相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

ブラック企業だけには就職したくない。就活生がこぞって知りたいブラック企業の特徴と見極め方。

引地 賢太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

ブラック企業には入りたくない…
けど、ブラック企業の見分け方がわからない…

こんなことで悩んでいませんか?

 

事実、

ブラック企業に入社した瞬間、
あなたの人生は高確率で詰みます。

 

これは冗談でもなんでもなく、
ブラック企業に入社してしまったせいで
若い大切な時期を棒に振ってしまった人間が
僕の身の周りに大勢いるのです。

 

コピーライターになりたくて
中小広告代理店に入社した僕の友人も、

映画監督になりたくて
映像制作会社に入社した僕の友人も、

激務薄給で1年ほどで会社を辞めております。

 

彼らは夢を追って
給与と福利厚生を考えずに
会社に入社してしまった結果、

会社の奴隷となり、
精神を蝕まれ、短期離職するに至りました。

 

彼らは
入社1年ほどで会社を辞めていますが、

長時間労働により体調を崩し、
人生で最も楽しいと言われている20代を
無為に過ごしてしまっています。

 

こんなことは絶対にあってはいけません。

 

そこで今回は、

彼らのような犠牲者が
1人でも少なくなるように、

ブラック企業を見極めるための
データや数値について解説します。

 

ブラック企業の見極め

 

従業員の退職が目立つ

 

ブラック企業の特徴の1つ目は
従業員の退職が極端に目立つことです。

 

就職四季報を見ると
「3年以内離職率」という
面白い数字が掲載されています。

当たり前ですが、
こちらの数字が高ければ高いほど
ブラックである確率が高くなります。

 

だって辞める人が多いということは
なんらかの問題が
その会社にあるということですからね。

その問題とは、例えば、、、

・給料が安い
・福利厚生ゼロ
・スキルも身に付かない
・長時間労働で残業代支給ゼロ

こんな会社であれば
在職する理由は見当たらないので
社員がすぐに離職してしまうわけです。

 

逆に会社を辞めないということは、
その会社になんらかしらの魅力があったり
引き留め要因があるから会社を辞めないのです。

例えばいくら仕事がきつくとも、
それ相応の報酬が支払われているなら
「会社に留まろうか」という気になるわけです。

 

なので、

ブラック企業を避けるために
まずあなたが見るべきところは、
企業の新卒3年以内の離職率です。

それは就職四季報に記載があります。

 

就職四季報に掲載の無い会社であれば
直接企業に電話して人事部に聞きましょう。

口を濁すようなら、
それまでの会社ということです。

 

また、就職四季報にNR
という記載がある会社は要注意です。

要は離職率を
公表していないということですが、

やましいことがなければ
公表するに決まっているので、

公表しないということは
やましいことがあるということです。

 

この数値を見て判断するだけでも
ブラック企業入社を防ぎやすくなります。

 

なお、就活四季報に関しては
学校のキャリアセンターで借りるか
市民図書館で借りたりすると良いですね。

 

採用人数が多すぎる

 

次に見るべきは、採用人数です。

 

採用人数が多いと
内定が出やすいと思うかもしれませんが、

会社のキャパシティに比べて
明らかに採用人数が多い場合は、

その会社になんかしらの
問題がある可能性が高いです。

 

人がすぐに辞めてしまうから
辞めるのを見越して
多めに採用している可能性があります。

例えば一昔前で言えば、
メガバンクはその傾向がありました。

短期離職する人が多いから、
それを見越して大量に採用するわけです。

 

ということで、

企業規模と比べて
採用人数の多すぎる会社には要注意です。

 

人事がパフォーマーすぎる

 

こちらはITベンチャーの
ブラック企業にありがちです。

 

基本的にこの世の中は、
優しく接してくる人には要注意です。

例えば海外旅行に行ったとき、
気をつけるべきは日本語を流暢に話し、
優しく接してくる外国人です。

東南アジアや南米あたりに行った時、
「トモダチ~」とか言って
接してくる優しそうな現地民がいるのですが、

彼らには要注意人物でしかありません。

 

何故なら、
スリ被害に合う可能性があるからです。

僕は実際に
優しそうな現地民に着いていき
タクシー代をボラれそうになりました(笑)

以上の例のように
縁もゆかりもない人間が
優しく接してくる場合は要注意なのです。

 

これは人事部にも言えることです。

基本的に、
就活生にやたら優しく接してくる人間には
気をつけた方が良いです。

なぜなら自社に人が来てくれず
ヤバイ会社だと悟られたくないから、

就活生に
あの手この手で魅力を伝えようとするのです。

 

