相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

恐怖に打ち勝ち決断した者だけが勝利を勝ち取る。出来ない理由より現状打破を考える成果を出す人間の心得

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

最近の日常は・・

 

高校の同級生から刺激を受ける

独立してからの知り合いに刺激を受ける

 

関りある人から刺激を受け

葛藤しながら仕事をしています。

 

それ以外は

特に何もありません。

 

何も無いので本題に入ります。

 

 

 

本日お話しする内容は

正直殆ど中身はありません。

 

YesNo

やるやらない

 

この話しかしません。

 

なぜこんな話をするのか?

 

理由はシンプルかつ単純明快です。

 

結局人生は

 

やるか・やらないか

 

取捨選択で

殆ど決まると感じたからです。

 

あなたは過去に

こんな状態に陥った経験はありますか?

 

 

・何かを言い訳にして諦める

・目標はあるけど踏み出せない

・やりたいことはあるけど怖い

・誰かに批判されそうだから断念

・親に否定され感情を押し殺し断念

 

 

ありませんか?

 

僕はあります。

 

そして今になっても

このような感情を抱えています。

 

 

「あの時やっておけば」

「逆らってでもやっておけば」

 

 

このような感情に襲われます。

 

ここ2年間くらいは

後悔を残す機会は減りましたが

学生時代は後悔ばかりしていました。

 

 

でも・・・

だって・・・

けどさ・・・

あのとき・・・

 

 

未練たらたら。。

言い訳ばかり。。

 

今の自分は好きですが

過去の自分は大嫌いです。

 

逃げて逃げて逃げまくって

 

何かに怯えるように

回避する人生を送ってきました。

 

今はマシになりましたが

それでもたまに言い訳をします。

 

これは完全に個人的主観ですが

 

挑戦してみて

試しに取り組んでみて

 

損することは無いと思うんです。

 

 

 

それでも人間は

変に器用で裏技を求めて

常に「やらない」という選択肢を

探す習性があります。

 

これがもし

「とりあえずやる」

という考えを持っていたら

 

どれだけ挑戦でき

どれだけ可能性が広がったか

 

これは僕にも言えることです。

 

あなたの可能性を

あなたの挑戦心を

 

 

殺しているのは自分自身です。

 

 

周りの人間ではありません。

心が痛いかもしれませんがアナタです。

 

おそらく

周りが変わったとしても

あなたの状況が変わることはありません。

 

結局自分が変わらないと

現状打破することはできません。

 

そこで本日は

現状打破について話します。

 

かなり精神論を語るので

「なんかコイツ言ってんな~」

くらいで読んでもらえればと思います。

 

 

人生はYESかNO

 

 

 

中途半端は疲れる

 

あなたは今まで

中途半端にしたことはありますか?

 

・恋愛

・勉強

・趣味

・部活動

 

なんでもいいです。

 

きっと何かしらありますよね。

 

 

中途半端に勇気を出し

連絡先だけ聞いて終わり。。

 

中途半端にやる気を出し

中途半端な結果で勉強を断念。。

 

周りや親の目を気にして

中途半端な状態で身を引く。。

 

 

きっとあると思います。

 

そしてアナタ自身も

きっと気づいてるはずです。

 

断念して終わらした時は

誰かのせいと気持ちを紛らわしたけど

結局は全部自分の責任だということを。。

 

なぜか一生懸命に

自分を守るために言い訳を探し

ありとあらゆる言い訳で自分を押し殺し

無理やり正当化して決着をつける

 

そして数年が経ち

後悔だけが残っている。。。

 

「なんであの時」

「周りなんて気にしなければ」

 

そんな思いをひた隠し

今を一生懸命生きていると思います。

 

もう気づきましたよね。

 

ここで言いたいのは

中途半端に取り組むことが

一番結果も生まれず疲れるんです。

 

 

中途半端

中途半端な結果

中途半端だから自信もつかない

疲労だけが溜まり時間を失う

 

 

中途半端で良い事はありません。

 

とにかく「やる.やらない」

ハッキリさせるようにしてほしいです。

 

そのとき

「やる」という選択をした時

何かしら手放す決断を迫られます。

 

それは

 

人かもしれません

お金かもしれません

モノかもしれません

 

何かしらの決断を迫られます。

 

そんな時は

今の自分の状態ではなく

未来の自分を想像してほしいです。

 

