相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

自覚を持て!責任を持て!自分の捉え方で見える世界は変わる。一緒に創造しませんか?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

本日は

沢山の行事が重なりましたね。

 

【新年号発表】

【エイプリルフール】

 

そして11時半過ぎに

新年号が発表されましたね。

 

 

 

だから何だって話ですね(笑)

 

年号が発表されても

現実は変わりません。

 

2019年4月1日です。

 

2019年3月31日から

1日経過しただけです。

 

いつもと変わらず

生活していきましょう。

 

 

こんなくだらん話はおいといて・・・

 

 

今日は考え方というか

社会人になるに至って

考えてほしいことがあります。

 

スキル

 

これがあると

社会では強いです。

 

それは事実です。

 

しかし

 

現実的に考えて

現時点で持ち合わせてる

スキルなんてたかが知れてますよね。

 

そんなときに

 

「スキルが無い自分なんて・・・・」

「学歴も実績もない自分なんて・・」

 

このように

自分のマイナス面をみて

メンヘラ状態に陥る人を頻繁に見かけます。

 

わかります。

 

自分がクズに見える。

 

その気持ちはわかります。

 

その気持ちはわかるので

いきなりポジティブになるのも

現実的に考えて無理だと思います。

 

なので

 

クズならクズでいいです。

そんな自分すら認めてあげて欲しいです。

 

 

 

「これから成果を出す」

 

このように考えているなら

自分の良い部分も悪い部分も

全て自覚してほしいと思います。

 

 

「○○ができる」

「○○はできない」

 

 

そんな自分を認めてほしいです。

 

 

‘‘自覚する‘‘

 

 

これは成果を出すうえで

かなり大きな力をもたらします。

 

まず自覚すると

どんな行動が起きると思いますか?

 

自覚すると・・

 

行動できるようになります。

表現できるようになります。

勝手に責任が生まれてきます。

 

このような変化が訪れます。

 

 

自分の強みを自覚したことで

強みに見合うような表現をし始める。

 

自分の弱みを自覚したことで

弱みをカバーするために努力をし始める。

 

 

なにより自覚すると

責任が生まれるので

諦めることが減ります。

 

 

【自覚する】

 

 

これだけでも

人は大きく変われます。

 

 

 

みんな自覚しないから

自信をもって表現できません。

 

「あなたの強みは問題解決力です」

 

もしこのように第三者から言われたら

それに見合うような行動に変わるはずです。

 

 

「問題解決ができる人間にならなきゃ」

「問題解決ができる人間を演じなきゃ」

 

 

恥をかきたくないから

強みに近づく努力をすると思います。

 

そして

真の強みに

変化していきます。

 

 

強みを自覚する

弱みを自覚する

 

 

それだけで

人は変われます。

 

自覚した人間は強いです。

 

 

自覚しましょう。

 

 

本日は以上です。

 

 

という感じで

エイプリルフールを言い訳に

適当な内容で締めようと思いましたが・・

 

 

もう少しだけ書きます(笑)

 

 

少しだけ真面目になります。

 

本日の本当のテーマは

 

創造力

 

創造力とは

新しいモノを生み出す力です。

 

別名「表現する力」とも言われます。

 

日本人の多くは

 

「クリエイティブな人間になるには

 一握りのセンスを持った天才か変人だけ」

 

このように思っています。

 

僕もベースは

文章で言葉を表現して

お金を頂いている身なので

 

「センスありますよね」

「そんな文章書けるの凄い」

 

こんなことを言われる機会がたまにあります。

 

 

素直に嬉しいですが

 

僕は特別な人間でしょうか?

 

センスがある人間でしょうか?

 

天才的に何でもできる人間でしょうか?

 

 

僕は違うと考えています。

 

もし僕が天才で

創造力豊かな人間なら

 

 

あんなに就活で苦労していません。

 

 

 

5社受けて3社内定?

 

無理無理

 

僕には

そんな天才的な能力はありません。

 

それでも

今はなぜだか知らないけど

センスがありそうに感じてくれる人が。。

 

 

それはなぜか?

 

 

僕なりの答えですが

創造力の使い方を知ってるだけです。

 

あくまで予想ですが

就活底辺弱者時代も

創造力自体はあったと思います。

 

それは僕だけでなく

あなたも絶対にあったはずです。

 

あなたにも

創造力は備わっています。

 

使い方を知らなかっただけです。

 

つまり・・

 

使い方を知るだけで

自己表現できるようになります。

 

すなわち

面接を無双できます。

 

対人関係で悩むことも減るでしょう。

 

それは全て

創造力の使い方を知れば

実現できる未来なんです。

 

 

今は眠っている

創造力を引き起こしませんか?

