相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

一次面接が通らない。なぜ?それは一次面接専用の準備ができていないからかも?面接は準備。とにかく準備をしまくれ。

引地 賢太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

書類選考を通過して
多くの人が壁にぶち当たる一次面接

 

グループワークや
エントリーシートとは違い、

初めて本格的な
選考らしくなる面接と言えます。

そんな一次面接では、
いったい何を訊かれるのでしょうか?

どんな準備をすればよいのでしょうか?

 

就活初心者であれば、
一次面接というだけで緊張しますよね…。

ですが、大丈夫です。

一次面接は、準備をすれば通過できます。

 

逆にいうと、、、

準備をしなかったら
永遠に一次面接を通過できず
夜な夜な枕を濡らし続けるかも、、。

 

そんな就活生活は嫌ですよね?

 

そこで今回は、
一次面接で準備すべき心と
一次面接で準備すべき行動を解説します。

これから就活に挑んでいく
22卒のアナタは保存必須です。

 

一次面接攻略の準備

 

一次面接は「排除」が目的

 

一次面接を企業が実施する
最も大きな目的は何だと思いますか?

企業の一次面接での最大の目的は
その会社に合わない人を排除する選考
です。

 

どういうことか、、?
もう少し身近な例で考えてみましょう。

例)

あなたは、
アマチュアのサッカーチームの監督です。

今日も入団希望の人がやってきて、
監督であるアナタと面接をします。

アマチュアなので
入りたい人は素人でもいいのですが、

少なくともサッカーは
好きでいてほしいなと思っています。

今日も2人の入団希望者が来ました。

 

そこであなたは
入団希望者の2人と面接します。

あなたは
彼らに同じ質問をしました。

「なんでウチのチームに入りたいの?」

 

この質問に対してA君は、、

「身体を動かしたかったからです。
 本当は野球が好きなんですけど、
 別にサッカーでもいいかなって」

 

この質問に対してB君は、、

「サッカーは下手なんですが、
 高校時代にサッカー部でした。
 それ以降、月に2回くらい友だちと
 フットサルをして遊んでます。」

 

さて、あなたは
A君とB君のどちらに
入団して欲しいと思いますか?

間違いなくB君ですよね。

 

A君の場合,
そもそも野球が好きなら
サッカーではなく野球をやればいいし、

あまりサッカーを
熱心にやってくれる感じがしません。

どうせやるなら、
本気で取り組んで欲しいですよね。

 

対してB君の場合、
サッカーは下手だと言っていますが
A君と比べて好印象ですよね。

練習する場さえ与えれば、
真剣に取り組んでくれそうな感じがします。

上達して、
そのうち戦力になってくれるかもしれません。

 

この二人の感触の違いは、

このチームで成長していく
 イメージが持てるか、持てないか

という違いから来るものです。

そして、この違いが
就活でも明暗を分けてしまうのです。

 

イメージできない人はサヨナラ

 

新卒は次第に成長して、
その企業の中で戦力になることを
期待されて入社してもらっています。

すぐに大活躍する必要はありませんが、
数年かけて成長してもらう必要があります。

 

そのためには
「この人が成長することをイメージできる」
ことが、非常に重要になってきます。

 

野球好きな人が
サッカーチームに入って
成長することがイメージできないように、

企業にも

「(別のことをやれば)優秀だけど、
  ウチの会社では成長できないだろうな」

という1つの基準を持っています。

 

逆に

「ああ、この人は数年かけたら
 営業課の○○みたいになってくれそう」

という感じで
イメージができる就活生は、
多少問題があっても通過させます

 

つまり、

ここに入るか、入らないかが
一次面接の結果を直接左右するのです。

じゃあ具体的に
どんなポイントを見て
採用、不採用を決めてるんだって話ですが、、

 

ポイント1.第一印象

 

まず、第一印象です。

「数年後には同じ企業の仲間として
 一緒に仕事ができるかどうか」

「ちゃんと育成したら
 お客様の前に出せそうか」

この2つが主な判断基準になります。

そのためには最低限のマナーや、
敬語が使えていてほしいと考えています。

 

…といっても、

マナーオタクや敬語の
プロになる必要はありません。

一部の銀行や航空会社、
ホテルなどは例外的にマナーを
厳しく見る場合がありますが、

それ以外の企業では
マナーという観点よりも
コミュニケーション力を見ています。

 

このコミュニケーション力には

①聞かれたことにきちんと答える
②口答えしない(=相手を尊重する)
③ハキハキと答える、挨拶できる

といった単純な要素が含まれます。

 

特に挨拶やハキハキと答えることなんて
小学生のようなアホらしい基準に見えますが、

初対面の面接官にとっては
挨拶くらいしか判断材料がないのです。

 

面接の間だけでいいので、
上記3つのポイントについては
マストで意識して行動しましょう。

いくら優秀でも
元気のない死んだ声の人や
聞かれた質問に対して結論から
答えられない人に対して、

「この学生良いな」

という印象を持つことができません。

 

