相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

“平均点人間脱却”常識になれば簡単に行動できる。だから平均点人間が量産される。平均点人間を脱却し20%の社会強者を歩む道

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

2019年が始まって1ヶ月

わりとあっと言う間に立ちましたね。。

 

個人的な感想ですが

社会人になってから時間の早さを感じます。

 

 

 

1日は24時間

 

時間は平等なはずなのに

なぜか早く感じるんですよね。。。

 

高校の頃は

毎日「時間経つの遅くない?」と嘆きながら

テニスの練習をしてたのを思い出します。

 

この現象

 

一説によると

「ジャネーノ法則」というモノで

歳を重ねると1年が短く感じられることが

心理学的に解明されているそうです。

 

 

50歳が感じる10年間は2年間

10歳が感じる10年間は10年間

 

 

このように

心理学的に言われてるらしいです。

 

そして「時間が早い」と感じるのは

現在進行形で生活している時ではなく

過去を振り返った時に「あっという間だった」

 

こんな感じになるらしいです。

 

改めて思います。

 

綺麗ごとですけど

 

 

1日1日を大切に生きる

時間を長く楽しむために充実を作る

 

 

物思いにふけりながら

くだらないボヤキをする立春

 

 

本題に入ります

 

 

常識を制した者が勝つ

 

 

 

これが今回のテーマです。

 

実は最近

人間の習性で気づいたことがあります。

 

・わからないモノは恐怖

・常識になれば何でもできる

・当たり前とされていればできる

 

このように思ったのです。

 

 

例)お化け屋敷

 

暗くて周りが見えないから

あの空間が怖くて恐怖心が出るけど

明かりが灯っていれば怖くない

 

例)信号

 

車が大量に並んでいても

「青信号は進んでOK.赤信号は止まれ」

このような常識があるから

 

怖がらず平然と横断歩道を渡れる。

 

こんな感じだと思います。

 

全部常識になっていたり

当たり前と定義されていれば

怖がらず突き進むことが出来てますよね。

 

 

つまり・・・

 

 

就活強者の常識を身に付ければ

就活強者の考えや行動が当たり前になり

気づいたら志望企業内定が出ている。

 

エリート社会人の常識を身に付ければ

エリート社会人の考えや行動が当たり前になり

気づいたら成果が表れている。

 

 

これが可能なんです。

 

 

 

 

常識ではなく

特殊な行動をしてると感じるから

行動に踏み切れない状況にある

 

なら

 

特殊ではなく

「それが普通だよね」という感覚を

身に付けて行きましょう。

 

今回大事なのは

‘‘常識レベルをどこに置くか‘‘です。

 

世間一般の常識が悪いわけではありません。

 

アナタの常識が

 

 

・目指す場所の常識になっているか

 

 

これが大事なんです。

 

勝手に作られた平均点の常識を

いつまでも信じていたら平均点人間です。

 

あなたは今

 

平均点ではなく

結果を出す2割の強者に挑戦しています。

 

この挑戦は

一般常識的に考えたらおかしな行動です。

 

でもそれで良いんです。

 

アナタは

 

マジョリティーではなく

マイノリティーに突き進んでる段階です。

 

その調子です。

 

そのままの調子で

マイノリティーロードに乗りましょう。

 

今回は

あなたのマイノリティーロードを手助けする

強者の常識をお届けします。

 

 

・就活強者の常識

・成果を出す社会人の常識

・年収1000万以上の人間の常識

 

 

全3点セットです。

 

 

平均点人間から強者に変身

 

 

 

常識ならラク

 

常識・・・

一般的に常識と言われると

一般人が当たり前に思ってることですよね。

 

・赤信号は止まれ

・人を殺したら犯罪

・帰宅したら手を洗う

 

全部当たり前の常識です。

 

親から教育を受けて

常識は作られました。

 

常識になれば

その行動に対して不思議にも思わず

無意識に動いてると思います。

 

そして!

 

数々の危険を回避して

今こうやって生きられてると思います。

 

常識というのは

無意識に行動する活力になり

無意識に危険回避も出来ます。

 

 

自然とできる

 

 

常識は最強です。

 

当然ながら

育った地域によって

常識は異なってきます。

 

 

例)フィリピン

 

フィリピン人の公用語は

フィリピン語と英語です。

 

しかし

 

日常生活で使うのは

基本的にフィリピン語らしいです。

 

これを聞いた時

僕はふと感じました。

 

「だったら英語いらなくね?」

 

普通に考えたら

このように思いませんか?

