相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

自分はいったい何者なのか!自分はいったい何をやりたいのか!人生の課題ともいえる問題を解決しよう。

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

 

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

ついにお盆が終わりましたね、、

 

台風に巻き込まれることなく

お盆期間を過ごすことはできましたか?

 

僕の友達で2人ほど台風に巻き込まれて

 

楽しみにしていたLiveが中止になったり

新幹線が止まって余分な宿泊費が掛かったり

 

嘆きのLINEが届きました(笑)

 

1年に2回連絡を取ればいい

あんな人間からまさかの連絡…

 

相当落ち込んでいたのか

予定が狂いまくって相当暇だったか(笑)

 

何はともあれ

久しぶりに連絡を取れて嬉しかったです。

 

そんな2人も今日から仕事です。

 

僕もぐったりお盆生活を抜け出し

本日からカフェでPCに向き合っています。

 

いくら仕事が好きでも

だらけた生活から仕事モードにするのはキツい。

 

本日の記事がクソ記事にならないか心配です。。

 

 

そんな不安を振り払うべく

早速、本日の本題に入ります。

 

【自分は何がしたいのかわからない】

 

あなたは一度でも

上記について悩んだことはありますか?

 

僕はあります。

 

学生時代、、

 

うすうす思っていました。

 

「自分って何がしたいんだろう?」

 

コレも面白いもので

確かに悩んでいるんだけど

 

なんだかんだ生きれちゃってるから

真剣に考えることはありませんでした。

 

しかし、真剣に考えるべき時期があります。

 

そう、あなたも

取り組んでいる【就活】というやつです。

 

今までも何となく将来を考えてたけど

強制的に真剣に考えるのが就活だと思います。

 

自己分析をして

OBOG訪問をして

企業説明会に行って

インターンにも行って

 

それでも、永遠に不安が解けない、、、

 

「自分って何がしたいんだろう?」

 

再び、ここに戻ってくると思います。

 

これまた面白いのが

志望企業内定を勝ち取っても

 

「自分って何がしたいんだろう?」

 

っていう悩みが解けることはありません。

 

65%くらいは納得してるから

不安になる事は無いんですけど

 

「自分って何がしたいんだろう?」

 

っていう問題は、ずっと残り続けます。

 

こんなふうに

少し偉そうにサイト運営してる僕もです。

 

「自分って何がしたいんだろう?」

 

社会人になった今も考えることがあります。

 

でも、

考えることはあっても

悩んでいる時はありません。

 

なんだかんだ毎日楽しく生活しています。

 

今回は

 

「自分って何がしたいんだろう?」

 

誰もがぶつかる永遠の課題を

僕なりに解釈して解決したいと思います。

 

何か今後の将来を考える

キッカケを与えられればと思います。

 

 

「自分は何がしたい」の‘‘呪縛‘‘

 

何がしたいかわかる8法則

 

そもそも

自分が何をしたいかわからない人って

 

・目の前の課題を真剣にこなしてきた

・周囲の評価を得るために努力してきた

・自己犠牲精神で人のために動いてきた

 

こんな感じで

誰かのために頑張った人たちだと思います。

 

頑張ったは頑張ったけど

自分の為ではなく誰かの期待に応えるべく

真剣に取り組んできた人が多いと思います。

 

「お母さんを笑顔にしたいから」

 

こんな感じですね。

 

なので、そもそも今までの頑張りは

無駄ではないので素直に自分を褒めて下さい。

 

「誰かのために頑張った自分、超偉い!」

 

努力は絶対に無駄ではないので、称えて下さい!

 

自分を責める必要は1ミリもありません。

 

自分を褒めてあげた後に

下記の取り組みをすれば

自分が見つかるかもしれません。

 

 

①自分主体で物事を考える

 

・周囲の人がどう思うか

・周りが自分に何を求めているのか

 

そんなのは一旦、横に置いて

 

「自分は何がしたいんだ」

 

と、問いかけ続けて下さい。

 

もしかしたら見つかります。

見つからない可能性も全然あるけど、、、

 

②自己肯定感を高める

 

あなたが常に

周囲の目を気にしているのは

自己肯定感が低いからだと思います。

 

自己肯定感とは、

 

「自分は価値のある存在だ」

「自分は無条件に愛される存在だ」

 

と、無意識に自分を肯定する感情です。

 

今の素直な気持ちを誰かに吐き出してください。

 

