相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

どんな世界でも必要な能力。自分のメンタルを自由自在に操ることが勝利につながる。メンヘラ脱却コントロール術

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
こんばんは、賢太です

 

今日のテーマは、、、

 

メンタルコントロール

 

 

 

アナタは日頃

どのようにメンタルを

コントロールしてますか?

 

終わった出来事は

クヨクヨせず切り替えられていますか?

 

それとも・・・

 

挫折を引きずり続け

ネガティブに入り閉じこもってますか?

 

 

行動しないと結果はついてこない

何もやらないと後悔し続ける運命

 

 

難しい葛藤に襲われますよね。

 

このように言ってますが

僕も挫折続きの人生なので

何回もメンタルが崩壊しました

 

そのたびに葛藤を続け

どうにか復活して今があります。

 

今回は完全オリジナル

僕の経験を基にメンタルコントロールを

あなたに伝授していきます。

 

 

メンタルコントロール

 

深い傷を負い解決策不明期

 

今まで

身近の人にすら言ってなかった

過去を語ります。

 

実は引地!

 

小学5年生~中学2年生の4年間

「引地」という苗字が大嫌いでした。

 

小学生4年生までは

活発的に野球やドッチボールをして

楽しく遊んでいた引地少年。

 

しかし

事件が発生します。

 

「ヒキチ」という苗字を

いじってくる人間が現れたのです。

 

ニックネームを付ける

 

こういう感じだったら

全く問題なかったんです。

 

しかし。。

 

小学生特有の自我の目覚めによる

下ネタをもじったイジリだったんです

 

今考えればくだらないです。

 

ひきち〇こ

ひきち〇げ

 

当時の僕にはキツすぎました

 

「自分に原因絶対ないだろ!」

「なんで3文字目が‘‘‘‘なんだよ!」

 

このような葛藤が続いたんです。

 

この頃の経験で

人を嫌いになることもありました。

 

これの難点として

体型とかでイジられたんだったら

対処は効いたはずです。

 

しかし。。原因は苗字です。

 

どうしようもできません。

 

当時の僕は

このようにすら考えてました。

 

「なんで母親は父親と結婚したんだよ!」

「せめて婿として嫁いでろよ!」

 

このように思っていました。

なぜなら母親の旧姓が藤本だったからです。

 

もう僕は

何が何だか分からなくなりました

 

そして

もっと仇になった点があります。

 

それは省かれなかったことです。

 

本当のイジメだったら

仲間外れにされたりしますよね。

 

ただ違ったんです。

普段から休み時間に遊んでた人間が

イジリ程度の気持ちで言ってきてたんです。

 

そして遊んでる時は

楽しんでる自分がいたんです。

 

だから余計

どうすればいいかわからなくなりました。

 

省かれたほうが

ラクだったんじゃないかとすら思います。

 

ただ負けたくないので

学校に登校し続けました。

 

こんな学生時代を歩んできました。

 

 

メンタルの重要性に気づいた日

 

僕は小学生の頃から

テニスをやってきました。

 

中学生まで

僕はひたすら体力をつけ

技術を身に付けることに集中しました。

 

そしていざ試合!

 

練習で出来てたことが出来ない。。

好不調の波が激しく自分がわからない。

 

勝てる時もあれば負ける時もある。

この前は勝てたのに調子を崩したら負ける。

 

それでも

何が解決策かわからず

ひたすら練習して技術を身に付ける。

 

でも試合では

好不調の波がある。。。

 

同じテニスクラブに通い

自分より技術的には劣る友達が

大会で勝ち進むようになる。

 

こんな現象があったんです。

 

 

部活動を経験した方なら

きっと共感するんじゃないでしょうか?

 

 

僕はこの時!

 

初めてメンタルの重要性に気づいたんです。

 

「技術だけじゃダメなんだ。。」

「心も鍛える必要があるんだ。。」

 

ただ鍛え方がわからない

ポジティブになる考え方がわからない

 

またわからないの罠にハマりました。。

 

 

一人じゃない。救ってくれた人達

 

高校入学時!

 

もちろん

学力面でも悩みましたが

 

中学校の近隣高校に通うと

また言われるんじゃないか・・・・

そんなトラウマがありました。

 

そう思った僕は

 

硬式テニスが強い公立高校

同じ中学校から進学者が少ない学校

 

こんな感じで

入試先を決めて進学しました。

 

そして入学!

 

僕は高校に入学して

人をまた好きになれました。

 

入学2日目!

 

隣の席に座ってたYちゃんが

僕の人生を変える一言を掛けてくれたんです。

 

 

「ヒキチって言いづらいよね。

 今日からヒッキーって呼ぶね。」

 

 

兄のあだ名がヒッキーだったので

こんな一言と思われるかもしれませんが

当時の僕は涙が出るほど嬉しかったです。

 

その後はあだ名が浸透し

クラス替えをしても皆が呼んでくれて

人に対する恐怖心が消えていったのです。

 

環境が変わって良かった

手を差し伸べてくれる人はいるんだ

 

ここで

今までネガティブな感情ばかりだったのに

少しだけポジティブな感情が生まれました。

 

人間は怖い生物です。

しかし味方にもなってくれます。

 

自分を大切にしてくれてる人を

これからも大切にしていきましょう!

