相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

印象が良いことに悪いことは無いよね。なぜ銀座のママは超美人と言えるほどではないのに男たちを手玉に取り好かれ愛されまくっているのか?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

暑いですね。

もう7月ですよ。

湿気がえぐいですね。

 

昨年はBBQを

埼玉の奥地で開催しましたが

今年の開催は昨年の反省を生かし

東京のお台場開催になりそうです!

 

 

 

たとえ就活生だとしても

就活就活ならないで欲しいです。。

 

その年の夏は

その年しか味わえないので。

 

気分転換はしていいです。

しっかりリフレッシュしてください。

 

リフレッシュしないで

追い込まれてメンタル崩壊は論外なので。。

 

話は変わり

世の中には2種類の人間がいます。

 

【好かれる人】

【嫌われる人】

 

おそらく僕はどちらの人間でもあります。

 

特定の人からは

きっと好かれていることでしょう。

 

その反面

 

特定の人からは

ビックリするくらい嫌われています(笑)

 

あなたも同じではないですか?

 

人間なんだから仕方ないですね。

やっぱり人それぞれ相性があるので。。

 

でも!

 

・採用担当から嫌われる

・企業の人間から嫌われる

 

これは就活をやるにあたって

あってはならないことですよね。。

 

嫌われたら採用もしてくれません。

 

好かれる条件は

正直企業によって違うので

共通して言えることは少ないです。

 

ただ!

 

嫌われる条件は

全企業共通で存在します。

 

好かれなくていいです。

好かれようとするのは難しいです。

 

「恋愛が凄く難しいように……」

 

なので

せめて嫌われない人になりましょう。

 

「まあ悪い人ではなさそうだよね。」

 

この状態をキープする努力が必要です。

 

【生理的に無理】

 

この状態は絶望的です。

ご存知の通り挽回不可能です。

 

嫌われない就活生に、、

良いなって思われる就活生に、、

 

 

当たり前ができれば高評価

 

 

企業から嫌われる特徴

 

就活をやればわかりますが

就活っていい感じに落とされますよね。

 

そんな中でも

あっさり内定が決まる人もいれば

何社受けても選考に通らない人がいます。

 

なかなか選考が通らなくて

 

「自分はどの企業でも嫌われてるのかな」

 

と落ち込んでしまう人がいます。

 

そう、過去の僕のような形で、、、

 

もしかしたらアナタは

嫌われる学生に当てはまるかもしれません。

 

当てはまっていたら

いくら内定が欲しいとしても

選考に通るのは難しいですよね。

 

そこで今回は

嫌われる就活生をタイプ分けしました。

 

該当しないように注意してください。

 

①常識が無い、マナーが無い

 

企業は学校ではないので

全て手取り足取り教えてくれません。

 

仕事については教えてくれますが

常識や教養については深く触れません。

 

既にご存知かもしれませんが

企業は新卒の学生にスキルは求めません。

 

そんなの期待していません。

 

スキルとかよりも

常識なりマナーが大事です。

 

常識やマナーがしっかりしていれば

 

「この子に仕事を任せても大丈夫そうだな」

 

このような気持ちが生まれます。

 

新卒の就活は

ポテンシャル採用です。

 

可能性を感じてもらうことが命なので

当たり前を当たり前にできることが重要です。

 

では常識が無い人とは

何が該当するのでしょうか?

 

・タメ口で話してくる人

・約束の時間に遅れる人

・企業からの電話に出ない人

・留守電やメールで返事を返さない人

・そもそも返信のレスが著しく遅い人

 

こんな人はとにかく嫌われます。

 

ビジネス上において遅刻なんて論外です。

 

「電車が遅延して、、バスが遅延して、、」

 

普通は通用しないので

特に気を付けたほうがいいです。

 

初デート並みに気を使うべきです。

 

もし遅れるのであれば

事前に遅れると電話で連絡を入れましょう。

 

企業は唐突に何かされるのが嫌いです。

事前にわかっていれば対処できますよね。

 

ここで重要なのは

とにかく【相手の立場に立つ】ことです。

 

自分が基準ではなく

相手の基準に合わせて行動することが

嫌われないコツです。

 

②謙虚さと協調性が欠如してる

 

これは簡単に言うと

自信過剰な人は嫌われます。

 

自信を持つのは大事です。

自信があれば説得力も生まれます。

 

しかし!

