相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

社会人の先輩と採用担当に聞きました。本当に迷惑な社員と学生の特徴。その回答はまさかの…

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

なんか最近いろいろ疲れました(笑)

 

自分の管理不足のせいで

問題が発生してしまったり

 

仕事をしていく中で

僕のミスで伝達ミスが合ったり

 

なんかここ一週間は

あまり良いことが無かった気がします(笑)

 

・どうして自分は、、、

・もっと頑張れよ自分、、、

 

感情の起伏の激しい1週間でした。

 

軽い情緒不安定です(笑)

 

そんな日々を乗り越え

気持ちを切り替え本日書いています。

 

ダメダメ投稿にならないか

心の奥底に不安な気持ちもありますが

無理やり切り替えて、これから頑張ります。

 

少しだけ大目に見て下さい(笑)

 

 

【弱みを見せてこそ一流】

 

 

1つ質問します。

 

アナタは弱みを見せるのが得意ですか?

 

「はい」

 

そう答えたアナタ!

既に一流の社会人ですね。

社会で活躍する素質の塊です。

 

「ちょっと怖いです、、」

 

そう答えたアナタ!

過去の僕と全く同じです。

まだまだ伸びしろのある証拠です。

 

今は怖くて構いません。

弱みを見せたい人間なんていません。

それでも弱みを見せるのは大切なのです。

 

・なぜ弱みは大切なのか?

・弱みは評価されるのか?

・弱みの正しい伝え方とは?

 

そんな謎たちを

今回の投稿で解明していきます。

 

弱みは人間らしい

 

先輩社会人の本音

 

まず、社会人全員が口を揃えて言う言葉

 

「新卒社員に期待していない」

 

いや~~きつい言葉。。

 

きつい言葉なんですが

これが社会人の言葉です。

 

でもよくよく考えてもみてください。

 

社会のことを何も知らない新卒社員に

期待するって本心で言ってたらヤバい会社です。

 

ブラック企業確定です。

 

「○○さん、期待してるよ」

 

選考のなかで言われることはあるはずです。

 

もしかしたら

内定を貰ったときにも言われるかも、、

 

でも、、それは、、完全なる建前です。。

 

建前以外の何物でもありません。

 

「期待してるよ」

 

そう言えば、

とりあえず気分は上がります。

 

僕も建前で使うことがあります。

 

「○○ちゃん、頑張って!期待してる」

 

バイトの子に言ったことがあります。

 

しかし、、それは建前です。

 

「成果を出してくれたらラッキー」

 

これくらいにしか思っていません。

 

その子を計算して目標を立てません。

 

ラッキーパンチを期待しません。

 

ラッキーパンチを計算したら

目標や予算が全く合わなくなります。

 

なので、、、

 

【新卒社員は期待されていない】

 

そう認識しておいてください。

そのほうがプレッシャーも掛からずラクです。

 

【新卒が結果を出さないと死ぬ会社は死ぬ】

 

言葉の意味通りです。

 

新卒が結果を出さないと

会社の運営が傾く会社なんてクソです。

 

新卒社員は新卒社員らしく

大船に乗ったつもりで真面目にひたむきに

努力をして1つずつ仕事を覚えれば良いのです。

 

もちろん結果を出せれば御の字です。

 

企業にとって喜ばしいことだし

アナタ個人としても最高でしょう。

 

高みを目指すことは大事だし

自分に期待して頑張るのも大事

 

大事なんですが

アナタが思っている以上に

仕事は覚えることが多いし難しいです。

 

仕事をして

初めてわかることがあります。

 

「親ってすげえな」

 

改めて尊敬させられます。

 

簡単に結果がでれば嬉しいけど

すぐ結果が出るほど甘い世界でもないです。

 

ここで1つ伝えたいこと、、

 

自分に期待したい気持ちはわかりますが

自分を過大評価して期待しすぎないでください。

 

たまに僕のほうに問い合わせが来ます。

 

「全然結果が出ません、、」

「この仕事あってないのかもしれません、、」

 

3年同じ会社で働いたなら、まだわかります。

 

しかし、

 

入社半年とかで判断するのは

判断が早すぎるし自分に期待しすぎです。

 

そんな直ぐ成果は出ない

半年で自分に合う会社なんてわからん

 

そこは、少し我慢して長期的に見ましょう。

 

 

弱みを隠すと事故る

 

出来ない自分を隠す、、

 

その気持ち、めっちゃわかります。

 

だって

 

男性だったら

好意を持ってる女性に対して

弱い自分をみせて幻滅させたくない。

 

だってモテたいから

好意を持ってほしいから

 

女性だったら

好きな男性の前では

極力メイクを落としたくないでしょ?

 

「すっぴん見ないで!」

「すっぴんNGだから!」

 

これが口癖ではないですか?

