相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

自己分析する理由ってなんだ?実は気づいていない強みがある。本質理解と自己理解

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんばんは、賢太です

 

今日は少しだけ重たい話です。

 

どのように生きたいか

自分はいったい何者なのか

どんな将来を築いていきたいか

 

 

このような感じで

自分を考えるのに使うのが‘‘自己分析‘‘

 

 

あなたは何となくで

自己分析してませんか?

 

とりあえず

強みを見つけるために

自己分析していませんか?

 

 

もちろん大事です。

就活をする上で必須です。

自分の強みを知らないと話にもなりません。

 

 

ただ!

 

 

それだけだと

社会人になった後に

苦労して後悔する運命を辿りますが

大丈夫ですか?

 

内定をゴールにしたいですか?

 

内定を最終ゴールにして

就職後に苦しむ社会人と

同じレールを歩みたいですか?

 

 

イヤですよね。

僕もイヤです。

 

 

今回は

対策話は無いですが

自己分析の本質を話します。

 

気持ちを重くせず

気軽にご覧いただければと思います。

 

 

自己分析の本質論

 

自己分析をする理由

 

僕なりに考えたんですが

自己分析をする理由は3つあると思います。

 

①就活のため

②社会を知るため

③自分自身を知るため

 

就活をしていくなかでは

上記が自己分析する理由です。

 

少しだけ

具体的にしますね。

 

 

①就活のため

 

そもそも自己分析をすると

やらなければいけないことが

あふれ出てくるはずなんです。

 

「将来こうなっていたい」

 

これがあったら

その将来像に近づくために

計画を立てる必要がでてきます。

 

就活の流れを確認して

 

ここらへんでOB訪問かな

会社説明会はこのあたりで

エントリーシートはいつまでに

 

こんな感じで

目指す将来場が見えてるなら

無理やりでもスケジュールを組みます。

 

 

勘とノリだけで

如何にかなるものではないと思うので。。

 

 

目指す将来像がある人は

残りは突き進むだけなのでラクです。

 

ただ現実的に考えて

すぐに目指す将来像は決まりませんよね。

 

大学生活を普通に過ごして

目指す将来像が明確だったら逆に怖いです。

 

見つからないのが普通です。

 

これは前回もお伝えした通り

見つかっていたら奇跡に近いです。

 

なので

 

最初は知ることから始めましょう。

 

そこで必要なのが。。。

 

 

 

②社会を知るため

 

企業.仕事.働く

 

これらについて

深く知る必要があります。

 

どんな仕事が存在するのか

どんな企業がこの世に存在するのか

 

今は便利な時代なので

人とネットを使い知ることができます。

 

 

そもそもお金というのは

どのように生み出されているのか

 

 

これも知る必要があります。

 

綺麗事とかではなく

お金は絶対に必要です。

 

この世の中には

 

個人で活動をしたり

企業の1人として働いたり

経営の立場で活動している人

 

様々な人間が存在します。

 

今はネットが発達してるので

ある程度、お金の流れも見えます。

 

職業別に

仕事内容や給与を

細かくあぶり出してるサイトもあります。

 

個人で活動してる人は

少しわかりづらいので会ったりするのも

全然アリだと思います。

 

自分の理想に近い情報を

あらゆる媒体を使い収集してください。

 

 

周りが。。

家族が。。

 

 

とかではなく

自分自身の将来のために

情報を収集してほしいです。

 

情報収集を重ねると

今の自分に足りない部分が見えてきます。

 

このスキルが無い。。

この知識と技能が必要かも。。

 

足りないものを

徹底的にあぶり出してください。

 

足りないものが見えたら

足りないものを補う選択をすればいいです。

 

 

ただ・・・

 

 

足りないモノだけ見えても

中々動き出すのは難しいですよね。。

 

そこで必要なのが

 

 

③自分自身を知るため

 

結局、最終的に

自分の特徴を理解していないと

行動にも踏み切れないと思います。

 

 

企業に伝えたいことがあっても

何を題材に伝えたらいいかわからない。。

わからん。全然わからん。

一度、自分を見つめなおそう。

 

 

この就職活動の期間は

これまでの人生で一番自分と向き合う期間。

 

自分でも引くくらい悩むと思います。

 

悩んでください。

悩まないのは逆に危険です。

悩んで自分の将来と格闘してください。

 

悩み抜いて

 

 

「自分は○○な人間」

 

 

このように

自信を持って言える状態にしてほしいです。

 

面接選考では

わりと頻繁に下記の質問があります。

 

