相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

過去の経験値は通用しない。ゴミ。早期転職者が溢れるこの時代。就活も勝ち抜き社会人でも勝ち抜く人間とは何者?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんばんは、賢太です

 

あなたはどのようにして

就活に取り組んでいますか?

 

 

興味がある業界に絞ってる人

まだ自分がわからず動いてる人

 

 

各々の状況で

動き始めていると思います。

 

 

「なんかこの人凄い

「この人たちと選考するのか。。」

「私って全然ダメじゃん

 

 

周りを比較して

深く落ち込んでしまうかもしれません。

 

比較するな!

 

・・・なんてことは言いません。

 

あれだけ大勢の人が

一斉に動き出しているんですから

比較するなというほうが無理な話です。

 

 

1次選考が

グループ面接だった場合

経験値の違いで自分がクズに見える。。

 

そんなこともあるかもしれません。

 

周りの同期が

少しずつ選考進んでるのに自分は。。。

 

そんなこともあるかもしれません。

 

 

 

ここでアナタに比べてほしいのは

圧倒的に行動してる人の行動力です。

 

比較することで

自分の行動基準を上げる

 

これができたら

今後の就活は安泰に近づきます。

 

ただ!

 

グループ面接等で

他の学生の実績と比べたり

周りの同期の選考は気にしないでください。

 

気にしたところで

アナタに良い見返りが来ることはありません。

 

 

落ち込む

自信を失う

 

 

この2択しか生まれません。

 

経験の違い

実績の違い

 

選考を進めれば進めるほど

自分が劣ってそうな部分ばかりが

目に入り気になるかもしれません。

 

 

そんなあなたに朗報です!

 

 

学生時代の経験.スキル

 

基本的に

就活でも社会でも

役に立たないので安心してください。

 

 

ゼミの実績。。。どうでもいいです

インターン。。。どうでもいいです

バイトの実績。。どうでもいいです

部活動の実績。。どうでもいいです

 

 

どうせ殆ど

役に立つことはありません。

 

こんな感じに書くと

アナタの経験を否定してる感じですが

そういうわけではないんです。

 

あなたの学生時代の経験は

唯一無二で誇って良いモノです。

 

これからも誇ってください。

 

僕がアナタに

一番伝えたいことは・・・

 

 

学生時代の実績.経験で

大きく差がつくことなんて無いのが事実

 

 

エピソードだけ聞くと

凄そうに見えるかもしれませんが

社会人の目線から話を聞いていくと

 

全部同じ感じです。

どんぐりの背比べ状態です。

 

 

ゼミ長経験者のほうが仕事ができる

 

そんなデータはどこにも存在しません。

 

部活で全国優勝したから仕事ができる

 

そんなデータもどこにも存在しません。

 

 

アナタは

気にしてるかもしれません。

 

しかし!

 

評価をしている採用担当者は

そんな上っ面な部分を見てません。

 

もっと重要視するモノがあります。

 

 

ポテンシャル

 

 

さてこのポテンシャルですが

採用担当はどこを見て判断してるのか

 

今日はポテンシャルを

徹底解明していきます。

 

 

ポテンシャル理論

 

学生視点と社会人視点

 

まず僕が気になったこと。。

なぜ学生が実績を比較してしまうのか。。

 

これは過去の僕も含めですが

なんで実績の有無が気になるんでしょうか

 

これについて

僕も色々考えたんですが。。

 

たぶんこれが答えです。

 

 

周りの人間と優劣して

判断できるモノが実績しかないから

 

 

これではないでしょうか?

