相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

最終面接は熱意が大事?その通り!でも多くの人が最終面接で落ちまくる。その理由は伝え方の相違。

引地 賢太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

決まれば内定!
ダメなら別の企業で最初からやり直し!

それが最終面接ですね。

今回は、くだらない前置き抜きです。

 

最終面接を突破して
内定が欲しい人は読んでください。

逆に

就活をなめている人
今回の記事を読まないでください。

 

就活に真剣な人だけ
真剣に読んでいただければ良いです。

 

最終面接前日準備

 

最終面接の評価ポイント

 

まず、最終面接では
「熱意」や「志望度」
高い比重が置かれています。

これはなぜかというと、
そもそも論理的思考の部分や
コミュニケーション能力については、

それまでの面接で
十分にチェックされているからです。

 

そもそも話が通じない人だったり、
その会社で活躍することがなさそうな人は、
最終面接までに落とされています。

話が通じない人を
選考通過させていたら
役員陣がガッカリしますからね。

役員陣の顔色も伺って
それまでの選考の面接官たちは
採用評価をしています。

 

最終面接に登場するのは
役員や取締役といった重役たちです。

 

彼らは自分で仕事をするのではなく
決めて「責任を負う」のが仕事です。

つまり自分では
手を動かす仕事をしていないのです。

手を動かす仕事は、部下の役目です。

部下を信頼していないと
役員や取締役は務まりません。

 

なので、

部下が
「この人は良いと思うので
 ぜひ面接をしてみてください」
と言ってきたなら、

それを基本的には
信頼するのが役員陣のスタンスです。

 

その時に役員陣が気にするのは、

「優秀なのは認めるけど、
 本当にうちの会社に入ってくれるかな?」

といった意思の確認の部分です。

 

恋愛でいう
「本当に浮気しませんか?」
「ずっと好きでいてくれますか?」
という部分ですね。

若干、重たい気もしますが、
役員陣は、この重たい覚悟を確認します。

 

そこで重要になるのが
「熱意」であり「志望理由」です。

いくら優秀でも、
きちんと働いてくれるだけの
熱意がない人ならお断り
です。

最終面接では「優秀さ」より
あなたの「熱意、志望度の高さ」が大切です。

 

じゃあ、どうやって
熱意を表現するんだって話ですが、、、

 

「熱意」1:すぐに辞めない

 

熱意を持って働いてくれるか!
とは、つまりどういうことなのか
企業側の立場になって考えてみましょう。

 

黙っていても
何万人という学生が応募してくるような
上場企業の場合、

最終面接に残るような人の
能力値は全員同じくらい高いです。

それまでにダメな人を落とす仕組みも、
そういった企業にはきちんとあります。

そして、
最終面接に来るような人が全員
「精一杯御社に貢献したいです!」
なんてことを言うのも同じです。

 

つまり、

面接官が素直に聞いただけでは
熱意があるかどうか分かりません。

となると、

次に気になるのは
「この人、内定出してすぐ辞めないかな?」
ということです。

 

実は企業にとって
一番イヤなのが新人がすぐ辞めることです。

なぜなら、
新人はろくに売上も立てず、
企業に全く貢献もしないうちに

「やっぱサラリーマン向いてねーわ。」
「脱サラするわ。この会社辞めます!」

とか言われたら

給料を一方的にもらうだけで
辞められてしまうんですからね。

 

それは純粋に会社のお荷物です。

 

こういった人は
絶対に採用したくないと思っています。

なので、
ずっと働いてくれそうな人
採用したい
と思っているのです。

だからこそ
最終面接では能力の高さよりも
圧倒的な「熱意」が見られます。

 

「熱意」2:素直に改善できる

 

しかし、
ここで勘違いしてはいけないのは

「ずっと御社で働きます!」

とアピールすればいいのではないのです。

 

会社の重役レベルからすれば、

会社で働いてほしいのは
「素直に改善できる人」であり、
「とりあえず会社に居たいだけの人」
では、決してありません。

 

例えば、仕事でミスをしますよね。

素直に謝って
二度としないように対策を考える人と、

謝るのに
同じミスを繰り返す人なら、

どちらが良いと思いますか?

当然、
素直に謝って対策を考える人の方が
会社にとっては良い人材と言えますね。

 

本当に「改善したい、上手くなりたい!」
と思っているなら、

謝るだけでなく
きちんと同じミスをしないように
考えようとするものです。

ただ「会社を辞めません」
というバカの一つ覚えのようなアピールでは、

面接官は
「会社に負んぶに抱っこしただけじゃない?」
と不安になってしまいます。

 

「熱意」3:大きな夢がある

 

そして、もう一つは
「自分の言葉で語れる、大きな夢」
を持っていることです。

 

ただ、無理してまで
言うこともないですし、

求められていないのに
勝手に学生の夢を語るのはお門違いです。

あくまで聞かれた時に、
自分の言葉で語れる大きな夢があると良いです。

 

ここでいう「夢」というのは、

自分がその会社に対して
思うところでもいいですし、

自分がその業界に対して
思っていることを語るでも良いです。

これは専門用語で言うのではなく、
自分の言葉で心から語ってください。

 

自分の言葉とは、
どういうことかというと、、、

下記の例文をご覧ください。

 

就活生A)

日本の製造業のROEは、
欧米と比較して低く効率も悪く…
こういった日本の製造業の改善点を、
御社でご縁がいただけるのであれば、
私の手で改善していきたいです。

 

就活生B)

満員電車に乗っている
おじさん達を救いたいです

つり革に捕まっている
あの姿が可哀想に感じています。

日本の主要産業は製造業です。

御社も製造業の企業ですから、
「働く人々が元気になるものづくり」
を、御社で取り組むことができたら幸いです。

 

どうですか?

