相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

新卒で入社した会社を1年で辞めてしまった僕が教える短期離職をしないための自己分析方法。

引地 賢太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

自己分析…

就活をしていると
このワードを耳にすることが
何度もあるんじゃないかと思います。

 

僕もあなたと同じように
耳タコになるくらい聞きました。

その度に、
徹底的に自己分析をやって
徹底的に企業研究をしたのですが、

 

結果、1年で会社を辞めています。

 

強がっているように
聞こえるかもしれませんが、

僕の場合は、
ネガティブな退職ではありませんし、

退職した後に
他の会社に転職したのではなく、
独立という全く別の道に進んだので
あてにならない点もありますが、

 

とはいえ、

1年で新卒入社した会社を
退職したという事実は変わりません。

 

では、そもそも僕は
なぜ1年で会社を辞めたのでしょうか?

 

その理由とは、

就職情報会社が推奨しているような
世間で言われている自己分析のやり方で
自己分析を真剣にしてしまったからです。

 

世間で言われているようなやり方で
自己分析をしても
自分をわかったような気になっただけで、

・自分は何者なのか
・本当は自分が何をしたいのか、

なんてのは、わかりっこないです。

 

確かに自分史などを活用することは
就活の面接で勝ち抜くためには必要です。

 

ただし、
これからの人生まで考えると
それだけではあまりにも不十分です。

 

そこで今回は、
僕の就活経験、短期離職経験も踏まえて、

本当に就活生がやるべき
自己分析法についてお伝えしたいと思います。

 

人生単位の自己分析法

 

自己分析は無意味?

 

そもそも僕は
就職情報会社が推奨している
自己分析って将来を真剣に考えたら
無駄だと思うんです。

 

だって思いませんか?

 

今までの大学生活で
何も考えてこなかった人間が、
就活になって急に何かに追われるように

「自己分析やらなきゃ!」

なんて思うの意味わからなくないですか?

 

自分史を作成したり
自分は何者か考えたりして

自分のことを探ろうと
自己分析を急にやったとしても、

今まで何も考えてこなかった人が
自分のやりたいことなんて
根本的にわかるわけないんですよね。

 

いくら自分のこと考えたって
自分のことはわかるわけないですし、

そもそも仕事の向き不向きなんて
今の自分じゃ判断できないものです。

 

確かに就活を勝ち抜く上で
過去を振り返って自己分析するのは
めちゃめちゃ大事だし、やるべきことです。

だって、それをしないと
ESも書けないし、面接でも話せないからね。

就活を勝ち抜く上では、
「強みを見つける」
「アピールを見つける
「関連エピソードを探す」
という意味の自己分析は必要です。

 

ただ、それはあくまで
選考を受けるための自己分析であって、
就職後に活用できる自己分析ではありません。

 

なので、就職後のために、
もう1つやるべき自己分析があると思います。

それは、、、

就活という枠組みに囚われず
自分が生きる上で大事にしたいことや
自分が何に向いているかを知ることです。

 

これさえ知っておけば、

仮に企業に勤めるにしろ
僕みたいに1年で会社辞める事態は
防げると思うんですよね。

 

・自分が人生で大事にすること
・会社に入社する上で譲れないこと
・自分に向いていることを見つける

 

それが就職後のあなたに
本当に必要な自己分析です。

では具体的に
何をやれば良いかというと、、、

 

自分が人生に求めるモノを知ろう

 

まずは自分の人生で
大事にすることを把握しましょう。

 

例えばあなたに質問です。

あなたは1年後死ぬとしたら何をしますか?

真剣に考えてみてください。

 

何もしない、寝ている、
ずっとゲーム…
と考える人もいると思いますが

よっぽどそれが好きでないと
そんなのは多分すぐ飽きてしまいます。

 

僕は新卒の会社を辞めて
2週間くらい無職の時期があり
そんな生活を実際にやりましたが、

すぐ飽きて、疲れが溜まりました。

 

なので、

自分が1年後に死ぬと思った時に
自分が何をするか考えて、
思い描いたものを仕事にしましょう。

そして、

その自分のやりたいことが
企業に入ってできることであれば
より一層真剣に就活しましょう。

 

・人を笑わせたい!
・有名になりたい!

と、本気で思っちゃったなら、
その人はお笑いの事務所入ればいいです。

 

つまり、

まずは自分のやりたいことの
延長線上に就職という選択肢があったなら
就活という選択を取ればいいんです。

まずは自分が
就職して働くことが幸せなのか?どうか?

そこから考え始めれば良いのです。

 

就活前提で物事を考えると
偽りで建前上の自己分析になり、
就職後にギャップがありすぎて後悔します。

 

なので、もしあなたが、

・ゆっくり寝てたい!
・やりたいことなんてない!

