相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

どうしても最終面接に落ちてしまう人に実践してほしい最終面接の乗り越え方。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

集団面接や二次面接は通るけど、
最終面接だけは通過する気配がしない、、

そんな人は多いんじゃないかと思います。

 

僕の場合は、
面接全般が苦手だったので

一次面接も二次面接も
役員面接も最終面接も

全て満遍なく落ちまくりました。

 

最終面接まできて落とされると
今までの努力が無駄になった気がして
メンタルがやられ酷く落ち込みます。

そんな経験は
何度もしたくないですよね?

 

そこで今回は、
最終面接を突破するための
ノウハウを徹底解説しよう思います。

一次面接や二次面接との違いを
しっかり理解し、内定を勝ち取りましょう!

 

最終面接でやるべきこと

 

最終面接のポイント

 

まず初めに、1次や2次の面接と
決定的に異なることは面接官ですね。

最終までの面接官は企業の社員、
すなわち、雇われる側の人間です。

 

僕の大好きな漫画で、

「世の中には2種類の人間しかいない。
使う側の人間と、使われる側の人間だ。」

という名セリフがありますが、

このセリフの意味を理解することは
最終面接を突破するためにも重要になります。

 

雇う側の人間、、
すなわち人を使う側の人間が最終面接官。

雇われる側の人間、
すなわち人に使われる側の人間が
1次や2次の面接官になるということです。

 

この違いは、最終面接での
アピール方法に大きく関わってきます。

 

例えば1次面接での評価基準は
基本的に「一緒に働きたいか」でした。

現場の社員なんだから当たり前ですよね。

ぶっちゃけ雇われる側の人間は
その人が会社の利益を出せそうかとか、
能力が高そうかとか、どうでもいいんです。

なぜなら、仮にあなたが利益を出しても
自分の給与が上がるわけではないですからね。

 

言い方は悪いですが、
所詮、面接官も人間なので
自分に一番メリットが出るように
人を判断しがちです。

なので、利益とかではなくて、
人柄重視で採用選考を通過させています。

いわば学校みたいなもんです。

「おもしろい人間か」
「従順な部下になってくれそうか」

本音としては、こんなところで判断します。

 

一方、最終面接は違います。

最終面接の面接官は
会社の経営をする雇う側の人間なので、
面接での価値基準がそもそも異なるのです。

 

将来的に利益をもたらしてくれそうな人間か?
すぐ辞められては困るが辞めない人間か?
ウチの会社に合って、貢献してくれる人間か?

 

そんなところを重点的に見ています。

従って、
今までの面接とは全く趣向が異なるのです。

今まで以上に意欲とか、
会社に合うかどうかとか、
将来伸びそうかどうかとか、

そういうところで判断されます。

 

あなたが社長だったら、
どんな人を雇いたいですか?

雇う側の気持ちを考えることが
最終面接を突破するスタートです。

 

最終面接で内定を貰うための方法

 

では、具体的に
最終面接を突破するための方法を
書いていきたいと思います。

 

①雑談力を鍛えよう

特に、最終面接ほど雑談は重要です。

なぜなら、会社の経営者は
別に人を雇うプロではないからです。

すなわち、面接慣れしていないのです。

 

あなたも面接をする側の
立場になればわかると思いますが、
面接って結構難しいです。

何を質問すればいいか
わからなくなってしまいます。

これは、会社の経営者としても同じです。

経営者ほど
面接の質問を考えるのに困ったりします。

 

逆に1次とか2次は
面接慣れしてる人が面接するケースが多いです。

特に人事部長なんて
役員より遥かに面接がうまいです。

だって、それが仕事ですから当たり前ですよね。

 

それに比べて役員は、面接に慣れていません。

 

役員は最終面接に残った人しか面接しないので
単純に、1次2次面接を担当する面接官に比べて
圧倒的に面接応対してる数が少ないですからね。

 

では、そんなときに
どうすれば目の前の学生の本性が
わかるかなあ・・・と考えるわけです。

すると、役員たちは
どうしようもない雑談からは入るのです。

 

1次2次で利用する定型的な質問というのは
就活生のあなたも答える準備をしていますよね。

準備しているものというのは
言うなれば、本音が見えづらいとも言えます。

そのため、最終面接の役員は
雑談を使ってあなたの本性を見ようします。

 

では、問題となるのが
どうやって雑談対策をするかですが、、

父親と雑談するのとなんら変わりません。

 

是非、あなたも素を出しましょう。

最終面接で雑談を振られると
わかっているだけで心構えできますからね。

 

②逆質問を用意しよう

最終面接ほど逆質問の時間が多いです。

もちろん最終面接なので
「会社に納得して入社してもらいたい」
という観点もありますが、

質問する側の役員も
何を質問していいかわからないからです。

その結果、
最終面接ほど逆質問の時間が長いです。

 

逆質問は、その学生が

・本当に会社について調べているか
・本当に入社する意欲があるかどうか

を確認するための作業です。

なので、しっかり企業研究をして、
経営者に聞きたい質問を
最低5つは考えておくようにしましょう。

 