 

しかし、

 

男性が必要以上に

 

「化粧薄い女性のほうが好き」

「すっぴんでかわいいって最強だよね」

 

なんてことを言うから

まつエクしたりカラコン付けたり

吉田朱里の動画を見てすっぴんメイク極めたり

化粧を試行錯誤してると思います。

 

まずはじめに

勝手に男性代表として一言

 

苦労させて申し訳ございません。

 

女性が美容に対して

あんなに努力するのは男性が原因です。

 

100、男性の責任です。

 

女子高出身の友達がいるので

色々話を聞いたことがありますが

 

女子高だったら

すっぴん上等らしいので

間違いなく原因は男性です。

 

これは間違いない事実です。

 

まあ、そんなことはさておき

とにかく人間は弱みを隠したい生き物です。

 

でもですよ、、

 

弱みを隠し続けていたら

どういう結末を迎えるかわかりますか、、

 

勘の良い人なら

なんとなくわかりますよね。

 

料理が上手じゃないのに

 

「私、料理得意です。任せて下さい」

 

なんて見栄を張って

いざ「作って」と言われたとき

 

その人の顔は青ざめていることでしょう、、

 

【弱みを隠す】

 

この行為は

その場は何とか乗り切れても

後々後悔する結果を生み出すのです。

 

だから、、

 

・できないこと

・弱みだと感じてること

 

それらは素直に話したほうが得策です。

 

もちろん自分から

弱みを晒す必要は無いですが

何か聞かれたときは自分に素直になりましょう。

 

「これ出来ません」

「これ自分苦手なんです」

 

正直に言えば

優しい人が教えてくれるし

優しい人が助けてくれます。

 

見栄を張ると

 

「コイツできるんだろうな」

 

っていう感じになり

必要最低限の情報しかくれません。

 

それで苦しむのは

間違いなく自分自身です。

 

教わる機会を逃すし

欲しい情報もくれません。

 

自分の為にも、、

 

見栄を張らず素直に生きましょう。

 

 

新卒採用と中途採用の違い

 

新卒採用と中途採用では

圧倒的に人を採用する基準が違います。

 

そもそも新卒採用は

就活生に対して期待してません。

 

つまり、、即戦力を求めていません

 

もし即戦力を求めている場合

NECとかが取り組んでいるように

AIを扱えるエンジニアを好待遇で採用する

 

みたいな形を取っていますが

あれはまだまだレアケースです。

 

一般的な新卒採用は

即戦力より育てやすい人を求めています。

 

これは企業の体制を考えれば理解できます。

 

・研修施設

・研修期間

・人材開発部

 

企業は新卒を育てる気満々です。

 

採用したら自社で研修して育てる

 

これが基本ベースに存在します。

 

採用基準の1つとして

 

「自社で育てやすい人を採用する」

 

というのが存在します。

 

もちろん

優秀な人間を採りたいですが

そもそも自社で育てられない人間は

採用しても育てようがないので敬遠します。

 

だから、

 

たまにあるケースとして

優秀過ぎて逆に採用しないパターンです。

 

これは学歴の高い人が

影響を受ける可能性があります。

 

これも現役社会人から聞いた話です。

 

「学歴高いとプライドが高くて扱いずらい」

 

全員が全員ではありません。

 

しかし、

 

このような意見があるのも事実です。

 

プライドが高い人は

知識だけ異様に豊富だけど

行動まで伴ってなければ嫌われます。

 

「お前、○○大学なのに」

 

という非常なレッテルを張られます。

 

なので、、

 

素直に自分を見つめることが大事です。

 

中途採用については

何となくアナタが想像してる通りです。

 

基本即戦力しか求めていません。

 

ただ、これは例外として

中途だと思っていても27歳までなら

第二新卒として扱うケースが多いです。

 

ここで言えるのは、、

 

‘‘若いうちが勝負‘‘ってことです。

 

 

評価対象になる弱みの伝え方

 

ここまでご覧になったら

弱みの大切さが理解できたはずです。

 

最後は就活の面接で活かせる

弱みを聞かれたときの対処法です。

 

面接選考を受けていくと

ある面接官がこのような質問をします。

 

「○○はできますか?」

「○○は得意ですか?」

 

こんな質問をされたとき

 

本当にできるんだったらいいです。

本当に得意なんだったらいいです。

 

でも、

 

全部が全部できないし

全部が全部得意じゃないですよね。

 

そこで見栄を張って

 

「なんでもできます」

 

なんて言いたい気持ちもわかりますが

話し方や姿勢で嘘はバレるのでNGです。

 

そこは正直になってOKです。

 

「正直になったら落とされそう、、」

 

その不安な気持ちはわかりますが

その嘘がバレたら、それこそ地獄です。

 

アナタの手元に

不採用通知が届きます、、、

 

そんな結末イヤですよね。

 

だったら次の方法を使いましょう。

 

「実はそれ、自分の弱点だと感じています」

 

素直に自分の気持ちを伝えて下さい。

 

ただ、、これだけだと、まだ少し足りません。

 

これでは弱みをさらけ出しただけです。

これくらいではプラス評価に繋がりません。

 

そこで、次の言葉を続けましょう。

 

「そこで、私は弱みを改善すべく

 ○○と○○という改善策を用いて

 対応できるように取り組みます。」

 

これでOKです。

 

弱みを受け入れて改善する

 

結局、弱みは長期的でもいいから

改善できるように努力すればよいのです。

 

弱みは改善するためにあります。

強みは伸ばすために存在します。

 

その姿勢や考えを企業は評価します。

 

自分の弱みを自覚し改善策を考えましょう。

 

もし自分一人で思いつかないなら

知ってそうな人に頼るのも全然いいです。

 

人は頼っていいんです。

頼るために人は存在しています。

 

頼れる人は頼りましょう。

 

 

まとめ

新卒社員は期待されていない

社会人の期待してるは基本建前

弱みを見せるのは本当に怖い

しかし

弱みを隠すと事故るのが現実

新卒は育ててなんぼ

企業に育てる環境は整ってる

弱みを話すなら

自覚して改善策提示

 

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございました

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です