相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

嘘でもいいから「第一志望って言え」とマニュアル本には書いてありますが、本当にそれが正しいと思いますか?

引地 賢太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

就活も終盤になると
面接で「弊社は第一志望ですか?」
という質問もされます。

この質問は
「他社の内定はありますか?」
と同じ頻度で質問される項目です。

 

この質問に対して
いろんなマニュアル本によって
答えが分かれていますね。

よくある話としては
「嘘でもいいから第一志望と言え」です。

ですが、本当でしょうか?

 

本当に嘘でもいいから、
第一志望と答えるべきだと思いますか?

 

実は、この質問にも
適切な回答方法が存在します。

ぜひ適切な回答方法を用いて
荒れ狂う就活戦線を乗り越えましょう!

 

第一志望ですか?の心得

 

まず初めに
こんなこと言うのは
おこがましいかもしれませんが

どんな質問に対しても
基本的には、誠実に答えましょう

 

今回のケースの場合、
「弊社は第一志望ですか?」には
誠実に「はい」「いいえ」で答えましょう。

なぜなら
「第一志望ですか」と聞かれた場合、
90%の高確率で深堀りされるからです。

 

つまり、

「第一志望なんですね。なぜですか?」
という感じで聞かれる可能性があるからです。

要するに、
安易になんでも「第一志望です!」
と言い張ると、

嘘に嘘を重ねる可能性があり、

どこかで話が破綻して
「この人信用できないな」
となる可能性すらあります。

そうなったら、内定などありえません。

 

なので、誠実に回答することは必須です。

 

じゃあ、どうやって
回答していくかって話なんですが、

まず初めに
回答するにあたっての注意事項を紹介します。

 

第一志望「群」は最低です

 

意外と多い解答例として
「第一志望群です」
という言い方があるのですが、

この回答は絶対NGです。

 

この回答方法をすると、
不用意な発言をして大臣を辞任する
政治家の答弁状態になります。

「第一志望群であって
 第一志望ではないので
 あくまで第一志望群です」

あまりにも
回りくどい言い方をしていますし
「第一志望群です」
という発言をした時点で、

遠回しに
「第一志望ではありません」
と言っているのと一緒になります。

 

なのに「第一志望」
という単語を頻繁に使われると、

「結局、何が言いたいいんだよ」

となり、信用を失い
選考に落とされる可能性が高まります。

 

ダラダラと話すのもNG

 

聞かれてもいないのに
ダラダラ話してしまうのもNGです。

 

いきなり、

「第一志望ではありません。
 なぜなら…」

と話すのはNGということです。

面接官は、
気になった点を深堀りして聞きます。

聞かれてもないのに、
いろいろと自分から話すのは
鬱陶しいヤツになってしまうのです。

 

あくまで簡潔に受け答えすべきです。

 

面接官に「弊社は第一志望ですか」
と聞かれたら、「はい」「いいえ」
と回答をして、返答を待ちましょう。

「なぜですか」

というツッコミが入って、
初めて理由を話していきましょう。

理由を聞かれないなら、
それ以上話す必要はありません。

 

では、そもそも
第一志望じゃないのに
「第一志望です」と答えるのは
良いことなのでしょうか?

これも、実は適切な回答方法があります。

 

「第一志望」と伝える条件

 

まず初めに、

本当に第一志望なら
自信を持って「第一志望です」
と伝えるのは当然ですね。

 

問題はここからです。

 

内定0の場合だけは
本心に嘘をついてでも

「第一志望です」

と自信高らかに伝え
志望する「理由」を言えるように
事前準備しておきましょう。

 

内定0の状態なら、
例え滑り止めだったとしても
内定を獲得できる準備をしましょう。

そうしないと、
本番の練習になりませんよね?

また、持ち駒がなくなって
就活をやり直している状況でも同じです。

「第一志望ですか」と聞かれるのは、
企業が相当気になっている状況なので
このチャンスを逃すわけにはいきません。

 

内定0なのに
「滑り止めだしな」
という中途半端な自信は不要です。

内定が「0から1」になるまでは、
どんな状況でも「第一志望です!」
と、本命の練習のために回答しましょう。

 

内定0のときは
無条件で「第一志望です」と伝えて
志望する「理由」を用意しておきましょう。

 

内定が他にもあるなら正直に

 

逆に、他にも内定を
保持している状態なら、
素直に伝えてしまって構いません

 

理由は主に2つです。

①あなたの「品質保証」になる
②しっかり答えられたらプラス評価

 

1つ目の「品質保証」とは、
あなたが他社からも内定をいただける
しっかりとした人材だという証明です。

 

