相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

就職はできるけど、会社選びに失敗して短期離職して時間を無駄にしてしまう就活生の特徴を教えます。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

せっかく入社した会社を
すぐに退職する人が増えています。

事実、僕もぴったり1年で退職し
結果的に独立することになりました。

 

そして、意外にも
会社を短期離職する人は
僕の身の回りにも多いです。

 

無駄に意識高く
希望を持って就活に望んだ結果、
入社してから自分の思い通りにいかず、
精神を病んでしまい離職…というパターンが
非常に多いです。

 

僕が会社を辞めた理由については
前回も話しているので省きますが、

最近になって
短期離職をする人間には
ある共通点があることが見えてきました。

それは人間性も勿論ですが、
就活のやり方である共通点が見られます。

 

そこで今回は、短期離職しがちな
意識高い就活生に共通する特徴を紹介します。

 

短期離職する就活生4選

 

給与や福利厚生を気にしていない

 

デザイナー志望、マスコミ志望
コピーライター志望、プランナー志望

とかに多いのが、このパターンです。

 

いわゆる夢追い人と
言われる人たちのことです。

やりがいが重要だ!
お金よりも夢が重要!
大企業なんかいかねえ!
自分のやりたいことをやるぞ!
俺は周りの普通のやつとは違う!

と、根拠のないことを言い始める人です。

 

就職先は
やりたいことを求めて、
激務薄給の会社に勤め始めます。

 

そんな夢追い人はみんなこう主張します。

「自分だけは大丈夫」
「自分だけは他の人と違う」

面白いほど夢追い人は同じことを言います。

自分だけは大丈夫って、
何か明確な根拠があれば良いですが、
よりによって根拠がないケースが殆どです。

 

事実、コピーライターになりたくて
中小広告代理店に入社した僕の友人も、

映画監督になりたくて
映像制作会社に入社した僕の友人も、

激務薄給で1年ほどで会社を辞めました。

 

彼らは夢を追って
給与と福利厚生を考えずに
会社に入社した結果、
会社の奴隷となり、絶望していきました。

 

勘違いしてほしくないのは、

自分のやりたいことを
追い求めるのが悪いわけではありません。

むしろ、やりたいことがあって
夢や目標に向かうことは素晴らしいことです。

 

僕があなたに伝えたいのは、
好きな仕事をすることを求めるにしても
ある程度の給与水準は必要不可欠ですし、

自分の求める「働き方」
しっかり見つめたほうが良いということです。

 

いくら仕事が好きでも
いくら仕事にやりがいを持てていても
身体や心が壊れたら、元も子もありません。

 

自分の将来設計のためにも
給与や福利厚生面も
真剣に考えていくと良いです。

 

 

得体の知れないベンチャー企業入社

 

やりたいことは特にないし
好きを仕事にしたいことも無いけど、
とりあえずなんか大きい仕事をしたい!

というのが、このタイプです。

 

こういったタイプは
大体考えが薄っぺらいです。

 

どうせ謎の就活支援団体とか、
どっかのベンチャー企業の社長の言うことに
踊らされているだけだと思いますが、

こういった人たちは
自分で考えることができていないのです。

 

・あなたの言う「成長」って何ですか?
・そのベンチャー企業で何をしたいのですか?
・あなたの求めるものは本当に成長なんですか?

 

何も考えず、ベンチャー企業に行けば
成長できる!と考える人は
僕の印象的に、とにかく薄っぺらいです。

 

成長という曖昧な表現をしている間は
ベンチャー企業に行っても後悔するだけです。

 

年収1000万円が欲しい!
とかいう具体的な数値目標を掲げた
野望があったほうがよっぽど健全ですし、
わかりやすいし希望があります。

僕の周りにも
成長したいからベンチャー企業に行く!
と言ってベンチャーに行った人はいますが
みんな早々に辞めてしまいました。

 

なぜなら、その程度の理由で
ベンチャー企業に入る理由がないからです。

ベンチャー企業は薄給、過酷労働です。

将来的に役員になれるとか、
頑張れば年収2000万になれるとか、
そんな明確な夢がないと続かないんです。

 

ただただ、「成長したい!」
という安易な考えでベンチャーに入社しても、
そこに芯がなければ続くはずがありません。

ここでも
決して勘違いしてほしくないのですが、

ベンチャー企業がダメなわけではありません。

 

ベンチャー企業に行くなら
しっかりとした目的と覚悟がないと
間違いなく続かないのは明白なので、

明確な目的があるのであれば、
そのまま突っ走ってほしいです。

 

学生から社会人になる以上、
あなたがどんな企業に入社しようと
必ず成長することはできます。

今までやっていなかったことに
取り組み始めるわけですから、
成長しないほうが可笑しな話です。

それだけは忘れずに
就職活動に取り組むと良いですね。

 

投資家目線のみで会社を志望する

 

これもよくいる就活生です。
いわゆる、就活厨というやつですね。

「ここは業績は素晴らしいから志望する」
「ここの株価は上昇しているから志望する」

このように考えてしまってる人のことです。

 

これは、労働者目線でなくて、
投資家目線での発言になっていますよね。

会社の業績が良くて、
最近伸びているからといって、
そこで働く理由はありませんよね?