と思うなら、それはそれで良いです。

 

要は、自分は暇だったら
何をするんだろうなあ〜と考えることが
自己分析の出発点なのです。

 

自分が会社に求めるモノを知ろう

 

さて、

自分が人生に求めるモノを探った結果、
就職するのがベストだったとしましょう。

 

すると、次にあなたは
会社探しを始めると思います。

 

しかし、

同じ業界であれ違う業界であれ、
会社が違えば雰囲気、制度、給与は
180度異なってくるのが現実です。

ですので、

自分のやりたいことを追い求めても、
似た会社がいっぱいあって会社を選べない!
という事態に遭遇することが予想されます。

 

そうなったときに
自分が会社に求めるものが何かわかってないと、

適当に会社を選ぶことになり
後悔することになってしまいます。

 

実際、僕も後悔はしていませんが、
1年で退職したということは
ある意味会社選びには失敗していますからね。

 

因みに僕の例を挙げると、

僕は就活時代、

「〇〇という仕事がしたい!」
「なんなら、ちょっとモテたい!」
「どうせなら有名企業で働きたい!」
「メリハリのある会社に入社したい!」

という発想で就職活動をしていました。

 

その結果、
世間では優良と言われている
大手商社に就職したものの、
わずか1年で退職することになりました。

 

僕は就活のとき、
自分がどうなりたいかとか
全く考えていなかったんですよね。

 

僕の最終目標は
資産を築き上げ、不労所得を構築して
セミリタイアしてのんびり過ごすことです。

この目標だったら、
長く勤めることが前提の
BtoBを顧客とした商社は
向いていなかったのです。

 

結果的に
営業スキルは身につきましたが、
もっと最良な選択があったと思います。

 

最終目標から逆算すると、

僕が会社に求めるべきものは
安定でも給料でも社会的地位でもなく、

資産を構築し、
不労所得を築き上げることができるかどうか、

という点に絞る必要がありました。

 

結果的には、独立して
最終目標に近づけるように
少しずつ動けていますが、

それはあくまで結果論であり、
就職後に軌道修正しまくった結果です。

 

僕のように、
就職してから軌道修正しまくって
目標に近づける方法も確かにありますが、

軌道修正しまくる僕のやり方は
労力も時間も掛かり、ストレスも多いです。

 

僕のようなやり方で
軌道修正しまくるのは、オススメできません。

 

僕の話からも分かるとおり、
自分が会社に求めるものを知ることは
非常に重要な事項になります。

 

会社に求めるものから優先順位

 

さて、

自分が会社に何を求めるのか?

というのは
人によっては大量に案が出てくるはずです。

 

・残業ないほうがいい!
・東証一部上場がいい!
・給料は高いほうがいい!
・やりがいがあったほうがいい!
・福利厚生は充実していてほしい!

 

人間の欲望というのはキリがないものです。

 

そこで大切になるのが
自己分析のやり方ですが、、

(1)働く上で自分が大切だと思うものを5つ書き出します。
やりがい、労働時間、通勤、ステータス、報酬などなど

(2)それぞれについて、ありたい未来の仕事をイメージして5点満点で点数を付けます。ただし、全て5点満点はありえません。5つの合計点数は20点にしてください。
それぞれ5点満点で、全ての項目が5点満点はありえないというのが結構重要です。世の中、自分の要望全てを満たせる会社なんてないですからね。全て満たしたいなら起業して自分で会社のルールを作るしかありません。

上記の方法を実践すると良いです。

 

例えば僕の例を示せば、
僕が働く上で重要だと思っているのは

・給与
・面白さ
・労働時間

・職場の人間関係
・その会社での労働が資産になるか

の5つです。

 

理由はさておき、

それぞれ5点満点で
僕にとってその要素がどれほど重要か
点数をつけてみます。

・給与2点
・面白さ5点
・労働時間3点

・職場の人間関係5点
・その会社での労働が資産になるか5点

合計20点になるようにすると
結果は上記のようになりました。

 

僕は何事においても
面白いかどうかは最重要視するので
面白さの項目が5点です。

これは仕事に絶対求めます。

また、その会社の労働が
自分の資産になるかも譲れないので5点です。

人間関係も劣悪だったら
仕事したくなくなるので5点です。

 

僕は既に15点使用しており、
持ち点が20点だとすれば残り5点しかなく
残りの5点を労働時間と給与に振り分けです。

僕自身、あまり物欲がないですし、
会社以外で自分で稼げば良いと考えるので
優先順位もそこまで高くないので2点。

労働時間も
面白いことなら苦にならず
多少長くても良いので3点です。

 

これは今の僕が、
もう一度就活する場合の点数なので、
就活生の時の僕の点数ではありませんが、

これでどのような会社を選べば
良さそうなのか、なんとなくわかりますよね?

 

給与は大したことなくて
労働時間も長いかもしれないけど、

人間が良くて仕事が面白そうで
スキルが身につく仕事を選べば良いのです。

僕は新卒就活の時はこれとは全く逆で、
労働時間が短く給与は良く会社を選びました。

 

だから失敗したわけです。

 

因みに僕の友人で、

やりがいとか労働時間
人間関係とかどうでもいいから
金と女と社会的地位が欲しいんだ!

と言って外資金融に行った人がいます。

その人は会社に泊まり込んで
トイレで寝るような生活を続けていますが、
月収70万円くらい貰っています。

それでも彼の求めるものは
金と女と社会的地位なので
別に苦ではないわけですね。

 

このように、

自分の中で優先順位の高い項目を
満たせる企業を徹底的に選び抜くことで

入社してからも
それほど違和感を感じずに働くことができます。

 

自分が何を会社に求め
自分の中で優先順位をつける

 

優先順位の高いものが
満たせれば満たせるほど、

あなたは短期離職せず、
着実に自分の理想に近づきます。

 

ぜひ、就職後に後悔ないよう
就職後の自分を考えながら就活しましょう。

 

まとめ


就活を勝ち抜く上で

強みやエピソードを探すのは必要ですが

それだけでは
就職後の自己分析として不十分

まずは就職前提の考えを捨て
自分が人生で求めるものを知ろう

次に自分が会社に求めるものを
徹底的に上げまくろう

その後、求めるものを評価して
仕事に求める優先順位を付けよう

優先順位が高いものの
欲求を満たせれば満たせるほど
少しずつ理想は近づいていく

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。