 

 

コントロールを身に付けた感情

 

色々な挫折を経験し就職活動です。

 

この流れ的に

ポジティブ思考で進めば良いんですが

そう簡単に上手くいきませんでした。。

 

プロフィールにも記載した通り

選考を受けても落ちてを繰り返し

また人間を嫌いになりました。。

 

「俺は必要とされてないんだ

「やっぱり自分はダメなんだ

 

ネガティブモードに入りました。

 

就活の良い部分でもあり

悪い部分でもあるんですが

 

就活の場合

 

書類選考

一次面接

役員面接

最終面接

 

3回.4回突破したとしても

最終面接で落ちてしまったら

 

 

落ちた

 

 

という事実だけが残るんです。

 

ポジティブに考えれば

 

最終面接までイケたじゃん!成長

 

このように考えられるんですが

どうしても落ちた事実があるので

切り替えるに切り替えられないんです。

 

 

アナタも

もしかしたら同じ感じではないですか?

 

 

もし同じなら

安心してほしいです。

 

その道は

志望企業内定を勝ち取ってきた先輩が

経験してきた王道ルートです。

 

 

 

これは別に

就活に限った話でもないです。

仕事でも同じだと思います。

 

発注ミスをした

商談で契約が決まらなかった

単純なミスをした

 

誰でも失敗はしますし

大きさは違えど挫折しています。

 

問題は此処からです。

その失敗をどう活かすかです。

 

 

失敗をどう活かすか

メンタルをどう立て直すか

 

 

これですよね。

コレさえできれば再度行動が出来て

良い結果も付いてくるんです。

 

まず・・切り替える方法

 

これは3つあります。

 

 

①ポジティブな感情を思い出す

②ネガティブな感情をバネにする

③視界からネガティブな出来事を消す

 

 

①②に関しては王道ですね。

 

1つの出来事の部分で

自分に都合の良い部分だけ切り取り

プラスに考えていく

 

ネガティブな経験を基に

 

「アイツらを見返してやる

「最後に勝つのは絶対自分だ

 

こんな感じで

感情を奮い立たせ行動することです。

 

全て重要ですが

ココでのポイントは③です。

 

 

切り替えたい事象の記憶に関する

モノ・データは全て捨てて下さい。

 

 

就活の場合は

落ちた企業のリクルートサイトや資料は

迷わず捨てて下さい。

 

関連するモノが

少しでも視線に入ってくるだけで

イヤな記憶を思い出し

 

切り替えが出来ない引き金になります。

 

実際の経験談ですが

博報堂の最終面接で落ちた時

10秒も経たずゴミ箱に

 

デザインがいい感じの

パンフレットをぶん投げて捨てました(笑)

 

捨てたことで

スッキリした自分がいました。

 

「落としたことを一生後悔させてやる

 

その感情を

ゴミ箱に投げ捨て気分はスッキリです(笑)

 

その後は18卒の学生が

博報堂に内定を取り現役で活躍してるので

イヤな気分は完全にスッキリです。

 

読んだらわかる通り

実は粘着気質な部分もあります(笑)

 

そんな僕でも切り替えられたので

終わったモノを捨てるのはオススメです!

 

 

楽観主義になれた心得

 

これは2つの心得を伝授します。

 

自分に都合よく物事を変換せよ

②いくら希望通りでも未来はわからない

 

この2つです。

 

個人的な考えですが

切り替えられるのであれば

全て都合よく記憶を書き換えましょう。

 

僕は未だに考えます。

 

もし苗字でイジられてなかったら・・

もしニックネームがなかったら・・・

もし就活で挫折を経験しなかったら・・

もし博報堂に内定を貰っていたら・・

 

苗字でイジられなかったら

ここまで反骨精神を持って頑張れなかった

 

ニックネームを付けてくれてなかったら

本当に落ちこぼれニートだったもしれない

 

就活で挫折を経験しなかったら

今こうして発信していることは絶対ない

 

博報堂に入社してたら

周りの目を気にしながら生活して

本当の自分を出せなかったかもしれない

 

 

ネガティブの経験も

ポジティブな経験も

 

 

今こうして発信することで

勇気を与えたりキッカケを作ることが

出来ているかもしれない。

 

そう思うと

イヤな思い出も無駄じゃなかったと

感じられるんです。

 

 

今は苦しいかもしれない。

落ちて落ち込むことがあるかもしれない。

 

 

でも、内定を手にして

企業で楽しく活躍できてれば

あの時、挫折して良かったと感じれます。

 

 

今の結果ではなく

将来的に充実度を高めるために

今できる行動をしていきましょう。

 

とことん付き合います!

 

まとめ

ネガティブな経験を踏み台

ポジティブな感情を大切に

自分に都合よく記憶を書き換え

イヤな記憶に関するデータは捨てて

今行動できる環境を整え

挫折すら美談にできるように進む

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございました

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です