相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

最終面接で必ず質問される「他社の内定ありますか?」という内定フラグを醸し出してくる質問に対する回答方法

引地 賢太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

就職活動も最終段階になり
面接を重ねて最終面接になると、
以下のような質問を必ずされます。

「他社の内定はお持ちですか?」
「どちらの内定をお持ちですか?」
「仮に弊社の内定が出たらどうしますか?」

この質問って、
かなり迷走しますよね。

 

僕は、迷走しまくりました。

「内定持ってないけど
 内定持ってないっていうと
 優秀じゃないって思われるかな」

「内定あるけど、
 その内定、他業界なんだよな」

「第一志望群ではあるけど、
 本命の内定が出たら、そっち行くかも」

こんな気持ちと葛藤しました。

 

どうやって伝えるのが正解なのか
嘘をついてでも見栄を張るべきなのか

 

葛藤に葛藤を重ねました。

 

アナタはどうですか?

もし仮に同じ質問をされたとき、
どのように回答しようか迷いませんか?

 

きっと迷いますよね。
最終面接だと余計緊張するから
今は冷静でも本番は焦るかもしれません。

そこで今回は、
「他社の内定はありますか?」
に対する、適切な回答方法を教えます。

他社の内定ありますか?の正解

 

他社の内定を聞く理由

 

まず、「他社の内定はありますか?」
という、具体的な質問をされる時点で

あなたは内定に
かなり近い
ということは確かです。

 

恋愛で例えるなら、
付き合う前の好きな人から
「○○くんの理想のタイプってこんな人?」
と質問されまくるようなものです。

これって
かなり脈アリだと見て間違いありません。

脈なしではありません。

ただし、ここでの注意点は
だからと言って付き合えるわけではないです。

こんな感じで
苦い経験をした人もいるんじゃないかな。

 

これは就活も同じです。

 

答え方によって、
「付き合えなくなる=内定が出ない」
場合もあります。

でも、脈ありです。

じゃあ、どうして
面接官が内定があるか聞くかというと、

 

それは

面接官が付き合って良いのか
決断する決めてを探っているからです。

 

恋愛で言うなら
告白前に振られないように、
足固めの質問をする感じですね(笑)

例えば好きな人に
事前に相手の好みを聞いたり、
どんな性格が好きか訊いたりします。

そしてそれに合わせて、告白するものです。

 

就活なら、
面接官が好きな人(=内定を出したい人)に
足固めの質問をしている段階です。

 

「他社での内定はお持ちですか?」
「他の人から告られたりしてますか?」
です。

 

現実世界では、
こんな感じではなく、

「付き合ってる人いるの?」

くらいの
軽い質問しかされないと思いますが、

就活では、
付き合うっていう概念がないので、
内定を出す=結婚する、感覚です。

強いていうなら
インターンが付き合うって感じですかね。

 

それくらい企業は
気合を入れて決断します。

じゃあ、
「他社の内定を持ってる」
「他社の内定を持ってない」
と言われたとき、

面接官の脳内は
どのような感情になるのでしょうか?

 

「他社の内定を持っている」の思考

 

あなたがもし好きな人に
「ひょっとして、誰かから告白された?」
と聞いて、「そうだよ、保留してるけど」
と言われたらどうしますか?

最初は落ち込むかもしれません。

ですが、「じゃあ早く自分も告白しないと!」
となる可能性もありますよね。

 

つまり、

あなたが好きな人は
クラスの中でも人気だということです。

だからといって、
諦める理由にはなりませんよね?

自分がその中で
一番になればいいだけです。

それで諦められるんだったら
最初から好きになるなよって話です(笑)

 

就活でも全く同じです。

企業は内定を出したい人のことを
基本的にポジティブに捉えています。

ですから、
他社からも内定が出そうなら、

「早めに内定を出して一番にならなきゃ」

と考えます。

 

同業界の内定を持ってるなら
「内定はあります」とだけ答えて
「因みにどちらの企業さんの…」と聞かれたら
ストレートに回答しましょう。

 

では、
全く別の業界の内定を
もらっている場合はどうしましょうか。

 

これは好きな人から

「大人しめのファッションも好きだけど、
 実は派手なファッションも好きなんだ。」

と言われるようなものです。

この言葉だけだと
なんやねん!どっちやねん!となりますね。

 