 

 

本日は創造力の眠りを起こします。

 

 

創造力の眠り姫

 

 

 

①創造力の調査結果

 

これは

Adobe Acrobatdeで馴染みある

Adobe社が調査したデータになります。

 

 

 

出典:Adobe ニュースルーム

 

このデータは驚きですよね。

 

自分は創造的だと

答えた日本人は8%だけでした。

 

創造する

 

確かに「クリエイティブ」というのは

なんだか繊細でおしゃれでセンスがあり

「良くも悪くもズレてる人」が支配する

領域というイメージがあります。

 

日本人によくある傾向として

「自分は凡人だから創造力は無い」

という考えになりがちです。

 

 

でも僕は違うと思います。

 

 

各海外諸国の40%が

‘‘自分は創造的‘‘と考えているのに

日本だけ創造力が劣ってると思いますか?

 

 

僕はだと思います。

 

 

この調査結果だけ見ると

日本人は創造性の無い人間の集まり

という感じに見られますが

 

実際、違うと思います。

 

 

あなたも創造力のある人間です。

 

 

悩んでるあなたも

イキイキしているあなたも

 

創造力のある人間です。

 

でも

 

自信をもてない

 

それはなぜか?

 

それは

日本社会が起こした

洗脳に原因があると思います。

 

まず日本人は

‘‘個‘‘を抑制するのが得意すぎます。

 

僕は以前

社会人の先輩に

ある言葉を投げたことがあります。

 

 

就活時の引地
就活時の引地
就職活動が気持ち悪い。みんな黒髪にして同じスーツを着る文化が気持ち悪すぎる。ゴキブリの大群みたい。この文化っておかしくないですか?

 

 

生意気ながら

聞いてみました。

 

すると先輩は言いました。

 

 

先輩
先輩
その程度のルールを守るのは当たり前

 

 

このように言われました。

 

 

「みんな同じ外見でいることに違和感はない

 むしろ美徳だ。」

 

 

このように言い放った先輩もいました。

 

僕は正直、引きました。

 

気持ち悪いと感じました。

 

僕の友達には

地毛が明るい関係で

わざわざ黒染めしてる人もいました。

 

それでも先輩は言います。

 

 

「その程度の協調性が無いと

 社会では生きていけないんだよ」

 

 

というのです。

 

これを聞き

僕は吐き気を伴いました。

 

気持ち悪いと感じました。

 

 

 

そして僕は感じました。

 

 

日本人は悪目立ちせずに済むよう

‘‘個‘‘を抑えるのが超得意な人種だと。。

 

確かに悪いことではないけど

そのおかげで‘‘個‘‘に自信をもてない人が

大量発生してるのも事実です。

 

 

そしてこれは

自信が持てないというより

安全を好む傾向にあるのだと思います。

 

‘‘個‘‘に自信が持てないと

どうしても人間は多数派に流れます。

 

 

「みんながやってるから大丈夫」

 

 

こんな安心感を求めるんです。

 

これに関しては

中高生時代の僕も

こんな感じだったのでわかります。

 

「グループから省かれたくない」

「同じことをやっておけば怒られない」

 

こんな感じでした。

 

だって違うことをしたら

なんか先生からは怒られるし

クラスメイトからは冷めた目で見られるし

 

当然の傾向ですね。

 

その結果、

 

「みんな一緒じゃなきゃ行動できなくなる」

 

という

負の連鎖が発動します。

 

その「みんな」が変な思考だったら

あなたは間違いなく絶望していきます。

 

 

「みんなで渡れば怖くない」

 

 

これが大好きすぎます。

 

こんな感じで生きているので

日本では個性すら邪魔になります。

 

そして

いざ就活時期になると

下記の思考が働きますよね。

 

 

「自分は特別な人間ではない」

「みんなと違うことはやってない」

「特別なことをやってないから自信ない」

 

 

こんなように考えます。

 

そして最終的な末路は

 

「自分には創造力が無い

「自分には特別な強みが無い

 

こんな感じで自分を見限ります。

 

過去の僕では無理ですが

今の僕なら伝えられることがあります。

 

あなたは

 

 

‘‘個‘‘を塞ぎすぎです

‘‘個‘‘を表現しなさすぎです

 

 

あなたには

多大なる才能が眠っています。

 

気づいていない才能が

宝のように眠っています。

 

眠らせすぎです。

 

 

 

僕の勝手な意見ですが

日本人は「私はできない」って言いすぎです。

 

これは

ある社会人の実話です。

 

AさんはBさんに言いました。

 

社会人A
社会人A
仕事には満足してるんですけど、上司が使えないんですよね。。

 

するとBさんは言いました。

 

社会人B
社会人B
だったら、それを上司より1つ上の役職の人に直接言って改善を求めればいいじゃん。それで解決するんじゃない?

