相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

なぜ会話に自信がある人でも一次面接に落ちてしまうのか?一次面接で落ちる特徴と対策。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

周りは最終面接に辿り着けているのに、
なぜ自分だけ一次面接に通らないんだろう…

過去の僕は
周りの友達に圧倒的遅れを取り
面接でボロボロになった就活生でした。

 

あなたはどうですか?
一次面接を攻略できていますか?

 

もし攻略できておらず
落ち続けてしまっているのであれば、
落ちている理由は簡単です。

あなたが一次面接の実態を理解しておらず
過去の落ち続けた僕と同じように、
一次面接官の立場を考えていないからです。

 

どのような人物が
一次面接を担当するのか?

そして一次面接では
どこが評価ポイントになっているのか?

 

そこさえ理解すれば
新卒の就活の一次面接は
高確率で通過することが可能です。

 

新卒の一次面接は、非常に単純です。

 

正直、自己分析も必要ないし
大きな実績や資格も一切必要ありません。

新卒就活の一次面接に限っては

「この人と一緒に働きたいか」
「この人を上司に紹介できるか」

この2つが評価ポイントになっています。

 

新卒の就活の一次面接は恵まれています。

 

なぜなら、

スキルなんて何も見られず、
若さという武器だけで
ポテンシャル採用されますからね。

 

そこで今回は
一次面接が個人面接の場合に絞って
一次面接の特徴について解説していきます。

 

因みに、集団面接も
大枠の特徴は同じようなもんです。

 

一次面接を徹底解説

 

1次面接の特徴

 

1次面接では、
面接官は入社3年目くらいの若手社員か、
人事部が担当する可能性が非常に高いです。

 

なんで若手か人事部が
出てくるかという理由はわかりますよね。

1次面接では、

「社会人として大丈夫か」
「上司に紹介できる人間か」
「現場で一緒に働けそうな人か」
「コミュニケーションを難なく取れそうか」

このあたりが見られています。

 

要約すれば、
社員が「一緒に働きたい!」
と思える人が1次面接を通過するのです。

 

ということは、、、

あなたがその会社の若手社員だったとして

「どんな人が面接に来たら
 自分と一緒に働きたいか」

を考えて面接に挑むことが大事なのです。

 

では具体的に
1次面接では何を見られているのか
僕と一緒に見て、確認しておきましょう。

 

1次面接で見られているポイント

 

見た目、顔つき
コミュニケーション力

この3つを中心に見られています。

 

①見た目

えっ⁉︎と思うかもしれませんが、
間違いなく最も重要なのはこれです。

社会に出ても
見た目というのは最も大切です。

 

では、具体的に
見た目ってなんなの?って話ですが、

1次面接で見られている見た目は
「身だしなみ、姿勢、目線、顔つき」
などの物凄く基本的なところです。

しかし、これが思いのほか
多くの就活生ができていません。

 

身だしなみに関して

ネクタイ曲がってるとか
寝草があるとかは論外なんですが、

例えば、「姿勢」なんかは
意外と気づいていない人が多いです。

座り方ひとつで
最初の印象は決まってしまいます。

しかし、面接される側なのに
やたら偉そうに座る学生が一定数います。

 

あとは「目線」も重要ですね。

オドオドして
面接官の目を見て話せないのはNGです。

自分では気づいていない人も多いので、
誰かと目を合わせて話す練習をすると良いです。

 

②顔つき

顔つきに関しては、
個人的には一番重要だと感じています。

正直、「顔つき」で
その人がしっかり受け答えできそうか
どうかは決まります。

 

例えばプロ野球選手なんかは
めっちゃいい顔つきしていますよね。

大谷選手なんかは
とても20代には見えない顔つきですよね。

ああいうところです。

何かに一生懸命取り組んでいる人、
本当にその会社に入社したい人などは
顔つきを見ればわかるものなのです。

 

社名は出せませんが某大手企業では、

「入室したときの顔つきだけで
 合格か不合格か決める。」

という面接評価基準もあるみたいです。

 

それくらい顔つきというのは重要なのです。

 

因みに、この「顔つき」は
顔がカッコいいとか可愛いとか
そういう意味での顔つきではないです。

文章では伝えづらいんですが
凛としてるというか自信があるというか、
顔つきの良い人は逞しいです。

 