なんとなく就活生Bのほうが
親密感が湧いて本気度が伝わりますよね。

 

なにか聞かれた時に大きな夢を語れるのは
会社で働きたい「熱意」として評価されます。

もし夢が「無い」としても、
無いなりに思っていることを
素直に語るだけでも構いません。

 

では評価ポイントが
一通り分かったところで、

あなたが気になるであろう
最終面接で聞かれやすい質問を紹介します。

 

最終面接の頻出質問

 

最終面接で聞かれやすい質問は
だいたい以下の3つの要素に収まります。

・すぐに辞めない根拠になる質問
・素直さを聞く質問
・大きな夢を聞く質問

それでは、1つずつ見ていきましょう!

 

すぐに辞めない根拠になる質問

  • 志望動機を教えてください
  • 同業他社ではなく、なぜこの会社を選んだのですか?
  • なぜ当社のような大企業/ベンチャーなのですか?
  • 仮に入社したら、どんな仕事(職種)がしたいですか?
  • もし希望の部署でなかったら、どうしますか?
  • 当社の社風や理念は、どのくらい知っていますか?
  • 当社の社風について、思うところを聞かせてください
  • 業界はこれから、どうなると思いますか?
  • 当社はどんな会社だと思うか、自由に答えてください

 

素直さを訊く質問

  • 失敗体験を教えてください
  • その失敗から学んだことを教えてください
  • その失敗を繰り返さない理由はなんですか?
  • 学生時代に頑張ったことを教えて下さい
  • 学生時代にリーダーとして頑張ったことは?
  • 周囲の人はあなたのことをどんな人だと言っていますか?
  • あなたの強みと弱みを教えて下さい
  • 一番失敗した時のことを教えてください

 

大きな夢を訊く質問

  • 10年後にどうなっていたいですか?
  • 当社でやってみたいことはありますか?
  • 夢を実現するために、どんなことをしていますか?
  • 当社でどんなことを表現したいですか?

 

これらの質問に対して、
今の自分が想定できる答えを
ノートやスマホのメモに書くと良いです。

 

いきなり質問されても
あたふたして困惑してしまいます。

どの企業でも
ある程度質問される項目は一緒なので、

・どのエピソードを話すのか
・どのような順序で伝えるか

この2つは決めておくと良いです。

丸暗記すると、
その言葉が出てこなかったときに
頭が真っ白になり思考停止してしまうので、

箇条書きで
書き出しておくと良いですね。

 

最後に、
最終面接で使える
逆質問を4つだけ紹介します。

一言一句真似するのではなく
「どういう意図で質問してるのか」
という部分に着目してご覧ください。

質問の意図を理解しないと、
パクるだけでは低評価になります。

 

熱意をアピールする逆質問

 

では、
比較的熱意が伝わりやすい
逆質問集を見ていきましょう。

 

  • 新入社員がわきまえていてほしい考え方などがあればお聞かせください。

こちらは、
入社前提でないと出ない質問ですね。

志望度が高いので、
それになるべく沿った形で
自分も成長したいアピールに繋がります。

 

  • 新入社員として、入社までにどんな勉強や経験を積むべきでしょうか。

これも前の質問と同じで、
入社意欲が高いアピールに繋がります。

さらに実際に志望度合いが高く、
入社したい場合においても役に立つので、
積極的に聞いてみると良いです。

 

  • 入社後のギャップとして、新入社員に多い傾向はどんなものでしょうか。

「入社時に直面するであろう
 困難を知った上で判断したい」

というのが、この質問の真意になります。

意外と知られていない
会社のあり方やデメリットなどを
教えてくれるはずです。

 

  • 差し支えない範囲で構いませんので、どんな思いで○○さん(面接官)がお仕事をされているのかを、お聞かせいただきたいです。

役員や取締役、
社長といった重役たちに話させる質問です。

企業の重役をやるような
おじさん・おばさん連中は
自分の話をするのが大好きです。

その「話したい」という欲求を
この質問で叶えてあげると良いです。

話したい衝動を抑えつつ
個人的な想いを話してくれるはずです。

 

話の最後は

「貴重なお話ありがとうございます。
 ますます志望度合いが高まりました。」

と伝えて閉めましょう。

 

逆質問は
どんなに多くても
質問する個数は2つです。

逆質問が多すぎると
面接官を疲れさせてしまうので、

どんなに多くても逆質問は2つです。

 

最終面接前に
逆質問したいことを
2つに絞りきって挑みましょう。

 

これで
最終面接準備は以上です。

それ以外にも
実践したほうが良いことは
腐るほどあるのですが、

まずは、
今回お伝えした事項を
確実に準備して挑みましょう。

 

まとめ


最終面接では

熱意と志望度の高さ
評価対象になる

熱意1:すぐに辞めない
熱意2:素直に改善できる
熱意3:大きな夢がある

相手に言葉を伝えるときは
専門用語をたらたら話すのではなく
自分の言葉で伝えよう

最終面接の面接準備は

どのエピソードを離すのか
どのような順序で伝えるのか

をスマホのメモを使って用意しよう

逆質問は
自分が入社する前提で
しっかり質問の意図を持って
伝えよう

意図のない質問はゴミ


とにかく準備

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。