ブログに書き綴ったり

カウンセラーに話したりしても良いです。

 

負い目を感じてる気持ちを吐き出せば、

自己肯定感を高めることにつながります。

 

③自己効力感を高める

 

あなたも、過去

「こんなことがしてみたい」

と、思った経験が絶対にあるはずです。

 

だけど、何かを理由に

自分のやりたいことを断念し続け、

結局何をしたいのかわからなくなった、、、

 

こんな状態を経験しましたかね。。

 

僕は、これに陥ったタイプです。

 

自己効力感が低く

やりたいことが思い浮かんでも

どうせできないと諦めてしまう感じ、、

 

自己効力感とは「やればできる」の感情です。

 

だから「これがやりたい!」と

強い気持ちをキープするためには

自己効力感を高めることが必要です。

 

自己効力感は以下の方法で

今から充分高めることができます。

 

・周囲から褒めてもらう

・「自分はできる」と言い聞かせる

・どんなに小さくても良いので成功体験を積む

 

これらコツコツと繰り返せば

自己効力感が高まり発想も豊かになり、

やりたいことが見つかりやすくなります。

 

 

④嫌いなことを全力で回避する

 

‘‘どうしてもやらなければならない事項‘‘

 

世の中には存在しますね。

でも一旦、回避不能か考えてみて下さい。

 

「これは自分がやるべき」

 

と勝手に使命感に追われてるだけで

代わりの利くことは意外と存在します。

 

むしろ、殆ど代わりが聞きます。

 

嫌いなことをすると

強いストレスが掛かり思考停止させます。

 

出来るだけ心を軽くするのも大切です。

 

⑤小さなやりたいことを探す

 

どんなに些細な事でも構いません。

 

・一人カラオケに行きたい

・新商品のアイスを食べたい

・これでもかというくらい寝る

 

本当に何でもいいです。

 

今ある欲求を満たしてください。

 

それの積み重ねで

やりたいことが見つかるかもしれません。

 

⑥一旦、娯楽を追求する

 

「自分は何をしたら嬉しいのか」

「自分は何をしている時が楽しいのか」

 

知らない自分を知るためにも

娯楽に走ってみるのも良いです。

 

「楽しそう!!」

 

体験するまでは、そう思ってたけど

体験したら「大したことない」はあるあるです。

 

⑦外に出て人と話す

 

これは「視野を広げよう」っていう話です。

人は自分の知識の中でしか選択ができません。

 

接する人が多ければ、

それだけ多くの人生観を学べます。

 

色んな人と会話をすることで

自分の憧れる人生観が見つかるかもしれません。

 

⑧日記を付ける

 

日記帳でも、ネット上のブログでも構いません。

 

「今日起こった出来事」

「あなたが今日感じたこと」

 

毎日記録していきましょう。

 

日記を毎日続けて、度々読み返すと

「何をしたいのかわからない」悩みの

根本を発見することができるかもしれません。

 

自分の気持ちを見つめる時間を作りましょう。

 

こんな感じで

正解という正解は無いですけど

自分を見つける方法は沢山あります。

 

どれか1つでも取り入れると

「自分は何がしたいか」がわかる

キッカケに、なるかもしれませんね。

 

 

「何になるか」は考えなくていい

 

いや~前置きが長かった。。。

 

ここまで来るのに3000字使いました(笑)

 

色々書いたけど

今までの3000字は忘れていいです(笑)

 

「ふざけんなよ!」

「意外とタメになる話だった」

「大して意味のない3000字だった」

 

感想は色々あると思いますが

とりあえず忘れてもらっていいです。

 

何か印象に残ることがあったなら

適当にスマホのメモに書き留めて下さい。

 

いつか、役立つかもしれません。

 

 

なぜ、こんな前置きをしたのか?

 

 

僕と同じ感じで

普通の家庭で普通に育ったら

これまでの20年間はこんな感じですよね?