因みに僕の経験上だと、
「社員時代に苦労した経験」
「社員の時に習慣にしていたこと」
を聞いてみると、ベラベラ話してくれます。

自分の父親くらいの世代は
仕事の相談をされるなど、
普段の生活では聞き役ばかりなので、

自分の辛かった話だったり
自分の武勇伝を話せる機会がなく、

自分の話をしたい!欲求が溜まっています。

 

よく年老いた政治家や社長ほど
キャバクラやホステスに通うのも
自分の話をしたい欲求を満たすためです。

あとは、単純な下心もあるでしょうけどね。

つまり、

その欲求を満たしてあげることで
あなたの印象は格段に良くなるはずです。

 

③熱意と意欲を伝えよう

なんだかんだで最後は熱意です。

最終面接では
優秀でも熱意が感じられないと落ちます。

 

最終面接を担当するのが
役員であるという話はしましたが、
役員というのは会社の経営者です。

すなわち、コストを誰よりも意識します。

 

じゃあ、コストを意識して
人を採用するときに気になる点は
一体、なんなのかというと、、

この学生は会社を辞めないかどうかです。

 

会社に貢献してくれそうかどうかも
勿論ですが、

それ以上に会社を辞めないかどうかを
役員は気にします。

何故なら、せっかく雇った新入社員に
辞められることは、最もコストだからです。

 

採用にも教育にも、
採用というのは何かとコストがかかります。

例えば大企業の新卒採用の場合
平均1人あたり200万円ほどの費用を掛けます。

さらに新入社員は約3年間、
企業からの教育(研修)を受けます。

3年くらい経たないと
新入社員は企業に価値をもたらす人間に
ならないと言われいるからです。

その新人教育コストは、
大体3年間で1500万ほど掛かります。

 

ここまでの数字を計算すると、

社員を採用して、その社員が
一人前に育つのに
合計で1700万円ほど掛かります。

 

1次や2次面接に出てくる従業員は
そんなの気にしないかもしれませんが、

経営者からすると1700万円って超大金です。

入社してすぐ辞められる分には
その後の教育費が掛からないので良いですが

入社4年目の4月に辞められでもしたら
1700万円をドブに捨てたようなもんです。

 

なので、

最終面接に出てくる経営者は
絶対に辞めないであろうと判断したときに
内定を出して、採用していきます。

そのときに「コイツは辞めないだろうな…」
と判断する基準になるのが、

学生の熱意であり意欲なのです。

 

従って、熱意と意欲を
最終面接官に伝えるのは最重要事項です。

 

熱意と意欲を伝える方法

 

ここまでの話は何となくわかったけど、
結局のところ、
熱意と意欲はどうやって伝えればいいの?

というと、、、

 

徹底的に企業研究して、
その企業の問題点を炙り出し、
売上を伸ばす方策まで提案することで
あなたの熱意と意欲は伝わります。

 

僕が1ヶ月で
5社内定をもらったときは、

お世話になっていた先輩から、
「プレゼンするつもりでやれ」
というふうにアドバイスされたので、

見よう見まねで
企業の問題点と売上を伸ばす方法について
スライドを作ってプレゼンしたりしました。

 

ここまでやる学生なんてまずいないので
ほぼ間違いなく熱意と意欲は伝わります。

まあ、ここまでやらずとも
経営陣に聞きたい逆質問を多く用意して、
第1志望アピールをしておけば
十分に伝わるとは思いますが、

就活にルールは無いので、
それくらいのことをやってもいいわけです。

 

熱意と意欲の伝え方は
あなたの企業研究と質問力に掛かっています。

 

というより、

本当に行きたい企業だったら
自然と調べて質問も出てくるはずです。

「本気で第一志望の企業に入社したい」

それが最終面接突破の近道かもしれませんね。

 

以上が、簡単ではありますが、
最終面接突破方法についてです。

最終面接まで行くということは、
現場の従業員の皆さんが
あなたの実力を認めているということです。

 

あなたの能力は申し分ないのです。
最終面接にきた自分を誇って良いです。
最終面接まで辿り着く実力の持ち主です。

 

あとは最終面接官である役員に
いかに入社したい熱意と意欲を伝えるかです。

最終面接まで進んだ、
あなたなら必ず出来ます。

ぜひ、最終面接を突破して
納得内定を勝ち取りましょう!

 

まとめ


最終面接は面接官が基本的に役員なので

今までの面接と評価基準が異なり
雇う側の気持ちを考えることが必要不可欠

役員は面接慣れしていないので
雑談を使ってあなたの本性を暴きたがる

雑談力を鍛えよう

経営者に聞きたい逆質問を
最低5つは用意しておくとベスト

質問の内容は
面接官の「自分の話をしたい!」
という欲求を満たすものだと効果的

とにかく採用にはコストが掛かるので
あなたが入社して辞めないかが基準になる

そのために必要なのが、熱意であり意欲

徹底的に企業研究して
その企業の問題点を炙り出し
売り上げを伸ばす方策まで提案することで
あなたの熱意と意欲は伝わる

就活にルールは無いので
企業の問題点と売り上げを伸ばす方法を
スライドにまとめてプレゼンするのもアリ

最終面接まで辿り着いた自分を誇り
思い切り自分の思いをぶつけよう

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 一流の就活人生論 , 2021 All Rights Reserved.