相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

この面接を乗り越えれば就活は終わりだと思ったのに無い内定。そんな人がやるべ気3つの行動

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

「この面接を乗り越えれば、
 もう就活は終わりにできる!」

…と思っていたのも束の間。

 

不採用通知が来て、
落とされてしまって
もう持ち駒も少ない…。

大して入りたいと
思えるような企業もない!

でも就職先が決まらない。

お先真っ暗、もうどうしよう…。

 

そう思っていませんか?

僕もかつて、悩んでいた一人でした。

 

僕はあまりにも
最終面接が突破できず、
4回も志望業界を変えました

そして業界を
変えれば変えるほど焦り、

どうしようもない気持ちになりました。

 

ですが、大丈夫です。

 

そんな僕でも、
毎年就職ランキングに載っている
上場企業に就職することができました。

そこで今回は、
「就活が終わらなくて辛い」
という人向けに、

その対処法をご紹介していきます。

 

就活が終わらない脱却方法

 

就活の現実

 

ひょっとしたら、
自分ばかりが就活で
つらい思いをしているのでは…
と思ってしまうかもしれません。

僕もそうでした。

自分ばかり
就活でうまくいかなくて
自己嫌悪に陥る時期がありました。

 

…が、

意外とみんな苦しんでいるのが就活です

例えば、
2020年のデータでは、
企業にプレエントリーするのが25社が平均。

それに対し、
内定の獲得数は2社ちょっとです。

つまり、

就活では
20社以上から落とされるのが普通
です。

 

…これ、結構つらくないですか。

選考状況 平均社数(2020年)
プレエントリーした
(会社に個人情報を提供した)
24.79社
ESを提出した 12.36社
企業個別の説明会に行った 11.25社
適正検査・筆記試験を受けた 8.36社
対面で面接した 7.84社
人材紹介会社から面接に進んだ 4.84社
OBOG訪問した 3.06社
内定を獲得した 2.36社

※内定を獲得した数値のみ、2019年データ。

 

しかも、
内定が取れている人ばかりが
目立ってしまうのが就活なのです。

なぜなら内定が沢山とれている
いわゆる「うまくいっている人」は
それを周囲に言うのは普通です。

ですが、
内定がとれていない
いわゆる「うまくいっていない人」は
それを周囲に打ち明けることは珍しいです。

 

これって実は就活のです。

 

上手くいっている人は
自慢したいからSNSでも
投稿することが増えるのに対して

上手くいっていない人は
SNSを開く気する失せ始めます。

最初は内定が無くても
情報収集するためにSNSを見るけど

途中から「内定取りました!」
と、投稿する人がウザったしくなり
投稿することを止めはじめます。

 

これが良いとか
悪いとかではないですが、

このような傾向にあるので
そもそも「うまくいっている人」
ばかりが目立ってしまうんですよね。

 

20社以上から
落とされるのが普通なのに、
そうではない人ばかりが目立ちます。

 

それが毎年、
就活界隈で起こっていることなんです。

なので、

あなたが辛くても
思い詰めることはありません。

言わないだけで、
実はみんな同じですからね。

 

今まで口数少なくて
ひっそりしていたはずなのに

結果を出した途端、

口数が異様に増えて
人が変わったように自慢して
他人を馬鹿にするような人がいますよね。

 

就活では、
そういう器の小さい人間が
目立ってしまう奇妙な世界なのです。

その事実だけは、
しっかり心に刻んでおきましょう。

 

それだけでも、
心が安定してくるはずです。

 

就活に正解はない

 

まるで、
「この企業に
 入れなかったら人生終わり」
と言わんばかりに、

思いつめてしまう就活生もいますよね。

 

僕もその1人でした。

「その企業に入社したら勝ち」

そんな願望を抱きながら
夢みがちに就活をしていました。

 

しかし、実際そんなことはありません。

 

むしろ、

いまは内定を得て
ニコニコしているあなたの友人も、

入社したら土煙色の顔をしています

 

