相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

「君の自己PRと志望動機ってつまらないよね」と人事から言われないための対策。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

「面接官が自分の話を
 聞いているのかどうかわからない…」

「一生懸命に自分をPRしているのに、
 面接官が上の空…面接も受からないし、
 一体、どうすれば受かるんだろう…」

 

こんなふうに
悩んでいる人もいると思います。

 

厳しいですが、
今回はズバリ言います‼︎

 

なぜ、あなたの話が
面接官に伝わっているかどうか
わからないのかというと、、、

単純にあなたの話がつまらないからです。

 

多くの就活生は、
サークルや、バイトの話をしますが、

その大部分は
どこかで聞いたことがあるような
よくある話です。

話の中に独自性があればいいのですが、
残念ながら多くの就活生の話は凡庸です。

 

要は、つまらないのです。

 

そこで今回は、

数多くの就活生と交流を重ねてきた僕が、
なぜ、大半の就活生の話はつまらないのか?

そして、

なぜ一生懸命練りに練って考えた
自己PRや志望動機がつまらないのか?

その理由と対処法を徹底解説していきます。

 

つまらない面接

 

面接官に伝わらない自己PR

 

まず始めに、

面接でありがちであるあるな
つまらない自己PRの具体例を紹介します。

 

「私の強みは何事も諦めないで最後まで取り組むことです。

大学生時代は学生団体のリーダーを務め、熱心に後輩の指導に取り組んできました。時々しんどいことはありましたが、持ち前の根性で、最後までやり抜くことが出来ました。

この力を是非御社で発揮したいと考えています。」

 

こういう自己PRは
本当によくあるんですが、

客観的に見ても
つまらないと感じてしまいますよね。

 

なぜこうした自己PRが
つまらないと判断されしまうかというと、

とにかく、
エピソードが超抽象的なんですよね。

 

この自己PR例で
面接官がわかることを挙げるとすれば

 

学生団体のリーダーを務めて、
根性があるってことくらいです。

しかも、何の裏づけもない話なので
それが真実かどうかもわかりません。

 

あなたが面接官だったら、
この学生を面接通過させたいと思いますか?

きっと思わないですよね。

 

面接でも、営業でも、プレゼンでも、
個人ブログでもYouTubeでもそうですが、

何事も伝えたいことは
超具体的に話すのが発信のコツです。

面接に限って言えば、
面接官が知りたいことは「あなた」のことです。

是非「あなた」について
面接では具体的に話してください。

 

 

面接官に伝わらない志望動機

 

さて、次は、
面接官に伝わらない志望動機を紹介します。

 

「御社の企業理念に共感したからです。

私は学生時代の飲食店アルバイトの経験から、人の役に立つ仕事がしたいと考えています。

御社の営業職ではそのような仕事ができると考えたからです。」

 

ぱっと見た感じ
薄っぺらいことが分かりますよね。

しかし、こういう人、
めちゃくちゃ多いのが就活の実情です。

 

このような志望動機は
どの会社を志望しても話せてしまいますし
面接前にちょっと会社のHPを確認すれば
すぐに話せるわけです。

 

他には、金融を志望する就活生では

「私は大学で経済学を学んでいました。だからこそ御社を志望します!」

なんて話す就活生も意外と多いです。

 

経済学を学んでいたから
金融志望するって
あまりにも安直すぎる理由ですよね。

これでは、落とされても当然です。

 

とはいえ、

今まで勉強していた成果を出す
大学受験と違って、
就活の面接は初めてづくしが多いですよね。

 

今まで就活するために
何年もかけて勉強したわけでもないし

面接する機会なんて
高校受験や大学受験などの
受験期くらいしかやりませんよね。

 

つまり、初めから出来なくて当然なのです。

 

しかし、

出来ないままでは
面接は通過できないので
いつまで経っても内定がもらえませんよね。

 

じゃあ、どうすれば良いかというと、、

 

 

小さなことを熱く語ろう

 

さて、ここまで、
伝わらない自己PRと志望動機の
具体例を見てきましたが、

問題点は「話が具体的ではない」ことです。

 

では、どうすれば
面接官に伝わる話ができるのかと言えば、
問題点の逆で「具体的に話す」ことですね。

もっと細かく言うと、
「小さなことを熱く語る」
「ディティールを熱く語る」
ということが大事です。

 

このテクニックは
日常会話でも使える対人テクニックです。

例えば恋愛で告白をするときも、

「君のことが好きだ!」

と言うのではなく、

「君の作る味噌汁の味が好きだ。」

とか、

「背が小さくて、可愛くて、
 負けん気の強いところが好きだ。」

と相手のディテールを褒めて
告白したほうが説得力もあるし、
告白の成功確率も上がるわけです。

※元々脈なしだったら告白の成功確率は0

 