 

これは

過去を振り返ると

意外と見えてきます。

 

 

小中学生の時の凄い人.モテる人

 

これは大体下記ですよね。

 

・ルックスが良い

・とりあえず足が速い

・運動ができちゃう系

・テストの点数が良い

 

小学生なんてこんな感じですよね。

 

 

高校生の時の凄い人.モテる人

 

・とにかくルックスが良い

・人気の部活動で実績も良い

・なんか真摯で優しくて自信家

・ルックスが良い前提での学力がある

 

たぶん高校生ってこんな感じですよね。

 

高校生になると

どれかだけが良いというよりも

○○と○○の2つを兼ね備えている人が

重宝化されるイメージがありますね(笑)

 

高校生で面白いのは

実績の凄さ以上に圧倒的ルックスが

評価されるということです。

 

実際にあった出来事として

フェンシングで全国2位の人間より

県大会出場レベルのサッカー部のほうが

何だかんだモテるし誇らしく見える。。

 

という事です(笑)

 

高校はTHEルックス社会です。

 

そして・・・

 

大学生の時の凄い人.モテる人

 

ここでもルックスは健在です。

 

・ルックスが良い

・突出した経済力

・リーダー的存在の人

・盛り上げ上手な人

 

社会人が近づいてることもあり

少しずつ経済力が見え隠れしてきますよね。

 

かなり雑に書きましたが

アナタはこんな評価制度な社会

ここまで生活してきたと思います。

 

こんな感じで育ったら

自分の見えてる範囲で

実績が良い人が凄く見えるのは当然です。

 

そして。。学生と社会人の中間地点

 

 

就職活動

 

 

あなたは

今までの感性から

実績を評価するはずです。

 

しかし!

 

社会人が求めるのは

そんな部分ではない現実。。。

 

これで大多数が事故ります。

僕も事故ったその一人です。

 

実際に就活で求められる部分

社会人になる上で求められる部分

 

それはポテンシャルなのに

学生は勘違いして事故り続ける。。。

 

 

アナタは事故りたいですか?

 

僕の就活当初と同じ運命を辿りたいですか?

 

 

イヤですよね。

ならポテンシャルを知りましょう。

 

 

ポテンシャルの高い人

 

ポテンシャル・・潜在能力

 

こんな言われ方をしますね。

 

潜在能力?

 

これだけ言われて

アナタは想像できますか?

 

想像できるなら良いですが

想像できないなら続きをご覧ください。

 

 

ポテンシャルの高い人

これは僕の中で3つ存在します。

 

 

①自己分析力がある人

 

これはいわゆる

自分のことを客観的にも

理解できてる人のことです。

 

これのポイントは

客観的な自分を理解している点です。

 

自分が思う強みというより

周りがアナタに対して感じる強みを

自分自身とリンクさせていることです。

 

よくあるのが

自分は強みだと思っていたのに

受け手は強みと感じず事故ることです。

 

ポテンシャルというのは

あなた基準ではなく受け手基準です。

 

ポテンシャルを感じさせるには

必ず客観的視点が必要になります。

 

 

②常に考え行動する人

 

これは別名で

‘‘地頭力がある人‘‘です。

 

目的や目標を

自分を分析したうえで考え

明確な数字を出し実行する人

 

少し文章で説明しづらいですが

頭の回転が速く問題が現れても

臨機応変に対応できる人

 

そんな人は

ポテンシャルを感じさせます。

 

 

③失敗から反省し学ぶ人

 

人間誰しも不完全です。

 

成功と失敗を繰り返し

ここまで人生を歩んできたはずです。

 

成功1割.失敗9割

 

こんな感じですね。

 

これは全員が同じです。

 

その中でも

 

失敗を放置し続ける人

失敗を反省し成功につなげる努力をする

 

この2パターンに分かれます。

 

ポテンシャルを感じる人は

もちろん後者の人間を言います。

 

誰かのせいにして投げ出すのではなく

全ての事柄を自分事として捉える感性

 

こんな人達が

ポテンシャルを感じさせます。

 

ただ読んでいて思ったはずです。

 

 

「たぶん自分該当してない。。」

「理解はしたけど今さらじゃない。。」

 

 

僕も書きながら

同じ感想を抱きました(笑)

 

ポテンシャルって

今さら感すごいですよね。。

 

それでも

社会で求められるのは

ポテンシャルなんですよね。。

 

急にポテンシャルと言われても

そんなもん自分には存在しない。。

 

そう思うかもしれません。

 

 

しかし!そうでもないんです!

