相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

社会は茶番ばかり。夏にスーツ着る意味も分からないし本音を話したら落とされる疑惑あるし…。でもね…

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

10月も後半に差し掛かり

半袖とか論外の季節になりましたね。

 

僕は今週から

ニット素材とマフラーを本格解禁しました。

 

個人的に洋服は好きなので

バリエーションが増えて楽しいです。

 

そして、気分が良い(笑)

 

着てる洋服が違うだけで

気分って変わると思うんですよね。

 

それこそ

 

スーツを着るだけで

気分が落ちる人もいると思います。

 

「あ~今日仕事かよ…」

「あ~就活しないと…」

 

このように思う人もいれば

 

「しっかりしないと、自分!」

「納得した内定を手に入れるぞ!」

 

みたいな感じで

気が引き締まる人もいるはずです。

 

服装って意外と重要ですよね。

 

まあ、こんな話はどうでもいいや(笑)

 

 

 

・茶番だらけだな、、、

・なんのために頑張ってるんだろ、、、

 

こんな風に思ったことってありませんか?

 

僕はあります。

 

就活をしてる時なんて

迷走しすぎて自分を見失いました(笑)

 

「志望動機?そんなのねえよ」

「やりたいこと?そんなのねえよ」

 

こんなふうに思うこともありました。

 

完全にグレました。

 

出来ない自分に

腹が立ったこともあるし

 

出来ない自分を

他人のせいにしたこともあります。

 

「なんで真剣に生きてこなかったんだろ…」

 

そう思うこともあったし

 

「なんで誰も教えてくれなかったんだよ!」

 

そう八つ当たりしたこともあります。

 

でもね、、

 

いくら八つ当たりしても

いくら言い訳を探しても

 

現状が変わるわけではない。

今の自分で戦っていくしかない。

 

そこで今回は!

 

就活あるある茶番を交えながら

あなたに身に付けてほしい思考を話します。

 

茶番に打ち勝てば人生勝ち


 

あるある茶番

 

就活中は、やることも多くあり、

毎日一生懸命になっているはずです。

 

あなたが真剣に

取り組んでると僕は信じています。

 

しかし、ふとした瞬間に

 

「なぜこんなことをやっているんだろう」

「何のために就職活動をしているのだろう」

 

と感じてしまう時があるかもしれません。

 

就活を続けていくと

企業研究や選考試験の繰り返しで

就活が茶番に思えてきてしまいます。

 

就職活動がうまくいかないと

続けることがバカらしいと思えてきます。

 

就職活動を茶番だと感じてしまい、

やる気が起きなくなってしまう負の連鎖、、

 

そもそもこの負の連鎖は

なぜ引き起こされてしまうのでしょうか?

 

それを茶番あるあるとともに

原因を追求していきたいと思います。

 

①夏でもリクルートスーツ

 

最近は少しずつ

就活生に対してもクールビズを

解禁する企業も増えてきましたが

それでも夏はスーツ着用風習がありますよね。

 

気温が高く汗をかいて

手もシャツもベタベタだし

酷いときでは体調を崩すときも、、

 

ただこれって

就活生だけじゃないんですよね、、

 

会社や仕事柄によっては

シャツのみで仕事をしていると

 

「お客さんに失礼だ」

 

という考えもあり

着用することはなくても

 

毎日持ち歩くっていうことは全然ある、、

 

なんででしょうね?

 

着ないのに持ち歩くって意味不明ですよね(笑)

 

そんなことを考えると

就活や仕事が茶番に思えてきて

モチベーションの低下につながります。。。

 

②給与や待遇を質問するのはNG?

 

働く目的のひとつに

 

【生活のためのお金を稼ぐ】

 

ということが挙げられますよね。

 

当然ですよ。

 

お金を貰えないのに

働くなんてバカな話です。

 

全然お金は重要視していいです。

 

企業研究をして

希望する企業を決めるうえでも

 

・給与がどれくらいか

・賞与は何回支給されるのか

 

必ずチェックすべき項目です。

 

しかし、

 

面接で待遇を質問するのは、

基本的にタブーとされています。

 

誰でも気になるはずです。

 

・給与がいくらなのか

・賞与はどのタイミングなのか

・どのくらい賞与は支給されるのか

 

絶対に知りたいはずです。

 

しかし、

 

質問してはいけないという

矛盾してる状況があるのが現実です。

 

聞いてもいいですが

おそらく面接官は渋い顔をします(笑)

 

これも就職活動を

茶番と感じてしまう理由のひとつです。

 

給与については

直接質問できないので

 

