相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

就活なんてアホらしいと思わず思ってしまうアナタに送る就活を勝ち抜く戦略

引地 賢太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

「就活なんてアホらしい」
「もう就活ダメだ、あほらしい…」

 

就活について考えると、
アレルギーのように「アホらしい」
と思ってしまうことって
ありませんか?

 

ありますよね。

僕は就活をしてるとき
毎日のように「アホらしい」
と思いながら就活していました。

 

たった数ヶ月の間に
人生が決まってしまう理不尽さ

型にハマった
嘘ばかり言って評価される面接

黒髪にスーツばかり着て歩き回る
自分らしさのカケラもない自分の姿

いくら企業を志望しても
メール一本でカジュアルに落とされる採用

 

心底アホらしいですよね。

今すぐ消えて
なくなってほしいと思いませんか?

 

もしあなたが
当時の僕と同じ気持ちなら
もう少しだけ続きをご覧ください。

 

就活はアホらしい

就活は腐っている

 

まず初めに
「就活がアホらしい」
と思うこと自体は、

おかしなことではありません。

 

むしろ、僕的には
それが普通の人間だと思っています。

 

冷静に考えたら、
就活はアホらしいですし
おかしなことばかりです。

 

海外と比較するのも変な話ですが、
新卒の就活でヒーヒー言っているのは

日本だけです。

 

日本の就活は
システム化されているので、

アホでもルールに乗っかれば
それなりに評価されるようになっています。

 

サークルで4年間
飲んで遊んでいるだけの人間が
内定を取れちゃって

毎日講義を一生懸命受けて
ど真面目な人間が就活で苦しむ、、

 

なんていう現象は、よくあることです。

 

真面目に
大学生活を過ごした人からしたら

今まで真面目に
講義を受けていたのが
馬鹿馬鹿しくなりますよね。

 

良くも悪くも
日本の就活というのは、

就活の期間だけ努力して
要領よくアピールすることができたら
内定を取れてしまうシステムになっています。

 

このシステムに
助けられる人もいれば
苦しんでしまう人もいるはずです。

「面接だけで私の何がわかるんだ!」
「学歴だけで判断してんじゃねえよ!」

本当にその通りです。

 

3回くらい面接しただけで
就活生が自社に合うかなんて
ぶっちゃけ、わかりませんよ。

5回の面接で
能力を見抜くこともできないし
SPIの性格検査なんてあてになりません。

 

日本の就活はオワコンです。

就活なんて、
超くだらないゲームなんです。

茶番劇です。

正直、日本の就活は腐っています。

 

しかし、

外から「就活なんてくだらない」
と文句ばかり言うのは、解決になりません。

外野がワーワー騒いだところで、
新卒就活市場は崩れないようになっています。

先輩たちもおかしいと思いながらも、
結局は何十年も続いてきたシステムだからです。

 

アホらしいと思っても、
馬鹿馬鹿しいと思っても、

システムが変わることはありません。

 

根強い就活文化は
そう簡単に変わらないのです。

 

もし過去の僕と同じように
就活に対して「アホらしい…」
という感情を抱いているなら、

きっと、今苦しいだろうし
馬鹿馬鹿しいと思いながらも

「仕方ないか…」

と、自分の気持ちを押し殺して
就活に奮闘しているかと思います。

 

そんなアナタに
1つだけ提案があります。

 

内部から変えるしかない

 

就活のような
社会の巨大なシステムに対して
「アホらしい」という若者の声が届き、
社会が変わったことは非常に少ないです。

 

ですが、事例がないわけではありません。

 

実は50年ほど前、
就活のような社会構造に対して
「アホらしい」
と言っていた若者が沢山いました。

彼らは国に抗議をして、
国会の前をデモしたりして、

なんとか「アホらしい」
社会や国の仕組みを止めさせようとしました。

 

ですが、失敗しました。

 

一時的な勝利はしたものの、
結局は10年程度で元通りになったのです。

これまでと同じように、
同じ仕組みが繰り返されるようになりました。

 

ところがそんな若者たちの中から、
とんでもないお金を稼ぐ人たちが出てきました。

彼らは何兆円というお金を稼ぐようになり、
国や社会から無視できない存在になりました。

そして、

かつての若者たちは
その国を代表する存在になったのです。

 