「少しスピリチュアルな感じですね(笑)」

 

何が言いたいのかというと

「やる」という決断をしたときは

今の自分を手放し変化することを意味します。

 

幼虫から蛹になり蝶になり羽ばたく

 

こんな感じです。

 

 

 

変化する以上

必ず手放すモノが出てきます。

 

その時は超精神論ですが

勇気をもって手放してほしいです。

 

家族を手放せとは言いません。

 

ただ

自分の目標や夢をバカにする人は

迷わず切り捨てても良いと思います。

 

 

ココからは

少しだけ僕の話をします。

 

僕は就職をして

ある時を境に独立しました。

 

初めは会社員をしながら

ある程度カタチになったところで

独立しようと考えていました。

 

しかし

 

僕の性格上

二足の草鞋を追求すると

両方ともダメになる事がわかってました。

 

そこで

ものすごく怖かったですが

会社員という安定収入を捨て

独立することを決意しました。

 

その結果、

苦しい時もありましたが

今は捨てたことを後悔していません。

 

これは別に

就職批判とかではありません。

 

 

「一度手放したから今がある」

 

「やるしかない状況になり

 100%の力を注いだから今がある」

 

 

これを伝えたいだけです。

 

どうしても日本人は

変に器用なところがあるので

複数のことを同時並行できると

自分を過信し勘違いを起こします。

 

その複数の事に対して

 

Aに100%の力を注ぐ

Bにも100%の力を注ぐ

 

これだったら良いですが

やっぱり人間は限界があるので

 

Aに60%の力を注ぐ

Bに40%の力を注ぐ

 

このような状態に陥ります。

 

このようになった時は

両方とも歯車が狂い始めて

両方とも乏しい結果になります。

 

例に出したくないですが

共働きで育児をしている家庭で

離婚まで発展してる家庭は大体これです。

 

これは同時並行を

否定しているわけでもありません。

 

とにかく言いたいのは

 

 

やるなら全力でやる

やらないならやらない

 

 

それぞれ決意してほしいです。

 

中途半端な蔑ろ状態は止めて下さい。

 

あなたのタメです。

中途半端は疲労しか残りません。

 

 

 

他己責任から自己責任

 

ここで言いたいのはただ1つです。

 

20歳を超えたら成人です。大人です。

 

 

親に甘え続ける人生は止めろ

 

 

これだけを伝えたいです。

 

20歳になり

タバコ.酒は解禁になりますね。

 

(カタチ上は。。。)

 

そういう時だけ

大人ぶるのは止めたほうがいいです。

 

心も大人になりましょう。

 

つまり

 

他己責任から自己責任へ移行しよう

 

ということです。

 

友達のせい

両親のせい

先生のせい

 

言いたい気持ちはわかります。

 

でもいい加減気づいたはずです。

 

友達とか親とかじゃなく

結局自分に何かしら原因があります。

 

 

他の誰でもなく自分に原因があります。

 

 

こんなこと言ってますが

僕も思い当たる節があるんです。

 

2年前の僕は

自分基準で就活生に情報を伝え

理解してもらえなかったら

 

 

なんで理解してくれないの。。

この学生は自分以上にバカなのか?

 

 

このように考えていました。

これが他己責任という事がわかりますね。

 

自分の思い通りに行かなかったら

誰かのせいにして自分を正当化させる

 

 

一番最低な行為です

 

 

そしてある時、気づきました。

 

相手とかじゃない

それを言っても何も変わらない

 

そこで僕は

 

・理解されないのは自分のせい

・自分の表現力が欠如しているから

・自分が具体的に話せていないから

 

このような形で

責任の矛先を自分に向けました。

 

すると責任が生まれ

 

「どうやったら伝わるかな」

「どう伝えたらわかりやすいかな」

 

このような感じで

常に考えるよう変化しました。

 

これをしたことで

当時より思考力も磨かれ

自分で問題解決できる機会が増えました。

 

他人に責任を押し付けるのは簡単です。

 

しかし解決することは殆どなく

自分が成長することもありません。

 

20歳になったら立派な大人です。

 

親を頼るのは最終手段です。

 

 

 

ココからは

少しだけ親御さんに向けたメッセージです。

 

お子さんを支えたい気持ちはわかります。

しかし支えすぎて過保護にならないでください。

 

過保護に育てられた子供は

成人しても自分で判断する力が無いので

社会に出た後120%苦労します。

 