なぜか。。。

それは就活における内定とは、
所詮「ただの通過点」に過ぎないのです。

入社しても、
希望が叶うわけではありません。

 

例えば「カッコいいあの仕事がしたい!」
と思っていても、

いきなり全く関係ない
事務仕事をやらされるのは普通のことだし

実際にそれが辛くて、
3割ほどの新入社員は3年以内に辞めます。

 

例えば「ここでしかやれないことがある!」
と思っていても

入ったら違うことを
やらされている時点で、
みんな一緒なんです。

しかも、

「憧れの仕事をやってみたら、
 思っていたのと全く違った」

ということも普通にあります。

 

初めから
大きい仕事をさせてもらえないし

初めから
希望部署に配属されることも稀です。

気づいたら
異動を言い渡されて
地方に飛ばされるのもザラ。

 

むしろ、

そんな状態からどうするのか?
で、社会人としての違いが出ます。

 

有名企業に入ったからといって、
夢がかなったり、ずっと幸せだったり、
成功できるわけではないのです。

つまり、

就活に正解はなくて、
ただの通過点でしかないのです。

 

就活が終わっても、
結局はそこから努力することでしか、
あなたは幸せになれません。

 

入社がゴールではありません。
むしろ、入社はスタートです。

 

そこを考えながら
就活に取り組んでいくと、

周りの就活生のことが
そこまで気にならなくなります。

あとは、行動するだけです。

 

じゃあ、どうやって
こんな辛い精神状態のときに
行動を起こせば良いのでしょうか?

 

終わらなくて辛い時の対処法

 

少しは気持ちが
ラクになったでしょうか。

いま誰かが
内定を得ているからといって、
そこまで大きな違いはありません。

むしろ、

早く内定を獲得して
入社してから「違った!」
となるより100倍マシですよね。

 

では、これからどうすべきか。
ここからが非常に大切になります。

 

まずは、

「やれること」「やれないこと」

を区別することから始めましょう。

 

①「やれないこと」を心配しない

心配してもしょうがないことを
ずっと心配して格闘していませんか?

・終わった面接の心配
・この業界・企業でいいのか悩んでいる
・いま受けている企業の待遇が心配

…などがありますが、
こんな心配、しても仕方ないんです。

 

100%無駄です。
精神がすり減るだけなので、
考えるのを今すぐやめましょう。

 

なぜなら
「あなたがいくら考えても現実は変わらない」
からです。

 

終わった面接の心配を
今からしても、結果は変わりません。

今の業界でいいのか不安、
というのは分からないから心配なわけで、
分からないことを心配しても仕方ないです。

企業の待遇が心配…
給料が低いからヤダ…なんてのも、
あなたが心配しても変わらないモノですよね。

 

なので、

悩んでも変わらないこと
心配するのをやめましょう。

 

②「今からやれること」だけに集中する

今やれることを考えましょう。

不安だとしたら、
それを解消するために
できることが必ずあるはずです。。

 

・この業界・企業でいいのか悩んでいる
→OBOG訪問をしてみる

・面接でマズイことを言ってしまった
→次の面接のために対策して、あとは忘れる

・待遇が低いと聞いており、不安
→本当に自分が不安なのは待遇なのかを考える

などなど。

自分が不安になるのではなく、
どう行動したら不安が解消できるか
しっかり考えてみるのと良いです。

 

③思い切って気分転換するのもおすすめ

しっかり区別して、
今の自分ができる最善を尽くして
悔いのない就活にしましょう。

 

まとめ


就活では

内定者ばかりが目立ち
無い内定者の露出が少ない
がある

就活では
20社以上から落とされるのが普通

就活は通過点でしかありません
就活はゴールではなくスタート

就活で悩んだら

悩んでも変わらないことを
心配するのをやめて
今からやれることだけに集中

どうしても行動できなかったら
リフレッシュするのもおすすめ

今の自分ができる最善を尽くそう

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 一流の就活人生論 , 2020 All Rights Reserved.