 

するとBさんは答えました。

 

社会人A
社会人A
それは無理ですよ。会社的にも立場的にも。そんなこと言えたら苦労しませんよ~

 

このように言ったらしいです。

 

その後のBさんの行動は

解決するのは困難だと考え

その話を適当に聞き流したらしいです。

 

実は僕も

そのような相談を

高校時代の友達にされました。

 

結末は全く一緒でした。

 

僕はその話を聞いて

改めて「自信ない人多すぎ」

強く感じさせられました。

 

 

「自信を持ったら

 呪われる催眠術でも掛けられてるのかな」

 

 

と感じました。

 

おそらく

 

Aさんも僕の友達も

文句は山のように出るけど

いざ自分に責任を向けられたら

怖いから安全を求めるタイプだと思います。

 

別にこれが

良いとか悪いとかではないですが

 

自分の発言には

責任を持つべきですし

改善策を提示したのにやらないなら

 

「最初から話すなバカ」

 

と思います。

 

とにかくここで言いたいのは

簡単に「自分にはできない」と

言わないでほしいです。

 

 

最初からできる人はいません。

 

 

もっと自分に可能性を感じて

自分を表現してほしいと思います。

 

引地賢太
引地賢太
今日はかなり文章が雑だな~

 

 

 

②想像力の使い方を知ろう

 

僕は遺伝子学に詳しくありませんが

日本人だけが「圧倒的に創造力が無い」

なんてことはありえないと考えています。

 

ただ単純に

 

・自分で何か作り出す

・自分の意志で選択する

 

このような機会が少ないから

相対的に自分を表現することに

苦手意識を持ってるだけだと思うんです。

 

「創造」

 

一般的には

「新しいモノを作ること」

と定義されてますが

 

僕の解釈的には

 

 

「自分の世界観を表現する」

 

 

これも立派な‘‘創造‘‘だと思うんです。

 

だって「自分の世界観」は

間違いなく唯一無二だと思います。

 

それを表現したら

オリジナリティーのある

何かが生み出されるわけです。

 

そう考えたら

創造力の無い人間なんて

この世に存在しないと思うんです。

 

 

満員電車にいるあなたも

サークル活動に励むあなたも

アルバイトに励むあなたも

 

 

みんな自分の世界観があるはずです。

 

ネット化が進む便利な時代

 

こんな時代に

本当に誰も知らない

新しいモノを作り出すなんて

不可能に近いです。

 

 

「不可能に近い。。イヤ無理です。」

 

 

僕が思うに

「自分は凡人だから特別なことができない」

と言ってる人は

 

自分を低く見積もりすぎです。

自分で自分の価値を下げすぎです。

 

こんな僕みたいな

就活底辺弱者だった人間でも

自分を文章で表現して

 

お金を頂いています。

 

あなたの心に

この言葉を刻んでください。

 

 

あなたの世界観は価値があります

 

 

 

結局、「創造」というのは

自分のことを表現することです。

 

自分の考えや想いを

カタチとして具体化するだけです。

 

その手段は何でもいいです。

 

文章でも声でも絵でも写真でも

 

なんでもいいんです。

 

自分の考えをカタチにするなんて

そんなに難しいことではないはずです。

 

 

素直に伝えればいいんです。

 

その上で相手に伝わるように

抽象的だった表現を具体化して

相手に伝えればそれでいいんです。

 

 

今まで「個性」を抑制する教育を受けました。

 

そんなあなたでも

あなたの「世界観」はあなただけのモノです。

 

その世界観をカタチにして

誰かに伝えれば立派な「創造」です。

 

もっと自分に自信をもって

自分は「特別な人間だ」くらい己惚れて

自分の世界観を表現しましょう。

 

あなたの表現を

バカにする人もいるかもしれません。

 

そんな人は無視です。

 

少なからず僕は

あなたの世界観を尊重します。

 

あなたにしかできない

‘‘創造‘‘が必ず存在します。

 

自信を持ち表現者になりましょう。

 

今回は

僕の想いを伝える

ただの自己満記事です。

 

来週からは

いつもの形式に戻します。

 

 

自己満記事に

お付き合いいただき

ありがとうございました。

 

 

では

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です