相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

隣に座るゼミの友達に負けるのってイヤじゃない?常に企業視点で書き進める志望動機

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんばんは、賢太です

 

突然ですが、、、

 

あなたは

志望動機に悩んでいませんか?

 

あなたは志望動機を

簡単に書くことができますか?

 

 

自己PRやガクチカは慣れてきたんですが志望動機はいまいち掴めなくて。。手ごたえが無いです。毎回苦労します。
理工学部学生
理工学部学生

 

 

こんな感じの人が

殆どではないでしょうか?

 

おそらく

志望動機を悩まない人は

書類選考は余裕だと思います。

 

僕自身

 

自己PRとガクチカに関しては

部活動経験や実習経験を書けば

どうにかなったので良かったですが

 

 

志望動機だけは・・・

 

 

一番悩んだのは

この志望動機でした。

 

あなたが悩む気持ちもよくわかります。

 

僕も書くのが一番辛く

イライラしたのは志望動機でした。

 

おそらくここでの悩みは

 

 

「文章構成がわからない」

「どうやって差別化をしたらいいのか」

「ありきたりなことしか書けない」

 

 

こんなところだと思います。

 

 

 

僕も同様の悩みがあったので

志望動機で悩む気持ちは痛いほどわかります。

 

悩みが理解できるからこそ

今回、その悩みを解消していきます。

 

書類で悩むのは終わらせましょう。

 

書類で悩まなくなるだけで

どれだけ選考がラクになるか・・

 

本日から

ラクになってもらいます。

 

 

志望動機の根源

 

 

落ち続ける志望動機

 

志望動機では

何個かやってはいけない

書き方が存在します。

 

書類全体で

事故を起こす書き方は

前回の記事をご覧ください。

 

アピール以前の問題。読まれなければ選考通過不可能。シュレッダー行き各駅電車を回避。読んでも疲れないビジネス文章とは?

 

では絶望例をご紹介します。

 

 

①企業の説明ばかり

 

これはわかりやすい部分で言うと

 

 

貴社は○○のシェア率は〇%保持しており

この記録は10年連続の快挙となっています

 

 

みたいな感じです。

 

これを見た企業は

 

「だから何?知ってるわ」

 

これで終わりです。

シュレッダーに吸い込まれます。

 

 

②サービス.商品好きのゴリ押し

 

これはファンになってるケースです。

 

サービスや商品が好き

 

別にこれ自体は悪い事ではありません。

 

仕事をする上で

自社製品サービスを愛せない人は

活躍することができません。

 

しかし

 

 

貴社のサービスに思い入れがあり

貴社のサービスに携わりたいです

 

 

みたいな感じで

好き好きアピールで

志望理由を押し切るのはNGです。

 

「好きです。好きです。」

 

このように言われたら企業は

 

「はい。ありがとうございます。それで」

 

という感じに返答され終了です。

 

好き

 

これ自体は悪くないので

この‘‘好き‘‘はキッカケ程度にしてください。

 

 

 

③企業理念に共感

 

これは大多数の就活生が

やりがちの落とし穴になります。

 

もしかしてアナタも

やってしまっているのでは?

 

これについては

共感してはいけない理由があります。

 

まず1つ目は

大多数の学生が「企業理念」を使うので

「大多数の1人」という枠に突っ込まれます。

 

大多数の1人ですよ。

 

差別化が壊滅的になります。

 

 

そしてもう1つ

 

 

企業理念というのは

創業当時のメンバーが考え抜いて

作り出した言葉です。

 

経営陣が

考えて考えて考え抜いて

出来上がった理念です。

 

そんな理念を

まだ企業に属してもいない学生が

共感するなんてバカにしていませんか?

 

こんなこと言いたくないですが

属してない学生が共感できるはずないです。

 

企業理念に共感したら

だいぶ頭のイカれた人間なので

志望動機に企業理念は持ち込まないでください。

 

ココでの持ち込まないは

 

 

「企業理念に共感し・・」

「企業理念である・・・」

 

 

みたいな感じで

表記するなということです。

 

企業理念のなかに

記載してある単語は利用していいですが

 

「企業理念」

 

という表記で

文章中に組み込まないでください。

 

これは「社会貢献」と並び

記入したら落とされるNGワードです。

 

 

志望動機で使うべき情報

 

「ホームページはどこを見たらいいの?」

 

このように

悩んでいませんか?