 

「あなたはどんな人ですか?」

 

 

この質問の意図としては

当然ながら会社は自社のイメージに合う

人材を採用したいと考えています。

 

企業が採用したいのは

当然ですが成果を出す人材です

 

成果を出すために

抜きんでた能力を大事なんですが

 

それ以上に

考え方や価値観が会うことが重要です。

 

企業の場合

仕事は個人ではなく組織で行うので

組織で力を発揮できる人材を求めています。

 

考え方と価値観のマッチングですね。

 

就活を終えた先輩が

口癖のように自己分析と連呼するのは

これらの現実が要因です。

 

うん。。。重要ですね~~

 

 

自己分析をした後の変化

 

あなたはこれまでの人生で

多くのことを‘‘当たり前‘‘と思って暮らし

行動してきたと思います。

 

自己分析では

この当たり前が

 

強みなのかな?

これは弱みなのかもしれない

 

このように

当たり前だったことを

自分の実感値として落とし込む機会です。

 

 

これは想像しやすい例として

‘‘日本の良さ‘‘について考えると良いです。

 

僕たちの中では

当たり前だと感じていることが

海外からの観光客からは発見になっています。

 

・水道の水が飲める

・夜中に平気で出歩ける

・電車が時間通りに来る

 

日本人なら

当たり前だと感じていることが

海外の方から見たら発見になっています。

 

これは人も同じです。

 

あなたが当たり前にとる行動は

周囲の人間からは当たり前ではありません。

 

その感覚の違いが

強みの発見になったりします。

 

自分の当たり前としてる行動を

書き起こすと新たな発見が生まれます。

 

是非やってみて下さい。

 

 

そして!

 

 

自己分析を重ねていると

ある変化がアナタに訪れます。

 

それは

何も考えず生活してた時に比べ

考え方や価値観が変化してきます

 

これは良い傾向です。

 

過去の自分の当たり前だったことの

‘‘解釈‘‘の仕方が変化したんだと思います。

 

多くの情報と人に触れ

進化してる過程なんだと思います。

 

失恋した時は苦しかったけど

いつしか良い思い出と感じてきた。。

 

これは解釈の変化により

物事の捉え方が変わった証です。

 

間違いなく良い傾向です。

問題ないのでプラスに捉えて下さい。

 

 

「Why」「to do」「to be」

 

ここでは少しだけ

自己分析の方法についてふれます。

 

まず「Why」をベースに

過去のエピソードを洗い出してほしいです。

 

保育園.幼稚園小学校時代

中学生時代.高校生時代.大学生時代

 

それぞれの時期で区切り

印象に残るエピソードを書き出してください。

 

これは

良いエピソード悪いエピソード

どちらでも構いません。

 

印象に残ってればOKです。

このときに重要なのが「Why」の視点です。

 

エピソードに対して

 

「なぜ、始めたのか?」

「なぜ、継続をしたのか?」

「なぜ、印象に残っていたのか」

 

この「なぜ」を深堀すると

自分の行動の原点が見えてきます。

 

特に小学生の時の

印象に残っているエピソードは

自分の大切にしている価値観

眠っている可能性が高いです。

 

 

少し僕の価値観を例に挙げます。

 

価値観と言えるほどじゃないですが

僕が学校教育にある‘‘社会‘‘を好きになり

歴史.政治.経済という分野に興味が出たのは

小学1年生のエピソードがきっかけです。

 

僕は5歳上の兄がいますが

5歳も離れてると勝負事は基本負けます

 

 

スポーツは負けます

スマブラも負けます

ポケモンも負けます

遊戯王カードも負けます

 

 

そんななかで

唯一勝てるモノが

‘‘桃太郎電鉄‘‘というゲームです。

 

 

 

超簡単に話すと

日本やアメリカを題材にした

人生ゲームの強化版ゲームです。

 

北海道が移動しちゃうゲームです(笑)

 

人生ゲームなので

多くの運要素を占めるゲームです。

 

他は実力差があるけど

運要素が占めるゲームだけは勝てました。

 

これがキッカケで

日本を題材にしてることもあり

日本の地理を小学1年生の頃から

インプットし始めました。

 

そして、ある時に気づいたのが

記憶力だけは他の人より良いことでした。

 

それに気づき

記憶力だけでどうにかなる

社会.漢字.英単語のテスト達だけは

わりと余裕に乗り越えてました。

 

その経緯もあり

覚えたらどうにかなる系は得意になり

応用が必要な理数系はボロボロになる。

 