もしかすると、
とてつもないブラック企業で
社員に過重なノルマを課しているからこそ
急成長を遂げている可能性も十分にあります。

 

例えば一昔前で言うなら、
日本電産という会社は株価急上昇し
会社自体も急拡大しました。

しかし、その成長の裏には
多大なる犠牲があったのです。

かつての日本電産は
ハードワークをモットーとし、
社員に過酷なノルマと労働を強いました。

「トイレを素手で掃除」
「声の大きいコンテスト」

なんていう文化も社員に強要しており、
お世辞にも働きやすい会社とは言えません。

 

それでも会社は大きくなり、
株価も上昇し、投資家たちは大喜びでした。

しかし投資家たちの喜びの裏には、
社員たちの多大なる犠牲があったはずです。

 

今は当然業務改善されているはずですし
そのような会社では、多分ないと思いますが
会社創成期は、そのようなこともありました。

 

具体例が長くなりましたが、

会社の業績がいいから
会社が有名だから働きやすいだろう…

なんていうのは、理にかなっていないのです。

 

財務状況、株価、業績などを
見るのは、素晴らしいことですが、

それだけで選んでしまうと後悔します。

 

業績が良いからといって
その利益が社員に還元されるとも限りません。

特に今の世の中、
会社がお金を溜め込んでいる時代です。

薄給の可能性もあります。

 

なので、財務状況や業績を
チェックするのも勿論ですが、

「その会社に入って実際に働く」

ということをより正確に
イメージしておいたほうが良いです。

 

働く!ということは
投資家ではなく労働者ですからね。

労働者目線を持って
企業を調べていくと後悔せずに済みます。

 

とりあえずホワイト企業を志望

 

これは過去の僕ですね。

自分がどうなりたいかを考えず、
世間で良いと言われている企業に
なんとなく入社しましたが、

なんか違うな?と思い退職しました。

 

過去の僕が、どんな就活をして
どんな新卒1年目を送ったのかについては
下記の記事をご覧いただければと思います。

https://job-investment.hikichikenta.com/job149

 

世間では
福利厚生よし、給与よし、残業なしの
優良ホワイト企業が良いと言われています。

 

事実、僕もこの文言を信じて
ホワイト企業に入社しました。

 

しかし、それは間違いでした。

 

優良ホワイト企業がダメなのではなく
僕の目標とは遠くかけ離れており
僕の価値観とは合っていなかったのです。

僕の勤務していた商社では
長期的な雇用慣行のもと、
1社に骨を埋めるのには適していました。

 

それが、
僕には合っていなかったのです。

 

なぜなら、
僕の目標とするところは、
労働からの離脱することだからです。

とにかく僕は、
定年まで労働するのは嫌でした。

僕の目標は、セミリタイアすることです。

 

労働をしたくないのに、
終身雇用が前提の企業に入社するなんて
本末転倒だったのです。

本来であれば、
しっかりセミリタイアするのを前提に
企業を探して、就職活動するべきでした。

 

ここまでの話の流れで
もう何となくお分かりだと思いますが、

「〇〇に入社すれば勝ち」

みたいなことは、絶対無いのです。

 

人それぞれ価値観があり
人それぞれ正解も違います。

しっかり自問自答して
自分がこれから生きていく上で
何を最優先にしたほうが良いのか
取捨選択する必要があります。

ぜひ就職してから後悔しないために
上部だけの自己分析をするのではなく、

自分の1年後、3年後、5年後を
それぞれ考えて就活していくと良いですね。

 

 

まとめ


給与や福利厚生を無視して

ただの夢追い人になってしまうと
身体と心が悲鳴を上げてしまい
短期離職する可能性が高い

どんな仕事に就くにしても
働き方を考えよう

成長!を理由にして
ベンチャーを志望するのを止めよう

ベンチャーを志望するなら
目的持って、明確な根拠を持とう

投資家目線で企業を選ぶのではなく
労働者目線で企業を見よう

自分が働くこと
しっかりイメージすることが大事

とりあえずホワイト企業を選ぶと
自分の価値観との乖離が生まれるので

自分がこれから生きていく上で
何を最優先にした方が良いのか考えよう

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 一流の就活人生論 , 2021 All Rights Reserved.