 

僕は悩みました。

 

悩んで

とりあえず事業概要を見ました。

 

そして

それを基に志望動機を書いたら

綺麗に落とされました

 

 

アナタは同じ運命を辿りたいですか?

 

 

イヤですよね。

でしたら下記の情報を利用してください。

 

 

①転職サイトの求人情報

 

リクナビ.マイナビ.日経ナビ

 

各々登録してると思いますが

それに転職サイトを加えて下さい。

 

これには明確な理由があります。

 

新卒用のサイトの募集要項を見ると

 

・明るい人

・挑戦的な人

・継続力がある人

 

こんな感じで

ありきたりな言葉ばかりが

記載してあります。

 

あれを見ただけで

求める人物像がわかりますか?

 

「わかりません」

 

ですよね。

僕も理解できません。

 

新卒サイトの募集要項というのは

多くの学生に選考を受けていただき

良い人材を確保したい考えがあります。

 

 

つまり

 

 

募集要項で

人物像を絞り込みすぎると

該当する学生数の絶対数が減るので

エントリーに繋がらないと考えられます。

 

 

つまり企業にとって都合が悪いです。

 

 

だから

 

企業はありきたりな言葉を並べ

とりあえず学生を囲い込んでいきます。

 

対して

 

転職サイトは

現状で欲しい人物像を

明確に記載しているケースが多いです。

 

「営業職経験3年」

「Word.Excelスキル必須」

 

みたいな形で

新卒要項より具体的です。

 

中途採用の要項は

 

今求めている人物像

今強化したい人物像

 

これらが記載してあります。

 

新卒要項より

はるかにわかりやすいです。

 

これを気に

1つで良いので

転職サイトの登録をしましょう。

 

 

 

②株主向け資料

 

これは以前、

経営状況を図るために

教えた情報がありました。

 

・決算報告書

・中期計画書

 

これを元に

経営状況を数値化しましたね。

 

『就活生の98%が知らない株式視点を用いた企業丸裸法』

 

その資料に追加して

もう1つ見てほしい資料があります。

 

 

それは「株主総会説明資料」です。

 

 

企業は

定期的に株主総会を行います。

 

簡単に言うと

企業の現状の活動を報告する会です。

 

 

・直近の利益

・直近の良かったこと

・直近の改善すべきポイント

・問題点に対する改善策の提示

 

 

こんなのを

株主向けに報告する機会があります。

 

株主総会説明資料は

株主総会に使うプレゼン資料です。

 

正直な話

 

決算報告書を見ても

黒文字と数字で溢れていて

読み解くのはかなり困難です。

 

数値化する時には使えますが

情報収集には使うのはオススメしません

 

 

そこで「株主総会説明資料」です。

 

 

株主総会に参加するのは

基本的に年長者が多いです。

 

従って

年長者にもわかりやすい資料構造です。

 

重要ポイントには

赤線が適宜引いてあるし

具体的なグラフも存在します。

 

なにより

株主総会は嘘がつけないので

現状の良い点.改善すべき点が

ハッキリ言語化されています。

 

その言語化された文章を

そのまんま利用することができれば

志望動機は鰻登りになります。

 

 

・良い点を伸ばしてくれる人

・改善点を改善してくれる人

 

 

企業はどちらを欲してると思いますか?

 

正解は後者です。

 

前者は現状でも上手くいってるので

今いる人たちで伸ばすことが可能です。

 

しかし

 

後者は改善点があるのに

現状のいる人たちで改善に苦戦してる

現状が存在しています。

 

 

企業があなたに期待するのは‘‘変化‘‘です。

 

 

良い事だけ並べられるより

悪い部分を指摘し改善できる人を求めます。

 

 

あなたも同じではないですか?

 

得意分野を伸ばしてくれる人より

悩みを解決してくれる人のほうが

魅力的で頼りたいと感じませんか?