なので、
きちんと説明すれば良いです。

理由を説明すれば
相手も納得してくれます。

 

就活だったら、
就活の軸や企業選びの軸を
しっかり説明できると良いですね。

他業界の内定を持ってるなら
「内定はあります」とだけ答えて
「因みにどちらの企業さんの…」と聞かれたら
企業名と理由を回答しましょう。

 

じゃあ、内定がない場合は、、、

 

「他社の内定はない」の思考

 

好きな人に
「誰かから告られたりしてる?」
と聞いたときに「告白されてない」
と言われたらどうでしょうか?

ちょっと嬉しいかもしれませんね。

 

ですが、よく考えてみてください。

絶世の美女やイケメンが、
誰からも告白されてなかったら
ちょっと不自然ではありませんか?

あなたの好きな人は、
実は誰からも好きだと言われていない
ということなのです。

つまり
「人気っぽく見えて実は人気ではない」
ということです。

となると、気になるのは、その理由です。

 

なので、面接官は訊くのです。

「他社から内定が
 出ていない理由はなんですか?」
(なんであなたイケメン/
 美女なのに告白されてないの?)

意地悪な質問に
聞こえるかもしれませんが、
ここではきちんと答えることが重要です。

 

恋愛なら、
きちんとした回答をした方が
好感触ですよね。

例えば
「学費を稼ぐためのバイトが忙しく、
 恋愛は全てお断りしていた」なら、
真面目な人として好感度アップしますよね。

 

内定の前の質問も同じです。

「○○という理由で、
 内定を頂けなかったと考えています」

このように自分自身を
客観的に分析して答えることができたら、
それは、むしろ好感触です。

失敗した要因を
分析的に捉えられることは、
仕事をする上で重要なことだからです。

逆に「うーん。なんでなんだろ。」
と言われたら、怪しくて不安になります。

つまり、内定を出すか躊躇します。

 

なので、

内定を持っていないなら
「内定はありません」と答えて
続けて分析した理由を回答しましょう。

 

告白されたらどうする?

 

「内定が出たらどうします?」は
「もし付き合ったらどうなるのかな?」

という質問と、全く同じです。

 

あなたが恋愛で、
好きな人からこの質問をされたとします。

付き合っても
良いと考えているのなら、
きっと真面目に答えるはずです。

逆に

大して好きでもなく、
あまり真剣に考えていない人から
この質問をされたら、

曖昧な返答しかしませんよね。

 

これは質問する立場からすると、
雑な回答をされたら

「ああ、この人に告白してもダメだ」

と告白することを諦めます。

 

なので、

本当に内定が欲しい企業なら
もちろん真面目に答えると思いますが、

滑り止め程度の内定の欲しさでも
真剣に答えるのがベスト回答です。

滑り止め企業から
「内定を出したらどうしますか」
という質問をされたら、

ここは嘘をついてでも
「入社する考えです。理由は○○です」
と言ったほうが得策です。

 

確かに嘘です。
嘘になってしまいます。

 

しかし、
面接官の気持ちを考えてみてください。

「入社する気ないなら
 選考受けに来るなよ!」

このような気持ちになるに決まっています。

 

なので、

ここは建前として、
選考を受けているんだったら

「ここに入社する」

という気持ちを常に持ち
他社を考えることは止めましょう。

 

以上で、

「他社の内定はお持ちですか?」
「どちらの内定をお持ちですか?」
「仮に弊社の内定が出たらどうしますか?」

の回答方法紹介を終わりにします。

 

如何でしたか。

ぜひ、最終面接の際は、
真摯に前向きに「理由」を考えながら
面接官に想いを伝えましょう。

 

まとめ


他社の内定はありますか?

内定は近いんだけど
落ちる確率も全然ある

同業界の内定を持っている場合は
企業名をストレートに回答してOK

他業界の内定を持っている場合は
企業名と理由をしっかり回答しよう

内定を持っていない場合は
内定が出ていない理由を分析し
内定が無い理由を真摯に伝えよう

内定が無いのは
決して悪いことではありません

たとえ滑り止めだったとしても
必ず入社する気持ちで回答しよう

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。