「自分で考えさせる」

 

そんな機会を作ってほしいです。

 

これは個人的意見ですが

高校卒業したら一人暮らしできる環境を整え

独り立ちさせてほしいです。

 

人間追い込まれたらやります。

無理やり自分で考え解決策を見つけます。

 

それでも苦しい

解決策が見つからない

 

そんな時に

親の手を差し伸べてあげて欲しいです。

 

そのほうが

子供も親のありがたみを感じます。

 

 

感謝の気持ちを持ち続けます。

 

 

これは僕がそうだったからです。

 

・当たり前に出てきた食事

・当たり前に作ってくれた弁当

・当たり前に掃除されている部屋の床

・当たり前に洗濯されている洋服

 

それらが全て

当たり前じゃない事に気づき

親に多大なる感謝の気持ちが芽生えます。

 

 

・女の子だから一人暮らしは。。

・一人暮らしをさせると健康が。。

 

 

その気持ちはわかります。

ただ追い込まれたら人間は強くなります。

 

 

・人間力が磨かれます

・人を頼る方法も覚えます

・自分で考える力を身につけます

・今まで培った知恵を最大限発揮します

 

 

なにより現代は

コンビニ弁当でも栄養バランスは良いです。

 

もしそこまで心配なら

子供が安心できるような環境

整えてあげて欲しいです。

 

生活の最低保証となる

家賃の部分だけでも補助してあげれば

自分で頭を使ってどうにかします。

 

 

少しでも自立させてあげて下さい

 

 

人間だれしも甘えん坊なので

一度一人になる環境が無ければ

自分で考える地頭が鍛えられません。

 

お願いです。

 

自立させてあげて下さい。

 

そして

20歳に到達したなら

自立心を持ってください。

 

 

子供から大人になりましょう

 

 

人を頼るのは良いですが

頼りすぎの他己責任思考は

社会に出てから間違いなく死にます。

 

自立して羽ばたきましょう。

 

 

 

決断する1羽の物語

 

ここで1つ

動画をご覧ください

 

 

これは一羽の鷹の物語です。

 

ご覧いただいたように

あなたには選択する権利があります。

 

・変化する選択

・変化しない選択

 

あなたはどちらの選択をしますか?

 

どちらが正しいとかではありません。

 

誰かに言われたとかではなく

自分自身の意志で選択した分には

後悔することは少ないはずです。

 

最後に

僕から伝えたいことがあります。

 

何か目標がある時

 

言い訳して逃げる選択ではなく

格闘してでも得る選択をしてほしいです。

 

言い訳なんてものは

探し始めたら無数に出てきます。

 

やらない理由は無数に出てくるんです。

 

・時間が無いから

・お金が無いから

・自信が無いから

 

無数に出てきます。

 

これは僕の意見ですが

 

・・・・・

 

いつだったら時間作れますか?

そもそも時間を作ろうとしてますか?

 

どれだけ貯金があればやるの?

そもそもお金の問題を解決しようと

少しでも本気で考えたことがありますか?

 

どうなったら自信がつきますか?

そもそも自信をつける行動をしましたか?

 

・・・・・

 

本当に時間が無い人もいますが

大抵の人は時間の使い方をミスってます。

 

色んな人とお会いした感想ですが

忙しい人ほど無理やり時間を捻出します。

 

お金に限っては

殆どの人が最初から諦めます。

本気で向き合うことをしません。

 

これは仮の話ですが

親がガンで入院してしまった

 

 

そんな時でもアナタは

言い訳を重ねるんでしょうか?

 

 

もし僕だったら

親戚.銀行.カードローン

ありとあらゆる方法を使い

お金を搔き集めると思います。

 

でもそんなことはしたくないから

一生懸命ビジネススキルを鍛えています。

 

緊急事態が発生しても

家族を守れるようスキルを蓄えています。

 

 

 

最終的に伝えたいことは・・

 

 

本気で向き合い決意決断をする

 

 

伝えたいことはそれだけです。

 

本日述べた話は

たいした話ではありません。

 

やるやらない

 

文字数で言ったら

6文字で終わる話です。

 

それでも重要だと感じました。

 

 

あなたは何を感じましたか?

 

 

あなたの心や考え方が

プラスに向かったのであれば

本記事を書いて良かったと言えます。

 

やるなら100の決断を

やらないなら0の決断を

 

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございました

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です