なので、人事や社長が優しく、
やたら甘い言葉で誘惑してくればくるほど、
入社後は厳しい現実が待っていると
認識しておいた方がいいですね。

 

もう一度言います。

 

人事がパフォーマンスに走り、
やたら甘い言葉で学生を魅了してくるのは、
自社に魅力がないからに他なりません。

給与や福利厚生、
働き方など会社の根本的な部分に言及せず、

やりがいだの社員仲が良いだの
抽象的な会社の宣伝ばかりしてくる
パフォーマンス人事の言うことは
疑いながら話を聞いた方が良いです。

 

この宣伝方法は
新興宗教とか胡散臭いマルチの勧誘と
非常に似ています。

説明会が独特の気持ち悪い雰囲気で
ハイタッチばかりさせようとして
仲良しアピールしてくるのは危険です。

 

中身の無い話ばかりする人は
中身の無さを隠して
魅力を伝えなければならないので、

自然とパフォーマンスや話術などの
テクニック部分に走る傾向にあります。

・社員仲がいい!
・オフィスが凄く綺麗!
・ウチの会社にはやりがいがある!

など、企業の本質とは関係なく、
具体性の無い話で就活生を魅了してくる
やたら口の上手いパフォーマンス人事部は
まず無条件で怪しいと思って聞いて良いです。

 

 

ライバル会社が多い

 

これはブラック企業を避けるというより
長時間労働の会社を避ける方法なんですが、

ライバル会社が多いということは
薄利多売の競争を強いられるということなので
労働環境も悪くなるケースが多いです。

 

ライバル会社が多いと
はすなわち、社員が頑張って営業して、
売上をあげていかないと
会社が存続できないということになります。

こうなると会社は
社員に長時間労働を強いたり、
過剰なノルマを強いたりするようになります。

 

一方でライバルが少ない市場で
ニッチな商品やサービスを取り扱っていて
営業利益率の高い会社は
非常にホワイトで給料が良いケースが多いです。

 

例えば世界でも有数の
超優良企業のJohnson&Johnsonの営業職は

「有給取り放題」
「勝手に売れるから日中はやることがない」

などと素晴らしい待遇です。

これは、Johnson&Johnsonが
ライバルの少ない市場で
トップシェアを握っているからに他なりません。

 

Johnson&Johnsonは
バンドエイドなどの
消費者向け事業が有名ですが、

実はバンドエイドなどのBtoC事業は
売上のうちわずか17%程度にしか過ぎず、

売上の大半は
BtoBの医療機器事業と
医薬品事業で稼いでいます。

※Johnson&Johnson公式ホームページより

 

すなわち医療機器や医薬品などの
ライバルの少ない市場で
数多くのシェアを握っているので、

営業利益率も高く、社員の給料も高いのです。

 

J&Jの営業利益率は
過去10年平均で18%です。

メーカーでは5%あれば
良いと言われる営業利益率が
これだけ高いのいうのは、

まさにライバルの少ない市場で
異様なほど儲かっているということです。

 

一方で、薄利多売の企業の
営業職などに就いてしまうと悲惨です。

例えば日本のお菓子メーカーは
利益率が悪く競争に晒される企業の営業職は

必死に売り込まなければならないので
非常に厳しい戦いを強いられるわけです。

 

その他にも飲食店とかは
薄利多売のケースが多いですね。

1ヶ月間売上がないだけで
閉店してしまう店舗も結構あります。

 

このように、

ライバルが会社が
多いかどうかを見ておくことも

ホワイト企業を見つけるには重要になります。

 

なので、よくあるケースとして

世間的には全然有名じゃないけど
ニッチな市場でトップシェアを誇っている
隠れ優良企業たるものがあるのです。

 

以上が、ブラック企業を
回避していくための見極め方です。

勿論、

本当にやりたいことがあったり
何かそれ以外の優先事項があるなら、
そちらを最優先に考えたほうが良いですが、

何となくで
就活をやってしまっているなら、

まずはブラック企業を避けるよう
就活を進めていくのも1つの戦略ですね。

 

まとめ


就活四季報で

3年以内の離職率を確認しよう

離職率が高いということは
企業に問題ある可能性がある

企業規模に対する
採用人数多すぎも注意

あまりにも人事が
パフォーマンスばかりして
宗教のような独特な空気を感じたら
注意しよう

ライバルの少ない市場で
トップシェアの企業を見つければ
隠れ優良企業の可能性アリ

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

 

この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。