インターネットの口コミだったり

OBOGに本音を正直に話してもらったり

転職サイトでおおよその待遇を見極める等の

 

対応が必要になってきます。

 

複数内定を保持して

企業の人事に問い合わせて

OB,OGを企業から紹介してもらって

直接聞くのが一番真実が知れる方法です。

 

就活が終盤に差し掛かったら

そういう対策も頭に入れといてください。

 

 

③本音と建前が必要になる

 

就職活動の選考では

様々な質問をされますが

 

その答えは

 

事前に用意したもの

好印象を残すためのものが殆どです。

 

正直に自分の考えを言ってしまうと

悪い印象を与えて不採用になるケースもある。

 

面接を受けた企業が

たとえ第一志望ではなくても

第一志望と答えなければならないし

 

そこまで志望してないのに

企業研究をして志望動機を書いて

‘‘志望してる風‘‘を魅せなければいけません。

 

就活では、暗黙の了解が多いです。

 

自分の個性を発揮して

他の就活生と差別化を図り

印象に残らなければならないはずなのに

 

「本当の自分が出せない、、、」

 

というジレンマを

感じてしまうことも考えられます。

 

自分の本音と

企業側から求められている建前を

状況に合わせて使い分ける必要がありますが

 

続けていくと疲れてしまい

就活がイヤになる可能性もあります。

 

そして就活が茶番に思えてきます、、、

 

④学歴フィルターはある

 

あなたが想像してる感じの

書類選考での学歴フィルターは

今は、ほぼほぼ無くなってきました。

 

これは現役人事が

飲み会の場で言ってたので

おそらく事実です。

 

お酒を飲むと本音を出すっていうので(笑)

 

しかし、

 

出身大学によって

説明会が満席になる

不可解な現象は存在します。

 

なんか平等じゃないですよね、、

なんかムカつくしやる気も失せます、、

 

選考する前から

謎のふるいに掛けられるって

ムカつくし刺し殺したくなりますよね(笑)

 

でも現状は変わりません。

 

じゃあ諦めないといけないのか、、

というと、そういうわけでもありません。

 

本当に志望してるなら

直接企業に電話してください。

 

コレも変な話ですが

それくらいの行動力のある人

企業は好むし採用したいと思ってます。

 

無理ではありません。

簡単に諦めないでください。

 

とは言っても

茶番がはびこってるのは事実です。

 

結果を出したければ

そんな茶番と真剣に向き合い

その壁を乗り越えなければいけません。

 

その方法とは、、

 

 

茶番に打ち勝つ人事目線

 

就活は学生目線だけで考えれば

就職することだけに焦点が行きがちです。

 

そんなときは【企業の人事目線】

就活の意味を自分なりに考えてほしいです。

 

人事が就活中にすることは

学生の採用を決めることです。

 

それにはどんな意味があるのか考えましょう。

 

それぞれの企業によって

採用基準は違うし考え方も違います。

 

ただ!

 

採用の基準こそ違えど

共通している部分もあります。

 

それは

 

【企業に変化をもたらしてくれる人】

【企業で生産性のある動きが出来る人】

 

少しスケールの大きい話ですが、

人事目線だけでも就活の意味は異なるのです。

 

【相手の立場に立つ】

 

コトあるごとに言われることですが

就活では本当にコレが大事になります。

 

あなたが焼き肉を好きでも

相手が焼き肉を嫌いなら終わりです。

 

好感を持たれたいなら

相手が好きなモノを知る努力が必要だし

相手が好きなモノに興味を示す必要があります。

 

もしそれがイヤなら

僕のように最後は独立するしかないです。

 

でも、それは怖いですよね。

リスクもあるし失敗する可能性しかない。

 

そうなったら

相手を真剣に考えましょう。

 

就活だったら人事や面接官

社会人だったら取引先とかですかね、、

 

因みに補足ですが

志望動機も茶番ですよね(笑)

 

複数社受けてる時点で

ホンモノの志望動機ではありません。

 

ただ、そんなこと人事もわかってます。

 

それでも、志望動機を書かせているのです。

 

それはなぜか?

 

簡単な言葉で片づけると

あなたの【本気度】が知りたいのです。

 

志望度が高ければ

当然他社より企業の情報を

真剣に集めて志望動機を作成します。

 

・どうやったら活躍できるか

・どんな場面で活躍できるか

 

志望度が低い企業よりは

真剣に考えてるから答えられるはずです。

 

というより、、、

答えられるようにすべきです。

 

あなたの本音は違うかもしれません。

 

・お金を稼ぐため、、

・とにかく有名だから、、

 

そういう理由かもしれません。

それが本音でも全然構いません。

 

ただ!

