相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

もし現役社会人の男がもう一度就活をするなら、どんなキャリア計画を立て就活に挑むか考えてみた

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

書きたい時事ネタが無い、、、

 

小泉進次郎さん

滝川クリステルさんの結婚&妊娠

 

そこら辺に触れますか、、、

 

美男美女カップル

素晴らしい!おめでとうございます!

 

それ以外は特にないので

今日はそのまま本題に入りますね(笑)

 

 

 

あなたは将来

どんなキャリアプランを

描きたいですか?

 

就職活動の面接では

間違いなく聞かれるキャリアプラン

 

キャリアプランとは?

 

超簡単に言うと「将来どうなりたいか」

 

もう少し具体的に話すと

 

どのような会社に就職し

どんな仕事,どんな業務に携わり

目標をどうやって実現させていくか

 

それを「計画」することですね。

 

超わかりやすい部分だと

結婚,妊娠とかもキャリアプランの一部ですね。

 

何歳までに結婚して~

何歳までに妊娠して~

何歳までに離婚して~

 

最後の離婚は必要ないか(笑)

 

このような感じで

将来計画を立てるのが

キャリアプランですね。

 

就活時は本当によく聞かれる。

 

「将来のキャリアプランを教えてください」

 

あなたも聞かれたと思います。

 

そして色々考える、、、

 

考えた末

僕のキャリアプランはこれだった、、

 

「そんなもんねえよ」

 

これが本音だった。

全然将来が想像できない。

 

流石に、面接官に対して

 

「キャリアプランはありません」

 

なんてことを言ったら

間違いなく落とされるから

それっぽいことを言ってたけど、、

 

でも、よく考えてほしい。

 

働いたことのない学生が

社会人になった自分を想像するのって

超キツいし難題だと思う

 

キャリアプランなんて考えても

そのとおりになるかわからないし、、

 

もちろん目指すのは大事だけど

そのとおりになるかわからないし、、

 

そんなことを

就活時にずっと思っていた。

 

そんな状況から

今はどうにかなった僕だから

あなたに伝えたいことがあります。

 

【明確なキャリアプランは要らない】

 

今は描けなくて構いません。

 

仕方ないです。

考えても思い浮かばないなら無理です。

 

「でも、それだと内定もらえない、、」

 

そう思いますよね。

それがそうでもないんです。

 

キャリアプランが浮かばなくても

キャリアプランを攻略する方法はあります。

 

そこで、今回は、、、

 

・どの企業でも使えるキャリアプラン

・現役社会人が考えるキャリアプラン

 

この2つを教えます。

 

今回のキーワードは【本音と建て前】です。

 

では、ご覧ください。

これであなたの評価は爆上がりします。

 

真実のキャリアプラン

 

キャリアプランを問う理由

 

繰返しになりますが

面接官の質問には必ず意図があります。

 

なんの意図も持たず質問していません。

 

意図のない質問は

時間の無駄でしかないですからね、、、

 

企業は

就活生のキャリアプランから

何を読み取り評価しているのか、、

 

理由は2つあります。

 

①自社に入社する目的を知りたい

 

あなたもご存知の通り

日本には大量の企業が存在します。

 

ザックリ見積もっても

420万社存在すると言われています。

 

かなり大袈裟ですが

あなたは420万社の中から

就職する企業を選んでることになります。

 

数ある業界,企業の中で

なぜ自社を志望しているのか

 

やっぱりその理由が知りたいわけです。

 

キャリアプランを聞けば

 

企業で何がしたいのかがわかるし

どのような仕事をして成長したいのか

 

が、わかると言われています。

 

明確なキャリアプランがあれば

志望動機も一貫性があり好印象です。

 

逆に!

 

曖昧だと就職する目的が不明確で

企業側からもマイナス印象を受けます。

 

キャリアプラン=志望度

 

このように捉えてもいいかもしれませんね。

 

②企業との相性確認

 

あなたの気持ちがいくら強くても

企業側が「マッチしない」と判断したら

いくら優秀であろうと内定は届きません。

 

キャリアプランを聞くと

 

・そのプランは本当に達成できるのか

・そのプランは企業方針と合っているか

 

この2点を評価することができます。

 

繰返しになりますが

就活は「企業と就活生のマッチング」です。

 

結婚と一緒ですね。

 

お互いが好意を持ちあうから結ばれる

 

綺麗ごとですけど、こんな感じなので、、

 

お互いの求めるモノや利害が一致して

はじめて「採用」というカタチになります。

 

いくら、志望しても

相手が「合わない」と判断した場合

 

あなたがよくても

それは双方不幸になります。

 

 

 

これは、僕が頻繁に例に出す

恋愛で例えたほうがわかりやすいですね。

 

ーーーーーーーーーー

 

あるところに男女2人がいる

男は女のほうに好意を抱いている

女のほうは男に好意が全くない

 

そんな状況で

仮に付き合えたとしたらどうですか?

 

男のほうは嬉しいかもしれませんが

女のほうは毎日憂鬱な気持ちが続きます。

 

そして、1ヶ月記念日に言われるのです。

 

「好きじゃないけど、なんとなくOKした」

「好きじゃない気持ちは今も変わらない!」

 

ーーーーーーーーーー

 

、、、、時間の無駄ですよね。

 

だったら、最初にフッてくれって話です。

 

双方ミスマッチを防ぐため

相性や方向性を判断するのです。

 

キャリアプランは

マッチするか示せればいいのです。

 

ではどうするのか?

