネガティブ状態だと

たとえアナタが言葉を発しなくても

 

立ち姿だったり

面接官に対する口調に

若干の変化がヒョコっと出てきます、、。

 

そんなマイナスオーラ全開の人を

企業は「採用したい」と思いません。

 

いくら表面上で頑張れても

モチベーションが下がったままだと

 

明るく前向きなオーラは

相手に伝わってきません。

 

オーラってなんぞやって話ですが

何となく雰囲気でわかってしまうやつです。

 

落ち込んでるか否かくらい

人の表情を見れば何となくわかりますよね?

 

それです。

 

②ケアレスミスを連発

 

モチベーションが低下してると

 

「どうにかしたい」

「選考通過したい」

 

って気持ちが薄れるので

無意識に集中力が散漫します。

 

そうなると、ミスを連発します。

 

・電車を乗り間違える

・ESの期限を間違える

・ルート検索を間違える

 

つまらないミスを連発します。

 

到着時間に遅刻して印象は悪くなり

慌てて書いたESだから説得力も無い、、。

 

モチベーションが低下してるだけで

普段の自分ならしない失敗を犯します。

 

それはヤバいですね、、

 

常時モチベーション維持は無理でも

気持ちを切り替える方法は知るべきですね。

 

 

モチベーションを上げる3極意

 

新卒の就活は短期決戦です。

 

就活のモチベーションが

自然に戻るのを待ってたら

大事な選考を逃すかもしれません。

 

短期決戦ゆえ

自らモチベーションを上げる必要があります。

 

そこであなたに

誰でも出来る切り替え法をお伝えします。

 

①とりあえず休もう

 

とてもシンプルですが

僕はコレが一番効果的でした。

 

とにかく息抜きです。

 

今1つも内定が無いからといって

内定が取れるまで頑張るのは無理です。

 

体力切れになるし

精神疲労もなかなかのものです。

 

今まで挑戦したことがない「就活」

という新しいことに取り組んでるのです。

 

いつも以上に疲労は溜まります。

 

そこで「〇日まで休む」と

ハッキリ宣言して休みましょう。

 

「休むのが怖い、、。」

 

そう思うかもしれませんが

ここは「休む勇気」を持ってください。

 

大丈夫です。

 

僕の経験上だと

1日フルで休むくらいだったら

特に選考に激しい影響は出ません。

 

なお休憩する時は

就活を思い切って忘れて下さい。

 

忘れられる何かに没頭してください。

 

僕は友達とご飯に言ったり

店長に頼んで急遽バイトを入れることが

良い感じの気分転換になりました。

 

就活でも仕事でも

リフレッシュは本当に大事です。

 

自分を追い詰めて

思考停止行動停止が一番ヤバいので

もっと「自分に優しく」接してください。

 

②避けたい自分を想像する

 

これは

モチベーションというより

行動力を上げるのに効果的です。

 

・絶対に避けたい未来

・絶対になりたくない自分像

・就活が上手くいかない自分

 

少しツラいかもしれませんが

人はマイナス面で強く行動します。

 

恋愛で簡単に例えると

 

・恋人と円満な日常

・恋人と別れそうな雰囲気

 

どっちで「ヤバい!どうしよう!」

って行動に起こすのは後者なはずです。

 

③楽しんでる社会人と話す

 

先程の話と矛盾しますが

楽しい未来が想像できないと

モチベーションが上がらないのも事実です。

 

・自分もこんな生活がしたい

・自分もあんなふうになりたい

 

そういうイメージをするだけでも

モチベーションアップにつながります。

 

行動力を上げるだけだったら

マイナスな未来を想像すればよいですが

 

心の底からワクワクしたければ

楽しい未来を想像してください。

 

クズ社会人ばかり見るのではなく

エリート活躍社会人を見ましょう!

 

クズ社会人ばかり見てると

就職後の未来が破滅過ぎて

就職する意味を見失います。

 

④誰かと話そう

 

就活は孤独になったら死にます。

相談相手が居なかったら死にます。

 

就活はメンタル勝負です。

 

一人で抱えきれないことが出てきます。

 

行き詰った時こそ

心の中に溜め込むのではなく

誰かに思い切ってぶつけてみましょう。

 

別にアドバイスを貰わなくもっていです。

 

【言って吐き出す】

 

これだけでも心がスッキリして

次の一歩を踏み出しやすくします。

 

「迷惑になるんじゃないか、、」

 

あなたはものすごく優しいから

相手を思って気を遣うかもしれませんが

 

本当の友達っだったら

あなたを受け入れてくれるはずです。

 

もし受け入れてくれなかったら

僕が受け皿になるので連絡してください。

 

何を言ってこようと

暴言を吐かれようと

あなたを励まします。

 

飲食店のコーチングや

美容サロンのコーチングで

メンタルケアは慣れているので。

 

 

まとめ

 

モチベーションは絶対下がる

常時

モチベーションが落ちたら

悪循環の負の連鎖に突入する

とりあえず休もう

休むことは悪くない

休む勇気も大切

パンフレットの輝く社会人をもて

社会人のイメージを良くしよう

誰かを捕まえて

今の感情を吐き出そう

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございます

 

この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。