 

でもフィリピン人は言います。

 

「これが普通だからね」

 

フィリピンでは小さい頃から

英語が公用語という理由を基に教育され

気づいたら話せるようになるらしいです。

 

最近では

日本に出稼ぎに来ることが常識になり

日本語を覚えるのも普通になってるらしいです。

 

 

 

例)東京と福岡

 

僕は福岡に実家があった関係で

18歳まで定期的に旅行に行ってました。

 

当然、友達も

お土産が貰えるのが当たり前と考え

僕に問いかけてくるわけです。

 

「お土産期待してるよ!」

 

その言葉を胸に

福岡に帰省して旅行を楽しみます。

 

そして東京に帰る日

 

福岡空港について

お土産を買うために物産展に並び

 

・博多通りもん

・銘菓ひよ子

 

この2つを調達します。

 

王道のお土産なので

間違いないと思って部活に行きます。

 

そしてお土産オープン

 

博多通りもん・・・「流石わかってるね。」

 

しかし!

 

銘菓ひよ子・・・「これ東京にもあるよね?」

 

こんな言われよう。

当時の僕は知らなかったんです。

東京にもひよ子があることを・・・

 

これは完全に僕の情報不足であり

僕の福岡土産の常識がイカレていたんです。

 

常識って怖い

知らないって怖い

 

 

 

例)大阪.広島.その他

 

これはお好み焼きです。

 

広島県民の大多数は

麺と卵が乗っているお好み焼きを

お好み焼きと呼びます。

 

そして関西にあるお好み焼きを

関西風お好み焼きと総称します。

 

逆に

 

大阪府民は

シンプルな奴をお好み焼きと呼び

麺と卵入りのお好み焼きを広島風と呼ぶ。

 

その他にも

 

福岡は醤油が甘い

愛知は全体的に味が濃い

 

それが文化であり常識です。

 

常識が違うだけで

身体に与える影響も変わり

捉え方も変わります。

 

つくづく思います。

 

人間は自分の常識によって

大半の行動と成果が変わってくる

 

 

 

 

就活強者の常識

 

就活を通して

志望企業内定を勝ち取る人は

常識値が似ています。

 

同じような常識を持ち

何も不思議に思わず行動して

平然と内定を勝ち取っていきます。

 

その常識とは?

 

・アクション数が多い

・ポジティブに考える

・終わった選考はその日に反省して忘れる

・メンタル維持の戦略がある

・社会人を知っている

 

この5つです。

 

アクション数については

やっぱり圧倒的に違います。

 

アクションというのは

エントリー数や書類提出数.面接数

これら全部です。

 

いくら5社7社と内定を取っていても

裏側には倍以上の企業選考に落選してる

事実があります。

 

ポジティブに関しても

アナタの想像している通りです。

 

何でも自分に都合よく考え

ネガティブな人では落ち込む場所でも

‘‘のびしろ‘‘と考えて次に進みます。

 

そして終わった選考は

次に選考が控えてようといまいと

その日に反省して次の日に忘れています。

 

僕が見てきた就活生で

‘‘アーカイブ機能‘‘を使ってる人がいました。

 

そのメモに反省を記録して

記録が終わったらアーカイブする

 

選考通過していたら

選考前日に見返して思い出す。

 

選考落選したらそのまま

 

このように工夫していました。

 

メンタル維持の戦略は

「とりあえず内定を取りメンタル優先」

このように取り組んでいた人もいました。

 

僕は思います。

 

完全に割り切って

選考が少ない企業を受け内定を勝ち取り

メンタルを整えて本腰を入れていく

 

このやり方は良いと思います。

 

目的がメンタル維持なので

その内定でメンタルが緩和するならアリです。

 

その変わり・・・

 

安心材料として持ち

行動を継続することが前提ではありますが。。

 

社会人の常識は

電話の応対や書類の包み方ですね。

 

知らない番号に出ないのは良いですが

検索して分かったら即折り返し電話する。

 

とりあえず書類と言われるモノは

とりあえずクリアファイルに入れる。

 

今はESもWeb提出が多くなってますが

それでも紙のESを提出する場合は鉄則です。

 

当たり前のようなことですが

当たり前の常識を当たり前にできる人が

最終的に成果を上げていきます。

 

 

 

 

成果を出す社会人の常識

 

これは簡単です。

 

成果の出てる人の考え方や行動を

素直に受け入れてTTPMできる人です。

 

TTPM?