これはおとぎ話ではありません。

 

1960年代-2010年代の
アメリカで実際に起ったことです。

カウンターカルチャーが「失敗した活動」

シリコンバレーとGoogleやApple、
FacebookやAmazonが「成功者たち」です。

 

シリコンバレーとIT企業は、
実はカウンターカルチャーという

「かつて失敗した抗議活動」

の超重量級の大反撃だったのです。

 

就活をくだらないと思うなら、
外から文句を言うのは解決策にはなりません。

就活社会の中で認められてから
初めて「大反撃」が可能になるのです。

 

そのためには、
まずはきちんと就活で実績を挙げましょう。

 

内定を沢山貰ってから抗議すると、
皆もアナタの意見を聞いてくれるはずです。

 

就活を倒してから愚痴を言おう

 

アホらしいと思うなら、

ただ文句を言うだけの
ダサいポジションを取るのをやめましょう。

 

これは過去の僕に強く言えることです。

 

いくら愚痴を言っても
誰かが味方をしてくれるわけじゃないし
就活のシステムが変わるわけでもないです。

 

物凄く悔しいし
アホらしいと思うことばかりです。

 

今の日本の政治と同じですよね。

 

おかしなことばかりです。

隠し事もめちゃめちゃ多いし
犯罪者の国会議員がボーナスを貰う時代です。

本当におかしな話ですよね。
常識的に考えてイカれた話です。

腹が立つし
税金の無駄遣いだし
イライラすることばかりです。

 

しかし、

このイライラを
ぶつける場所はありません。

唯一ぶつけられる場所はSNSですかね。

 

自分たちの思いや考えが
唯一反映できる場所といったら、
選挙に行って投票することですよね。

だがしかし、

自分が投票した人が
当選するかどうかなんてわからないし

仮に当選したとしても
しっかり公約を守るとは限りません。

 

散々やるやる言っておいて
結局、派閥の圧力に潰されて
上の人間の指示に従うのがオチです。

 

本当に馬鹿馬鹿しいです。

 

それでも、
どうしても変えたい!

そう思ったら、
あなたがドラマのキムタクのように

自分が議員になって
自分が総理大臣になるしかありません。

 

つまり、、

内部から変えるしか無いのです。

 

最後は、内部から変えるしかないんです。

 

だから、もし!

アナタが就活に対して
イライラして「アホらしい」
と思ってしまうのであれば、

 

まずは、今の時代の
就活に誠心誠意向き合いましょう。

 

一旦、今の就活のシステムが
アホらしいことを受け止めてください。

アホらしくて良いです。
アホらしいと思っていて良いです。

それでも良いから、
現状の自分と向き合いましょう。

 

既に真面目なアナタは
向き合っていると思いますが、

改めてもう一度
真剣に就活と向き合いましょう。

 

大して内容の無い
記事になってしまいましたが、

 

とにかく
僕から言えることは、、

いま自分が持っている手札で
最大限、結果が出るように努めよう!

ということだけです。

 

TOEICの点数が低いなら
TOEICの点数を高める努力をするか、

それ以外の部分で
アピールできるよう補いましょう。

学歴に自信が無いなら
学歴で戦うことを諦めて
他で補えるように準備しましょう。

 

納得いく内定を手に入れるために
本当にやらないといけない必須事項は

今の自分を全て受け止めて
そのうえで自分に合った努力をすることです。

 

この1ヶ月間だけでも良いです。

 

言い訳を探して
自分の現状から逃げないでください。

逃げたら終わりです。

辛いこともあるだろうし
苦しくて不安になる時もあるはずです。

そんなときは気分転換をして
再び戦える準備を整えましょう。

 

休憩は良いですが、
逃げるのだけは止めてください。

 

最後は、走り抜いた人間が笑います。

 

 

まとめ


就活はアホらしい


唯一変える方法は
内部から変えるしかない

だからまずは内部に入るために
今の自分の現状と真剣に向き合い
最大限、結果がでるよう努めよう

最後は走り抜いた人が笑う

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

 

この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。