それと同様に、

面接でも、とにかく会社なり事業なりの
ディテールを褒めたほうがうまくいくわけです。

 

例えば、出版社の志望動機で、
「本が好きです!」
と主張する就活生も多いですが、

そんなのは出版社を志望するなら当たり前です。

ただし、具体的に1つの本を持ち出して、
「この本のこういうところが好きです!」
と主張すると、一気に説得力が増します。

 

例を挙げるならば、

 

「漫画が好きです!」

 

というよりも、

 

「カムイ伝という漫画が好きです。

特にカムイ伝という漫画の中でも、水無月右近というさすらいの浪人が好きです。

あのような自由気ままな生き方に憧れます。

あの漫画を読んだことで、私の人生観が形成されました。

あれ以来、私は自由に生きるということをモットーにして学生生活を送ることを志し、世界20か国へバックパックをしました…」

 

とか言ったほうが
面接官からしても面白いし、
説得力があるわけです。

同時にその人の人生観もわかるので、
志望動機や自己PRの信憑性も増します。

 

これは自己PRにおいても同じです。

 

「飲食店でレジ打ちのアルバイトをしていました。

レジ打ちのアルバイトでは、接客の重要さと笑顔の大切さを学びました」

 

なんていう自己PRは
超抽象的ですし、何も印象に残りません。

なぜならディテールではなく
大枠を話してしまっているからです。

 

しかし、

接客のバイト内容を細部まで話せば
その印象は180度変わっていきます。

 

「近所のイトーヨーカドーにてレジ打ちのアルバイトをしていました。

この際、効率化のため、レジ袋を取ってから渡すまでの秒数を5秒以内に収めることを目標に仕事をしました。

その結果、毎回のレジ打ちで5秒以内にレジ袋を渡せるよう変化し、業務を効率化させることができました。

このように、私は数値目標を設定し、その目標に向けってPDCAを回すことができます。」

 

と話せば、超具体的に
その人の仕事内容が理解できますよね。

 

すると面接官は、、

「レジ打ちのアルバイトだけで
 ここまで思考が働く人間ならば、
 会社の仕事でも考えて仕事するはず」

と考えるわけです。

 

従って、

日常会話でも面接でも
相手に何かを伝えるときは、

超具体的に
物事の細部までディテールを話し
尚且つ、熱く語ることが大切です。

 

誰が聞いても
同じ映像が思い浮かぶくらい
具体的に話すことが超大事です。

 

例えば、「コンビニ」と聞いたら
人によって想像する映像が違います。

ローソンの青と白?
セブンイレブンの赤と緑?
ファミリーマートの青と緑?

たかがコンビニでも
こんなにイメージする映像が違います。

 

相手がイメージする映像が
あなたが伝えたかったイメージと異なると

あなたが本来アピールしたかったことが
面接官に伝わらないという事故が発生します。

 

それを未然に防ぐために

誰が聞いても
同じ映像が思い浮かぶくらい
具体的に話すこと

が、非常に大切になるのです。

 

 

徹底的に自己分析と企業研究

 

じゃあ、1つのことを
細部まで熱く語るためには
どうすれば良いのかというと、、

徹底的に自己分析をして
自分のことを細部まで知りつくし
企業のことも徹底的に知る必要があります。

 

例えば、

自分のことを深く知っていれば
自分について細部まで語ることが出来ますし、

志望企業の事業概要や製品について
詳しく知っていれば、
詳細な志望動機を話すことができます。

 

逆に言えば、

自分の思考が浅く
相手企業に対する知識が浅い人は
薄っぺらい自己PRと志望動機しか
話せない状況になります。

 

ここでもやはり、
自己分析と企業研究が
大事になってきますね。

では、どうやって
自己分析や企業研究に
取り組んでいけば良いかというと、、

 

これを話すとキリがないので
もし自己分析の方法がわからないなら
下記のURL先を見て実践しましょう。

https://job-investment.hikichikenta.com/category/selfanalysis/

 

全てのスタートは自己分析です。

ぜひ自己分析を進め
超具体的に面接で話せる準備をしましょう。

 

 

まとめ


面接で面接官に「つまらない」

と思われてしまう一番の原因は
話がつまらないから

話がつまらないのは
話が超抽象的だから

超具体的な話
面接官の心を掴む

超具体的に話すには
小さなことを熱く語ることが大事

誰が聞いても
同じ映像が思い浮かぶくらい
具体的に話すこと

具体的に話すためには
自己分析で自分を知りつくし
企業研究で相手を知りつくそう

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 一流の就活人生論 , 2021 All Rights Reserved.