 

それを伝えられる人事の気持ち

真剣に汲み取り考えてほしいのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

あなたのことが2番目に好きです

浮気相手として付き合ってください

ーーーーーーーーーーーーーー

 

絶対にイヤでしょ。

こんなの処刑レベルでしょ。

 

付き合うなら1番って言われたいでしょ!

 

ーーーーーーーーーーーーーー

あなたの財力に惚れました

結婚して私を一生養ってください

ーーーーーーーーーーーーーー

 

こんなのもイヤでしょ。

 

例えそれが本音だったとしても

もう少し言葉を選んでほしいでしょ(笑)

 

相手の気持ちを考えるって

こういうことだと僕は思います。

 

 

ツラくなった時のストレス軽減法

 

大学生が就活に取り組むということは

 

これまで自由な大学生活から一転して

抑圧された場所で着慣れないスーツを着て

 

活動しなければならないので

非常に大きなストレスが掛かります。

 

焦る気持ちも分かりますが

息抜きして進めることも重要です。

 

自分のペースを守りながら

無理のない範囲で就活を続けましょう。

 

そこで実践してほしいことは3つ

 

①ストレスを感じたら適宜休む

 

毎日、目の前のことに精一杯で、

気が付けば心身ともに疲れ切っています。

 

疲れていると

前向きな気持ちになることは難しく

無理やり続けていても悪循環に陥ります。

 

自分を追い込んでしまっては

本来の力も発揮できず結果を出ません。

 

時間が許すなら

1日でも就職活動のことは考えず

自分の好きなことに没頭して楽しんで

息抜きしてみることを強くオススメします。

 

一人でゆっくり過ごすのも良いですし

友達とごはんに食べに行っても良いです。

 

気分転換して、気持ちをリセットしましょう。

 

②SNSを見すぎない

 

友達や知り合いのSNSを見ると

就職活動状況の投稿なども目に入り

自分と比べて落ち込むことがあります。

 

毎日の習慣で見ちゃう人も多いですが

 

他の人の状況を自分と比べて

気持ちが落ちてしまうのは本末転倒です。

 

またSNSの性質上

良いことや人に言っても自慢できることを

SNSに投稿します。

 

みんな自己顕示欲を満たしたくて

SNSを投稿しているのが大半です。

 

つまり、

良い面しか見えないのです。

都合の悪いことを隠すのが普通です。

 

思い切ってSNSからしばらく離れて

他人の投稿を見ないようにしましょう。

 

もし見るとしても

情報発信してるアカウントを中心に

見たほうが精神的にやさしいはずです。

 

③年齢の異なる友達と話そう

 

家族や大学の友達でも良いですが

 

家族だと気まずくなりそうだし

同い年だとライバル視して疲れます。

 

気が休みません、、、

 

僕のおすすめとしては

歳上の頼れる友達がベストです。

 

歳下だとプライドも傷つくし

頼りがいにも欠けてしまうので

 

バイトの先輩とかは

積極的に話すと良いと思います。

 

歳上なりのアドバイスをくれるし

変な言い争いにもならないので良いです。

 

僕も就活してる時は

定期的にバイトのシフトを入れて

気分転換でバイトに出勤してたくらいです。

 

自分一人で就活をしたら

絶対に気持ちが弱ってくるので

定期的に話せる相談相手を見つけましょう。

 

それこそ、

僕を使ってくれても全然良いので!

 

最後に

 

就活が長期化すると

就活に疑問が湧いてくる瞬間があります。

 

働くために就活をしているはずなのに

いつの間にか就活すること自体が目的になり

 

自分を見失うかもしれません。

 

長期間の就活は大変な労力になるし

疲れて自暴自棄になるかもしれません。

 

それでも、あなたに伝えたい。

 

どんなに苦しくても

就活を続けることは無駄ではありません。

 

むしろ苦しいときに

どれだけ頑張れたのかが大切です。

 

就活だけでなく、

就職してからも大変なことは沢山あります。

 

そんなとき

 

たくさん苦労しながらも

就活の壁を乗り越える努力をしていれば

 

就職して壁にぶつかったとしても

それらに負けず立派に働くことができます。

 

僕はアナタに

 

そんな強い人間になってほしい。

 

 

まとめ

 

就活は人事目線になろう

常に本質は

【相手の立場に立つ】

ストレスを感じたら休もう

SNSも閉じて、とにかく休もう

どんなに苦しくても

続けることは無駄じゃない

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございます

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です