 

「アピールしたい!」

「自分だけを見てくれ!」

 

このような感じだと

他の学生や面接官に配慮できない

自己中心的な学生と思われ嫌われます。

 

例を挙げるとしたら

 

・空気が読めない

・他人の意見を認めず反論しまくる

・正論や理想論ばかりで自分の意見が無い

 

こんな人は嫌われます。

 

自分の意見を言うのは良いことです。

 

立派です。

 

ただ「所詮1意見」に過ぎません。

 

意見は出してほしいですが

あくまで「1つの意見」ということです。

 

この認識を忘れないでください。

 

日本人の特性からして

自信過剰な人は少ないですが

 

就活に必死になりすぎて

嫌われるケースは結構多いです。

 

あとマニュアル学生も嫌われます。

 

面接官が聞きたいのは

立派な正論や理想論ではありません。

 

・具体的に何をしたいのか

・将来的にどうなりたいのか

 

その人だけが語れる話をしてほしいです。

 

個性の無い「ただの良い子」は卒業しましょう。

 

 

 

③消極的で主体性が感じられない

 

これは自信過剰と対照的な人です。

 

自信が無くて消極的だと

 

「この人に仕事を任せてみたい」

 

という感情が湧きたちません。

 

例えばこんな人達ですね。。。

 

・声が小さすぎる

・積極的に発言しない

・当たり障りのない発言ばかりする

 

就活は特別な場です。

緊張してしまうのは当然です。

 

それは企業も知っている許容範囲です。

 

・声がうわずってしまう

・発言の途中で噛んでしまう

・予想外の質問にフリーズする

 

こんなのは全然OKです。

 

むしろ「落ち着いて頑張れ!」

内心は就活生を応援しています。

 

ただ消極的な学生は

評価したくても評価しようがありません。

 

主体性がない人として

「他人が自分をどう思ってるか気にしすぎる」

という特徴が挙げられます。

 

これは学生の時に

「仲間外れにならないようには」を

いつも考えていた人に現れる傾向です。

 

【自分の言葉で話す】

 

これは1つキーワードです。

 

④ストレス耐性の無い豆腐メンタル

 

極端にストレス耐性に弱いと

企業から嫌われるのも事実です。

 

仕事をしていたら

色んなストレスがあります。

 

・良いストレス

・悪いストレス

 

当然ながらあります。

 

初めから自分の思い通りに

仕事が進むなんてことは無いので、、、

 

上司や取引先で叱られることもあるでしょう。

 

しかし!

 

それで自信を無くして辞める社員は

会社側だって扱いに困ってしまいます。。

 

僕が思うになんですが

怒られたり叱ってくれる間は全然いいです。

 

「活躍してほしい」

「頑張って成果を出してほしい」

 

もちろん叱り方にもよりますが

まだ期待して色々口出しをしています。

 

一番ヤバいのは、、、

 

「相手にされない」

「何も指摘してくれない」

 

こんな状態です。

 

日常生活で考えるなら

LINEの未読無視状態ですね。

 

こうなったら完全に終わりです。

 

①常識が無い、マナーが無い

②謙虚さと協調性が欠如してる。

③消極的で主体性が感じられない

④ストレス耐性の無い豆腐メンタル

 

この4タイプが嫌われます。

 

逆に言うと

この4つを避ければ嫌われません。

 

嫌われない就活生になりましょう。

 

 

 

企業から好かれる特徴

 

企業から好かれる人とは、、

それは【笑顔で常に謙虚な人】です。

 

もっと簡単に言うなら

赤ちゃんみたいな人が好かれます。

 

どういうことか、、、

 

結局のところ

採用するしないって

決裁権を持つ面接官の「好き嫌い」です。

 

「ふざけんなよ」

 

このように思うかもしれませんが

間違いなく好き嫌いで決定します。

 

だからこそ社風が出来上がります。

比較的同じような人たちが集まります。

 

つまりここで考えるべきことは

 

「どうすれば面接官は好意的に感じるか」

 

という点です。

 

ではどういう人が好意的に感じるのか?