 

徹底的にパクって磨く

 

これに関しては

下記の記事をご覧ください↓↓

 

結果を出す人間のTTPM

 

 

 

年収1000万円以上の人間の常識

 

これも簡単です。

 

 

言い訳せず行動して

ちょっと失敗したくらいじゃ諦めない

 

短期的では無く長期的に考える

 

お金持ちの近くにいる

 

 

超綺麗事ですが

多分これが正解に近いです。

 

いきなり収入が上がるはずないです。

 

もちろん3ヶ月~6ヶ月くらい

しっかりと取り組んだら収入は上がりますが

 

3日後に収入が倍になるとかは無いです。

 

そんなの幻想です。

夢物語の見過ぎです。

 

今は自由気ままに生活してる人も

それ相応の挫折と経験を経ています。

 

1日で変わるんだったら苦労しません。

 

あの人たちは

血を吐くような努力をして

今の地位を確立しているので

 

短期的に考えず長期的に努力を怠らない

 

この常識で考えていると思います。

 

 

 

常識を体内に内蔵する

 

常識を手にしたら

残りは体内に取り込むだけですね。

 

取り込む方法は

 

 

常識を確信に変える

 

 

これだけになるんですが

これには注意点があります。

 

※注意点)絶対に違和感がある

 

今まで取り入れてなかった常識は

100%違和感が発生します。

 

これは以前お伝えした

コンフォートゾーンですね。

 

絶対に違和感はあります。

 

その時

弱い意見ではなく強い意見を採用してください。

 

この強い弱いというのは

多数派意見.少数派意見というわけではなく

 

 

自分の目指す理想像に対して

可能性が高い意見を選択することです。

 

 

いくら意見が多くても

自分の理想とかけ離れてる意見は無視です。

 

採用する意見が違うと

下記のような構図になります。

 

0.99の365乗=0.03

1.01の365乗=37.8

 

もしこれが政治家だったら

弱い意見を尊重したほうが得票数が伸びるので

弱い多数派の意見を採用してもいいですが

 

特に政治家を目指してなければ

長いモノに巻かれるのではなく

強い意見を採用して尊重してください。

 

そして。。やっぱり行動です。

 

意見はあくまで意見です。

1つの客観的な意見に過ぎません。

 

人間それぞれ特性が異なるので

自分に落とし込んだデータが必要です。

 

 

データを取ってる時

 

 

失敗するかもしれません。

でもそれは安心してください。

 

多少失敗したところで死にはしません。

 

死なない失敗であれば

最終的に成果を出せば失敗をもみ消せます

 

 

 

名言でもありますね。

 

 

成功するまでやめなければ失敗ではない

 

 

超綺麗ごとですが

やっぱり諦めないって大事です。

 

データという経験を作り

昨日よりも明日良ければ良いという考えで

 

馴染まない常識を

確信に変えていきましょう。

 

小さな成長や成果を作るだけで

不思議と確信に変えることが出来ます。

 

小さな成果を出し

 

「この常識あってるわ」

 

という状態を

作り出し走り抜けて下さい。

 

 

昨日ダメだったなら

今日頑張ればいいだけです。

 

今日ダメだったら

明日頑張ればいいだけです。

 

 

いきなり3段飛ばしで

駆け上がらなくていいんです。

 

1歩ずつ踏みしめて進みましょう。

 

 

まとめ

 

常識なら無意識に行動できる

目指す理想像の常識を知る

初めての常識は100%違和感

弱い意見ではなく強い意見の採用

あくまで客観的意見だから自分に落とし込む

ふわふわした常識を確信に変える

常識を信じて走り切る

 

 

以上です。

 

少し綺麗事が多かったですが

綺麗事って憎たらしいほど確信をついてます。

 

そんな綺麗事を

当たり前に実行するのが

2割のマイノリティーたちです。

 

平均点人間になりたければ

全て世間の常識に合わせて下さい。

 

それでも抜け出したい人は

強い意見を採用していきましょう。

 

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございました

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です