僕の数学人生は

中学1年生の証明問題で崩壊しました(笑)

二等辺三角形に殺意が湧きました。

 

それまでは計算問題も得意だったのに

証明問題と出会い数学全体が嫌いになりました。

 

そして堕落していきました。。。

 

こんな感じです。

 

きっかけは些細なことでも

Why」を辿れば強みや価値観が

ふんわりですが見えてきます。

 

 

とはいっても

下記のような悩みも生まれるはずです。

 

「自分に合う仕事がわからない」

 

僕も過去に

この現象と出会ったので

ツラい気持ちはわかります。

 

そんな時は

下記を意識してほしいです。

 

 

「to doではなくto beで考える」

 

 

to do・・・なりたい

 

野球選手になりたい

司法会計士になりたい

 

○○になりたい

 

これで考えるのは悪い事ではありません。

 

でもこれを追求すると

視野が狭くなり事故る可能性が高いです

 

これで事故らないのは

10年以上意志がブレなかった人だけなので

僕と似た部類の人は事故ります。

 

事故りたくない人は下記がオススメです。

 

to be・・・どうなりたいか

 

・どんな社会人になりたいか

・どんな大人になっていたいか

・逆にどんな人間にはなりたくないか

 

プラス面もマイナス面も使い

想像を膨らませると良いと思います。

 

ここで1つ

迷ってほしくないので言っておきます。

 

 

自己分析に正解は存在しません。

走り出せる準備ができればOKです。

 

 

これだけは頭に入れて

自分を分析してみて下さい。

 

 

本心をついた強みを見つける方法

 

ここまで

自己分析/強みと話しましたが

僕も色んな悩み相談を受けています。

 

特に一番多い相談が

 

自分の強みがわかりません。。

 

という相談です。

 

僕もこの落とし穴に

ハマった経験があります。

 

ただ

色々話を聞いてると

強みにならない原因がわかりました。

 

 

その原因は・・

 

自分の強みは

自分自身で確信しないと強みにならない

 

 

という事実です。

 

あなたに強みが無いわけではありません。

 

なんとなく

フワフワした強みはあるけど

アピールできるほどの自信は無くて

確信をもって「強みだ」と言えない。。

 

そんな感じだと思います。

 

得意な強みと言えるほど

実績がないから強みとして伝えられない

 

こんな感じだと思います。

 

自己分析は

フワフワとしていた強みを

確信に変えるための作業だと思います。

 

フワフワな強みが確信に変わったら

自分に自信が出て表現もできるはずです。

 

 

そして!

 

 

最後になりますが

タイプ別に強みを作る方法を教えます。

 

 

・なんでも器用にこなせるタイプ

 

 

この部類は

優等生に分類されるんですが

全部70点くらいなので案外キツイです。

 

能力は高いんですが

便利屋さんで終わるケースが多いです。

 

大企業の歯車的な感じですね。。。

 

そういうタイプの人は

意図的に強みを取捨選択して絞るか

ジェネラリストの道を試みてください。

 

強みは見つけているので

強みを絞り込んだほうがいいです。

 

もしくは

 

全部80点以上を狙ってください、

 

 

・何にもないと感じているタイプ

 

 

そんな人は

確信を持っていないだけだと思うので

人に聞くのは1つの策です。

 

ただ

 

強みから探すと

周りと変に比較して

また確信が持てないゾーンに逆戻りするので

弱みから考えると良いです。

 

弱みだったら

周りと比べて平均値を下回ってると感じれば

弱みになるのでわかりやすいです。

 

 

そのように弱みを出し

該当しなかったものが強み候補です。

 

 

これは恋愛や食事でも一緒なはずです。

 

好みのタイプ

好きな食べ物

 

このように聞かれたら

迷ってありきたりな回答になりがちだけど

 

嫌いなタイプ

嫌いな食べ物

 

このように聞かれたら

さっきまでの迷いが嘘のように

ボロボロ愚痴のように出るはずです。

 

 

 

マイナス面から考えましょう。

そしてマイナスの裏側を探りましょう。

 

 

意外と簡単に

自分の強みが見つかったりします。

 

マイナスから探る

 

意外と効果的なので

実践してみると良いです。

 

まとめ

自己分析は自分のために

自己分析は悩んでOK

考え方や価値観が変わるのもOK

過去のエピソードはWhyから

to doではなくto beで考えよう

強みは確信になれば表現できる

マイナスの裏側に強み発見

 

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございます

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です