 

 

あなたは

ポテンシャルの表現を知らないだけです。

 

 

ポテンシャルの判断材料

 

ES.面接で

企業がポテンシャルを感じる

判断基準は超簡単です。

 

 

問題解決

 

 

これがキーポイントです。

 

仕事というのは

問題だらけの世界です。

 

小さい大きいはありますが

毎日のように問題が発生しています。

 

それらを解決するごとに

給料が加算されていると言っても

過言ではありません。

 

あなたのポテンシャルは

あなたの問題解決で試されています。

 

ではその問題解決は

どの場面で評価されるんでしょうか?

 

それはアナタもご存知

 

 

・自己PR

・学生時代に力を入れたこと

 

 

この王道項目です。

 

この時に多くの学生は

実績の大きさに注力してしまうんですが

そんなのは必要ないんです。

 

実績の大きさ関係なく

問題が解決されてればいいんです。

 

問題解決してる文章?

 

それは

あなたも知る下記の構成です。

 

 

①結論

②キッカケ

③エピソード

④問題発生

⑤改善点提示

⑥結果.成果

⑦学びや変化

 

 

この構成は

文を読んでもらうための構成ですが

問題解決を表現する構成でもあります。

 

あなたは別に

問題解決したことが無い人間ではありません。

 

問題解決を感じさせる

正しい表現を知らなかっただけです。

 

就活生はエピソードを重視しますが

重要なのはエピソードに至った考え方です。

 

 

あなたがどのような

考え方の持ち主なのか?

 

あなたがどのような考えで

問題にぶち当たりロジックを組んだのか?

 

 

これだけです。

 

これが重要です。

 

 

文学部就活生
文学部就活生
そうなんですね。。では問題解決のエピソードってどんなのを選べばいいんですか?

 

 

そうですよね。

 

問題解決に適するエピソード

それを最後に説明していきます。

 

 

ポテンシャルのエピソード

 

これに関しては

今までのデータを基に

明確な答えがあります。

 

 

思い入れのあるエピソード

 

 

これです。

 

実績の大きさとか

本当にどうでもいいです。

 

自分の中で感情が揺らぐ

思い入れのあるエピソードにしてください。

 

ここでたまにあるのが

大学生時代の中で考える人がいますが

その固定概念も捨てていいです。

 

小学生のエピソードは

流石に避けたほうがいいですが

それ以降のエピソードならOKです。

 

中学生時代.高校生時代

 

思い入れが強いなら

迷わずこちらを採用してください。

 

もちろん大学生時代のエピソードが

一番思い入れがあるなら良いですが

何も無いならわざわざ使わなくて良いです。

 

そんなエピソードを使っても

最終選考に近づくにつれてボロが出ます

 

 

思い入れが無い

話が続かなくなる

・・・・・・・

面接選考終了

不採用の連絡

 

 

この流れで終わりを迎えます。

 

実績どうこうよりも

自分の思い入れを重視してください。

 

 

 

そして1つポイントを加えるなら

営業職や販売職など数字にシビアな

職種を志望しているのであれば・・

 

 

エピソードに数字を絡めて下さい。

 

 

数字は絶対的な力を持ちます。

 

昨年⇒2018年

 

これだけでも

受け手側の印象は変わります。

 

実績をガン無視して

ポテンシャルを生み出す問題解決で

内定を手繰り寄せていきましょう。

 

 

最後に・・・

 

 

これはあくまで

就職活動までです。

 

学生期間までは

実績もスキルも必要ありません。

 

ただ!

 

社会人になったら

スキルも実績も必要になります。

 

ダラダラ社会人をしてたら

終電ギリギリ不潔抜け殻クズになります。

 

社会人になってからは

完全に実績スキル社会になります。

 

社会人になったら

シフト変換が必要になることを

頭の片隅に置いといてください。

 

まとめ

実績は気にするな

どんぐりの背比べ状態だから

ポテンシャルは問題解決

問題解決は構成で変わる

実績は考えず

思い入れのあるエピソード

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございました

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です