一次面接ほど、
第一印象で判断されて
合否が決まってしまう選考は無いので

「ボソボソ話したら落ちる」
「元気がなかったら落ちる」

「結論からじゃないと落ちる」
「清潔感がなかったら落ちる」

と、特に意識して挑むと良いです。

 

ポイント2.志望動機・ガクチカ

 

一次面接でも、
志望動機はきちんと聞かれます。

最初の方の面接だから、
志望動機はいい加減で構わない…
なんてことはありません。

 

そんなことは
当たり前だと思うかもしれませんが、

これは余談ですが、
僕が就活生をしていたとき
本気でそう思っていた時期があります。

相当ヤバいですよね。

 

志望動機やガクチカが
いい加減だったり、すぐ辞めそうな感じ

(上記のサッカーチームの例で言うなら
「野球が好きなんだけど…」という志望動機)

だった場合は、即落ちます。

 

そんな残念な事態を
防ぐためにすべきなのは、
まずはきちんとした準備です。

じゃあ、どのように
志望動機とガクチカを
準備すれば良いんだって話ですが、、

下記の記事を参考に
ポイントを抑えて書苦と良いです。

志望動機が上手く書けません。志望動機が薄っぺらくて書類選考が通過しません。そんな人がやるべき、説得力を増大させる志望動機の作り方

 

エントリーシートで一番攻略しやすいガクチカを攻略しないと道はない。確実に選考通過させるガクチカ対策

 

 

ポイント3.一貫性

 

志望動機とガクチカ
自己PRがきちんと一貫性を持って
繋がっているかどうか、も重要です。

一貫性がないと
嘘っぽくなり説得力がなくなります。

逆にそれらが
きちんと繋がっていれば、
真実を語っていることになります。

つまり、
嘘の志望動機.ガクチカ.自己PRは
面接官に見抜かれてしまうのです。

 

嘘の経験を書くとか、
嘘のアピールポイントを書くとか
絶対に止めてくださいね。

 

あなたがドラマで活躍する
俳優ばりの演技力があるのであれば、
面接官を欺けるかもしれませんが

一般人なのであれば、
面接官に即ウソがバレます。

 

エピソードは
1つも偽らなくて良いですし、
偽った資格を記載する必要もありません。

 

ありのままで
今できる自分の最大限を出してください。

 

仮に偽ったとして
内定が取れたとします。

そのときの
あなたの罪悪感は
凄まじいものになるはずです。

経歴には残らなくても
心に深い傷を負い続けながら
今後60年を生きることになります。

 

最近では
WEBテストを
代行に頼むバカもいますが、

あなたにだけは
そんなクズになってほしくないです。

 

真っ当に就活をして
真っ当に内定を勝ち取ってください。

 

ポイント4.その他の質問

 

志望動機・ガクチカ・自己PR

この3つに関しては
マストで聞かれると思って良いです。

ただ、それ以外にも、
色々なことが聞かれる可能性があります。

 

そこで最後に
一次面接でよくある
質問17選を紹介します。

 

  • 小学校、中学校、高校でのあなたについて教えてください。
  • 集団でのあなたはどのような役割ですか。
  • 得意・苦手科目を教えてください。
  • なぜその学部・学科を選んだのですか。
  • ゼミの研究内容を教えてください。
  • 友人からどんな人物だと言われますか。
  • リーダー経験はありますか。
  • どんなアルバイトをしていましたか。また、なぜそのアルバイトを始めようと思ったのですか。
  • 満足のいく大学生活でしたか。
  • 苦手な人はどんな人ですか。また、どのように対応していますか。
  • 趣味/特技を教えてください。
  • 今までで一番辛かったこと/嬉しかったことは何ですか。
  • 他社の選考状況を教えてください。
  • 最近気になっているニュースはありますか。
  • 最近読んだ本の中でオススメはありますか。
  • 最後に何か言いたいことはありますか。
  • 最後に何か質問はありますか。

 

いかがだったでしょうか?

一次面接のポイントは、
面接官に「活躍できそう」
イメージをもってもらうことです。

そのために
必要な準備をご紹介してきました。

「意外とやらなくては
 いけないことが沢山あるな!」

と思ったかもしれません。

 

ですが、
きちんと準備をすればするほど
他の就活生との差が圧倒的につきます。

まずはきちんと準備をしてください。

 

まとめ


成長を

イメージさせてくれる人が
一次面接を通過していく

イメージさせるために
第一印象を良くするのはマスト

聞かれたことにきちんと答える
口答えしない(=相手を尊重する)
ハキハキと答える、挨拶できる

志望動機とガクチカも
正しい文章構成に沿って
論理的なものを用意しよう

一貫性もマスト事項

嘘なんてつくな

とにかく準備
準備をしまくろう

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。