③コミュニケーション力

これは、聞き飽きたよ!
と思われるかもしれませんが、

当たり前ですが、めちゃめちゃ重要です。

 

僕が実際に会社員のとき、
リクルーターとして就活生と会って
模擬面接をしたときに感じたのですが

コミュ力云々の前に
聞かれたことに応えない人が非常に多いです。

 

例えば、聞かれてもないのに
自己PRとかを話し始める人がいました。

 

面接官「あなたの所属していたサークルを教えてください」

→「はい!私は学生団体にて代表を務め、リーダーシップを発揮してまいりました!!」

 

みたいな感じの人です。
これでは質問に応えていないですよね。

 

普通に、、

フットサルサークルに所属していました。

みたいな感じで良いんですよね。

 

他にも、、

 

面接官「アルバイトはしていましたか?」

→「はい!私はバイトリーダーを務め、店の売上を30%あげました!」

 

みたいな人も多いです。
これも質問に応えていないですよね。

 

これも普通に、、

はい。カフェでアルバイトをしていました。

みたいな感じで良いんですよね。

 

多くの人は面接だからといって
アピールしようと意識しすぎています。

 

アピールしたい気持ちは
僕も就活生だったので痛いほどわかりますが、

人は必要以上にアピールされると
鬱陶しすぎて引いてしまうのです。

恋愛も押し引きが大事って言われますよね。

それと感覚的には同じですね。

 

 

面接といえど会話なんですから
聞かれたことに応えればいいのです。

なんら難しいことはありません。

 

アピールをする前に
面接官と「会話」することが大事です。

本当に大事なので、もう一度お伝えします。

アピールをする前に
面接官と「会話」することが大事です。

 

面接官から、、

「具体的にどのような活動をされましたか?」

みたいな質問をされたら、
そのときに初めてアピールすれば良いのです。

 

面接官の話を聞き
面接官の質問に対して答える

 

当たり前すぎるかもしれませんが
多くの人が出来ていない事項でもあります。

友達と会話する感覚だと
あまりにもフランクすぎるので

部活動の2個上の先輩だと思って
面接官と会話すると、ちょうど良いはずです。

 

1次面接に落ちる理由

 

ここまで
1次面接の特徴を見てきましたが、

これだけ読めば
なぜあなたが1次面接で落とされるか
何となくわかったのではないでしょうか?

 

1次選考の面接官は
あなたの同じ年くらいの若手社員です。

もしくは人事部です。

 

なので、

最終面接のように
「将来的に利益をもたらしてくれそうか」
というレベルの高い基準で見ているのではなく

「一緒に働きたいか」

これだけを見ているのです。

いかにして若手社員なり人事部の人に
「一緒に働きたい!」
と思ってもらえるかが最大の勝負なのです。

 

見た目を正し、顔つきは凛として、
明るく笑顔で聞かれたことに応えれば
必然的に1次面接の通過率は上がります。

 

1次面接で落ちるということは、

あなたにそれができていないから…
という理由で落ちている確率が高いです。

もしくは、

仮にコミュ力に問題がなかったとしても、
働く覚悟がなさそうだったり
会社への熱意が足りなくても落ちてしまいます。

 

なので、志望動機と自己PRで
しっかり働く熱意を伝えるのも大事です。

 

また、最後に逆質問するのはマスト事項です。

 

逆質問がなかったら
意欲が無いと思われて落とされます。

「逆質問がなかったら落とす」

という評価基準を設けている企業もあるので、
必ず逆質問をするようにしましょう。

 

一次面接に関しては

面接という場の空気に慣れておらず
緊張して普段通りに話せなくなってしまい
評価を落とされている人も多いので、

志望度の低い企業にエントリーして
面接の場数を増やして「面接に慣れる」
という戦略で立ち向かうと良いですね。

 

あなたの選考通過率が上がり
納得内定をもらえることを祈っています。

 

まとめ


一次面接の面接官は

入社3年目の若手か人事部が殆ど

自分と一緒に働きたいか
で採用不採用を決めている

一次面接で見られているポイントは
見た目、顔つき、コミュニケーション力

聞かれたことに応えずに
落とされてしまっている就活生が続出中

アピールをする前に
面接官と「会話」することが大事

しっかり会話するために
まずは面接の場数を増やして
面接の空気そのものに慣れよう

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 一流の就活人生論 , 2021 All Rights Reserved.