 

①笑顔

 

面接官のおじさんに限らず

笑顔が嫌いな人はいません。

 

実際の出来事ですが

 

位の高いおじさんは

挨拶にとにかく厳しいです。

 

挨拶をしないだけで

「アイツの指導どうなってるんだよ」

このようになります。

 

体育会系の部活と一緒ですね。

 

逆に、笑顔で挨拶をすると

「おっおはよう!今日もがんばれ」

このように機嫌は一変します。

 

凄く単純ですが、

 

・笑顔

・挨拶

・いつもより大きな声

 

これを徹底するだけで

位の高いおじさんの支持を獲得できます。

 

就活の時だけでいいので

徹底することをオススメします。

 

②謙虚さ

 

ぶっちゃけ「謙虚さ」

面接官のおじさんには一番刺さります。

 

若者に謙虚にされると

自己重要感がくすぐられ好意を持ちます。

 

おじさんを転がすのはチョロいです。

 

そもそも、おじさんにとって

僕たち若者は脅威的存在なのです。

 

「若者なんて大したことない」

 

このように言ってますが

内心はビクビクでチビる寸前です。

 

伸び代に怯えています。

 

そんな脅威である若者に

自分の仕事での苦労を認められたら

まず間違いなくアナタに好意を持ちます。

 

おじさんたちも

日頃上司から叱られたりして

苦労に苦労を重ねて今があります。

 

その苦労に共感することが大事です。

 

この戦略は自己PRでも使えます。

 

ーーーーーーーーーー

最初はダメダメだった

色々と創意工夫を重ねた

最初はダメだったけど

如何にかして成果を上げた

ーーーーーーーーーー

 

こんなエピソードは好まれます。

 

「自分は何でもできるエリートです」

 

自慢話は嫌われます。

 

挫折をしっかり書くと好感を持たれます。

 

ここからは経験談です。

 

【若くて未熟な人は好かれる】

 

結局、企業のおじさんは

 

「なんか可愛がってやりたいな」

 

こんな人間をめちゃめちゃ好むのです。

 

「未熟者ですが、やる気はあります」

 

これは僕の営業職時代の営業スタンスです。

 

自分はまだまだ未熟です。

未熟だけど誠心誠意要望に応えます。

 

僕は未熟でポンコツですが

製品の品質とサービスには自信があります。

 

謙虚というより謙譲ですね。

 

相手を持ち上げるのではなく

自分を下げて未熟さをアピールして

そんな自分から買ってくださいスタンスです。

 

僕はコレで営業を無双しました。

 

何回この言葉を使ったことか、、、

 

「僕に初めての契約をください」

 

これでおじさん社長は、、

 

「しょうがないな、誠意が伝わった」

「俺にもそんな必死だった時代があったな」

 

こんな状態になり契約のラッシュです。

 

就活はおじさんとの戦いです。

 

そのために必要なのは

赤ちゃんのような【笑顔と謙虚さ】です。

 

 

 

銀座のママがモテる理由

 

守ってあげたいオーラがある

・とにかく話を親身に聞いてくれる

・決して自慢せずホストに徹している

・謎に包みこんでくれる安心感がある

・打ち明けてないのに悩みを当てられる

 

こんなところですかね(笑)

 

企業に勤めていた時に

1度だけ先輩と訪れたことがあります。

 

「プロだな」

「あれはハマったら沼だな」

 

このように感じた記憶があります。

まあどうでもいいことですが、、、

 

 

 

まとめ

 

常識が無い人は嫌われる

謙虚さと協調性が無くても嫌われる

消極的で主体性が無い人も嫌われる

ストレス耐性が無いと嫌われる

おじさんは笑顔と謙虚さが大好き

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です