 

 

キャリアプラン攻略の回答例

 

まず初めに

あるあるパターンを紹介します。

 

キャリアプランって

大体こんな感じですよね。

 

ーーーーーーーーーー

私は3年後に係長になり

8年後で事業部のチーフを任され

ある程度落ちついた時に家庭を築く

ーーーーーーーーーー

 

これはダメな例ですけど

年数なり役職や仕事内容を持ち出し

相手に想像させるのがキャリアプランです。

 

・会社の展望

・自分の能力

・能力の活かし方

・理想に辿り着く方法の提示

 

この4つを組み込むことが大前提です。

 

その中でも「理想に辿り着く方法」は

一番相手にイメージさせやすい所なので

 

具体的にしていく必要があります。

 

あとは、「どんな人になりたいか」

これもキャリアプランでは重要ですね。

 

・どのような仕事をしたい

・どのような役職に就きたい

 

こういう願望ではなく

 

仕事を通してどのように成長し

 

・どのようなことができる人になりたいか

・周囲の人からどのように思われたいのか

 

いま実現可能とか関係なく

今の自分はどんな将来にしたいのか

 

これが重要になります。

 

重要になるんです、、、

 

、、、と言いましたが、、、

 

正直、キャリアプランなんてわかりません(笑)

 

もしかしたら

明日交通事故に巻き込まれて

死んでしまうかもしれないし、、

 

何かのトラブルに巻き込まれて

日本から旅立っているかもしれません。

 

1年後ですら想像するのって難しいです。

 

そんな将来ばかり想像するんじゃなくて

今この瞬間を一生懸命に生きるていくことが

 

大事なんじゃないかなって思う(笑)

 

全神経を集中させて

将来について考えたとしても

現状で思いつかないなら思いつかない。

 

じゃあ、キャリアプランは必要ないのか?

 

、、そういうわけでもない。

 

ある程度計画があり

目標が見えたほうが行動できるのは事実!

 

じゃあ、現状思いつかないのに

面接官にキャリアプラン聞かれたらどうする?

 

困りますよね。

そこであなたに必殺技を渡します。

 

【キャリアプランは会社のをパクれ】

 

今思いつかないならパクればいいです。

 

「パクる?それはどういうことだ?」

 

あなたは

 

リクナビなりマイナビなり

キャリタス就活やあさがくナビ

 

これらのサイトを通じて

企業の求人情報を見ていますよね?

 

それらを見ていくと

親切にあるコトが書いてあります。

 

【キャリアプラン例】

 

3年目で主任,5年目で係長

 

企業によっては

入社年ごとに年収例もありますね。

 

1年目:300万円/3年目450万円

 

こんな感じで、、

 

キャリアプラン例が書いてあるなら

そのキャリアプラン例をパクりましょう。

 

そのほうが早いしラクです。

 

ただ、、1つだけ問題が、、

 

丸々パクったら面白味の欠片もありません。

それではパクったことが面接官にバレます

 

そこで!

 

キャリアプラン例を上回るように

キャリアプランを作成してください。

 

どういうことか、、

 

3年目主任→1年半で主任

5年目係長→2年半で係長

 

全て前倒しで書いてください。

 

会社側が「そんなの無理だよ」と

絶叫するくらいの計画にしてください。

 

これをすると苦笑いされますが

それを実現するための対策を伝えれば

企業は納得し「成長意欲のある学生」

好印象のレッテルを張り付けてくれます。

 

キャリアプラン例を使ってるので

大きくマッチングがブレることもありません。

 

本当に困ったらパクってください。

 

 

本音のキャリアプラン

 

僕は社会人になってから4年経ちました。

 

そんな僕が

もし、もう一度就活をするなら

キャリアプランと向き合うならどうするか?

 

もし僕だったら

 

・いま自分が将来なりたい状態は?

・なりたい姿に対して足りないものは?

 

この2つを真剣に考えます。

 

キャリアプランと聞くと

どうしても将来の姿を考えがちです。

 

もちろん想像することは大事です。

 

ただ、想像したところで

現状を把握できてないと努力できません。

 

そこで!

 

まずは、欲求に任せて

自分の叶えたい目標を乱筆してください。

 

何でもいいです。

 

・高級外車を乗りまわす

・モデル級美人と結婚する

・毎月のように海外旅行に行く

 

本当に何でもいいです。

叶う叶わないとかどうでもいいです。

 

今ある欲求を吐き出してください。

 

なので、書き出す中で

就活すべきではない可能性も出てきます。

 

それでもいいです。

それでもいいので書いてください。

 

書きまくったら

 

【どうやったら達成できるのか】

 

これを書いてください。

 

もし思いつかなかったら

人に聞いて組み立ててもいいです。

 

これをやれば

足りないものが見えてきます。

 

「それは○○っていうスキルが必要だね」

「そういう計画なら今すぐ彼氏作らないとね」

 

こんな感じです(笑)

 

必要な要素が分かったら

その要素を身に付けるために

努力すれば、おおむね叶うはずです。

 

大丈夫です。

安心してください。

 

キャリアプランは

何回でも書いて良いモノです。

 

いつでも修正して構いません。

 

一番初めに作った

キャリアプラン通りに

物事上手く進むなんて、まず無いです。

 

どうせ修正を掛けます。

 

だったら、修正前提で

今の気持ちを素直に書いてください。

 

それがキャリアプランだと僕は思う。

 

もっと自由に

もっとワガママに

 

 

まとめ

明確なキャリアプランは要らない

就活は企業と人とのマッチング

迷ったらキャリアプランはパクれ

今の自分はどうしたいのか

その目標はどうやったら達成するのか

自分の欲求に正直になれ

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございました

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です