 

親や小学生の卒業文集で

 

「将来の夢は?」

「将来何がしたい?」

 

意味も分からず、問いかけられるから

 

特に深く考えず

 

「お花屋さん」「プロ野球選手」「お嫁さん」

 

答えていた小学生。

 

「ゲームクリエイターかな?」

「警察官かな?教師かな?看護師かな?」

 

若干色んな職業を知り始めた中学生。

 

「先生になりたい」

「父親と同じ感じで公務員」

 

ぼんやり夢を決めさせられた高校生。

 

そして「何をしたらいいかわからない」

バイト、ゼミ、サークルの3択大学生。

 

「俺は結果的にこの仕事につけてよかった」

 

「本当はあの時…」と、ぼやき始める社会人。

 

小さい頃から

 

「俺はサッカー選手になる!」

「私は絶対看護師になるんだ!」

 

そう目標を決めて、

それを貫く人はかっこいいよ。

 

僕もそんな人に憧れた。

 

サッカーは苦手だけど

本田圭佑のような人物に憧れた

 

今も憧れてる。

生き方がカッコよすぎる。

 

しかし、そういった人間はごく一部。

 

多くの人が僕と同じように

「何かしたい」と、くすぶって

「何かしなければ」と、焦っていると思う。

 

「将来、何になるか」

 

を考えるのは大切だけど、

泥沼にハマる行為だとも思う。

 

その沼を抜け出せば「将来何になるか」掴める。

 

しかし、殆どの人は

その沼の中で体力を使い果たし、沈んで行く。

 

一度、沼に沈んだ僕が言うから間違いない!

 

だから僕は思う。

 

 

将来、何になるかなんて考えなくていい

 

 

「10年後、世界はどうなっているか?」

「10年後、スマホはどんな進化を遂げるか?」

 

あなたは、答えられますか?

 

僕は答えられない。

 

もちろん、

時代の最先端で活躍する人達は

この景色が見えているのかもしれない。

 

「次はきっとこんな時代が来る」

 

一流のビジネスマンは、こう呟くだろう。

 

でも僕たちは、まだそのレベルに達していない。

 

あなたも、、そして、投稿してる僕も、、

 

将来どんな世界になって

どんな仕事があるのかもわからないのに

将来何になりたいかなんて決めるほうが無理

 

これが僕の答え。

 

就活をしていると

どうしても業界や職業に縛られて

物事を考えるようになってしまう。

 

「広告を扱いたい」

「健康食品を扱いたい」

「有名人と仕事がしたい」

「○○の商品開発に携わりたい」

「○○のマーケティングをやりたい」

 

色々妄想を膨らませて

自分に合うか吟味すると思う。

 

 

でも違うんだよ‼

 

 

将来なんていくら考えてもわからない。

 

だから、僕は

あなたに「どう生きたいか!」を問いたい。

 

 

「何になるか」→「どう生きるか」

 

 

「海外に住みたい!」

「お金持ちになりたい!」

「幸せな家庭を築きたい!」

 

具体的じゃなくていい。

抽象的で全然かまわない。

夢物語でも全然かまわない。

 

人それぞれ「どう生きたいか」は、絶対ある。

 

「どう生きたいか」が決まれば、

「どうすれば、その状態になれるか」考えよう。

 

・海外に住むためには?

・お金持ちになるためには?

・幸せな家庭を築くためには?

 

自分の生きたい姿が見えれば

今からやるべきことは見えてくるはず。

 

最後に、これは就活生のアナタに向けて!

 

色んな会社を見ていると

「どの会社に行けばいいのか」

判断基準がわからなくなると思う。

 

正直、働いてみないとわからない部分もある

 

そんな時に考えて欲しいことが

 

【どのように働きたいか】

 

「俺は完全週休二日制が絶対にいい」

「ネイルとか服装とか自由な職場がいい」

 

人それぞれあると思う。

 

「何がしたいか」と考えるんじゃなくて

「どのように働きたいか」を考えてほしい。

 

 

「どのように生きるか」

「自分は何に幸せを感じるんだろう」

 

 

仕事を抜きにして考えてください。

 

「寝ることに幸せを感じる」

 

じゃあ一生寝れるようにすればいい。

 

「みんなの前に立つ時が幸せ」

 

ならその幸せが受けれるように生きればいい。

 

「誰かが笑顔になれば幸せ」

 

だったら、人を笑顔にできるよう生きよう!

 

自分の生き方を見つけてほしい。

答えは絶対、自分の中にあるから。

 

仕事が楽しいのがベストだけど

仕事が全てじゃないのも本当だから。

 

【どう生きたいか】

 

是非、考えてみてほしい。

 

僕もあなたと一緒に考えていく。

 

 

まとめ

 

何をしたいか

何になりたいのか

 

・・・・・

 

違う

どんな生き方をしたいか

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございました

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です