 

 

企業も同じです。

 

 

企業良い部分だけでなく

弱点のなる部分を探していきましょう。

 

 

志望動機の文章構造

 

いよいよ実践していきます。

 

スマホのメモ機能を利用して

本記事を利用してもらえればと思います。

 

そもそも志望動機は

 

・自社への志望度

・入社した時のモチベーション

 

これを企業は求めています。

 

「どこの会社でもなくウチを選んだ理由」

 

簡潔に言うとこれです。

 

どんな構成でもいいから

「ウチしかダメなんだ」と思わせたら

志望動機は勝ちが確定します。

 

 

「でもそれが難しい。。。」

 

 

ですよね。

 

そこで今回は

2つの文章構成を教えます。

 

迷っているのであれば

参考にしてもらえればと思います。

 

 

①3つを併せ持つパターン

 

これは書籍でも紹介していますね。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

○○という点

○○という点

○○という点

この3点を併せ持つのは貴社だけ

だから貴社を志望します

貴社で入社後に成し遂げたい事

そのように考えた理由

入社後にどのような社会人生活をして

自分と貴社はどのような状態に変化するか

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

このパターンです。

 

ココでのポイントは

自分が共感し差別化できるポイントを

3つ並べてしまう事です。

 

「これが理由で・・・」

 

冷静に考えて

1つの理由だけで

差別化を図るってキツくないですか?

 

コンビニを例に挙げますが

 

セブンイレブン

ファミリーマート

ローソン

 

これらを1つの特徴だけで

差別化することができますか?

 

 

僕には無理です。

全部同じに感じます。

 

 

直営スタッフ

フランチャイズスタッフ

 

そこら辺の情報を

複数挙げれば差別化できそうですが

 

プライベートブランド

 

こんなことを言っても

3社とも保持してるので

差別化になりません。

 

併せ持つ作戦

 

意外と理にかなっているので

困っている人は活用すると良いです。

 

 

②成し遂げるにはココだけパターン

 

これは王道ですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

貴社に入社して成し遂げたい事

その理由を簡潔に書く

関連する自分のエピソード

関連エピソードの現状と課題(業界)

現状と課題に対する自分の考え

どのようにしたら課題が変わるか(意見)

そのためには貴社に属することが必須

入社後にどのように活躍していくか提示

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

この流れですね。

 

志望動機・自己PR・ガクチカ

 

全てに共通して

抑えてほしいポイントは

 

 

一貫性・辻褄が合う

 

 

この2つです。

 

読み進めていく中で

「なるほどね」「そういうことか」と

受け手を納得させる必要があります。

 

この型に当てはめれば

とりあえず一貫性は生まれます。

 

ESを添削すると

エピソード内容は素晴らしいけど

流れるように読めない文章が多々あります。

 

キッカケが抜けていたり

取り組んだ理由が抜けていることで

一貫性の欠如を生んでいます。

 

まずあなたがやるべきことは

アピールではなく違和感なく読ませること

 

「これはどうして思ったの?」

 

という疑問が生まれず

読み進めるごとに納得する文章を

作成していくことです。

 

多くの就活生は

アピールが弱いのではなく

そもそも読みづらすぎて「伝わらない」

という壁に跳ね返されています。

 

もっと簡単に考えると

読んでさえもらえれば高確率で

選考通過の連絡が届きます。

 

 

 

あなたは今

文章構成の型を知れましたね。

 

知れただけではダメです。

 

 

最終的には実践をして下さい。

 

 

実践を重ねるだけで

あなたの文章は変わります。

 

今まで「中学生の作文」状態の人が

2週間実践するだけでビジネス文章に

変化を遂げています

 

まずは実践です。

実践無くして成果は生まれません。

 

今すぐPCかスマホに手を預けて

10分だけでいいので書いてみましょう。

 

一緒に納得できる内定を掴みましょう。

 

まとめ

落ちる文章を知ろう

企業理念はNG

転職サイトと株主総会資料の活用

自分の書きやすい型を見つけよう

実践を重ねて書類選考をラクに

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございました

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です