例えばあなたが
トヨタの内定を持っているとしましょう。

面接官がその事実を知ったら

「ああ、この人は
 トヨタから内定が出されるくらい
 素晴らしい人なんだな」

と考えるわけです。

いわゆる、
「トヨタが認めた人材」
ということになるわけです。

そうなると、面接官はやる気が出てきます。

 

つまり、

正直に内定状況を答えることは、
マイナスではなく、プラスになるのです。

 

もう一つの理由は
理由をしっかり答えられたらプラス
になるということです。

 

正直に、

「御社は申し訳ございませんが、
 第一志望ではありません」と答えたら、

「それはなぜですか?」と聞かれます。

そこで、きちんと答えればプラスになります。

たとえば、以下のような形です。

 

私は○○を目指しておりまして、選考中です。その理由としまして、○○の会社の理念と、私の信じる人生軸と非常に近いからです。また○○に勤められている先輩方ともお話しましたところ、☓☓という形で企業へ貢献をする点に、感銘を受けました。御社の選考を受けているのは、商材を通した社会貢献のあり方や、御社の理念に○と非常に近いものがあると感じたからです。そのため○○とご縁を頂けないのであれば、御社に全力で貢献させて頂きたいと考えです。

 

上記はあくまで例ですが、

差別化要因を自信もって語れれば
面接官も悪い気しないので高評価
です。

 

つまり、

面接を受ける前の時点で、
第一志望と差別化する要因
語れるようにしておくべきなのです。

そうすれば、
第一志望の選考の準備にもなります。

 

こんなことを言うと

「第一志望ではないと伝えて
 落ちることはないんですか?」

ということ考えると思いますが、

結論から言うと、落ちることはあります。

 

なので、
言ってしまった場合は仕方がありません。

だからこそ、
内定0の段階では「第一志望です」
と無理をしてでも言うべきなのです。

 

ですが、
他にも内定を持っているなら話は別です。

なるべく、正直に答えたほうが
あなたの長期的な評価につながります。

ちょっと勿体ないと
思うかもしれませんが、

そもそも第一志望ではないのですから、
落とされたら諦めましょう。

 

本気で
第一志望を目指すのであれば、
選択と集中はどうしても必要です。

 

詰まったら終了…

 

第一志望か聞かれたときに
言葉に詰まってしまった場合、

大変残念ですが、
内定が遠のいてしまいます。

 

第一志望だろうが、第二志望だろうが、
企業が求めているのは

「はっきりした回答」
「熱意、それを示す理由」
です。

言葉に詰まったり、
間を置いて答えてしまった場合は

「ああ、ダメだこいつ」

と、判断されてしまいます。

 

面接官が求めている回答は
この「はい」「いいえ」の2つだけです。

最初は特に理由も聞きません。

理由を聞かれるとしても、
それはアナタが回答してからです。

「はい」「いいえ」

それだけを求められているので、
迷わず、「はい」「いいえ」を選んで
面接官に伝えましょう。

 

内定辞退はOK

 

第一志望と伝えて
実際に内定を獲得して場合、

「内定辞退していいのかな」
「内定辞退して怒られないかな」

と企業側の気持ちを考えて
優しい気持ちが溢れるかもしれませんが、

内定辞退は、
気持ちよくしちゃってOKです。

 

そもそも殆どの企業で
「第一志望と回答した」ことと
「内定を撤回したかどうか」が、
結びついていることはありません。

なぜなら、面接時に第一志望でも、
内定を出した後に別の第一志望ができた、
という学生も面接官も沢山見てきたからです。

 

内定辞退者が出ることを前提に
企業側も採用活動をしているので、

アナタは企業の気持ちを考えず
自分の気持ちに素直になれば良いです。

 

もし仮に理由を聞かれても
「個人の都合」という回答でOKです。

内定辞退するのは
就活生であるあなたの権利です。

 

また、内定承諾書を書いても撤回できます。

 

法的拘束力がないので、
早い段階で内定承諾書を求められたら

何も気にすることなく
さささっと承諾書を書いちゃいましょう!

内定承諾書を書いても
第一志望の内定をもらうために
精一杯、就活を続けましょう!

 

あなたは選ぶ立場なのです。

 

自分の人生も一度きりです。
遠慮せずに、ベストな選択をしましょう。

 

 

まとめ


第一志望か聞かれたら

「はい」「いいえ」
の2択で答えるのが鉄則

第一志望群という単語はNG
だらだら回答してしまうのもNG

内定が0のときは
無条件で「第一志望です」
と回答するのがベスト

他にも内定があるなら
自分の素直な気持ちを言葉にして
面接官に理由を伝えよう

第一志望じゃない場合も
自分の素直な気持ちを言葉にして
面接官に理由を伝えよう

内定辞退もして良いし
内定承諾書も法的効力がないので

内定0以外の場面では
素直な気持ちを言葉にしよう

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。