相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

本気で内定が欲しいなら、自分を商品だと自覚して「魅力」ではなく「変化」を面接官に伝えよう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

書類選考,面接選考と
奮闘してる時期だと思いますが、

 

書類選考は通過していますか?
面接選考は通過していますか?

「全然通過しないです…」
「何がダメなのかわからないです…」

 

本日は、そんな人のための記事です。

人それぞれ
落ちてしまっている原因は違います。

・文章が悪いのかもしれません
・話し方が悪いのかもしれません
・文章構成が悪いのかもしれません
・面接選考の経験不足かもしれません
・相性が合わなかっただけかもしれません

人それぞれ違うので
一概に「これが原因ですよ!」
というのをココでは断言できません。

 

しかし、

多くの人が落ちてしまっている原因は…

「他の人と差別化できていない」
「アピールだけをしてしまっている」

上記2つの可能性が非常に高いです。

というのも、、
先日、ある企業の某人事が言っていました。

 

「落とす理由はないんだけど
 採用するほどの理由が見つからない

「アピールしてくれるのは嬉しいけど
 採用するまでの価値を感じる学生が少ない

 

俗にいう「変わりの効く学生が多い」
という事実が、人事を通して発覚しました。

じゃあ、

何でこんなことを
言われてしまうのかというと、、

「変化」を伝える学生が少ないからです。

「変化とは…?」

今回は、この「変化」に着目しながら
内定を手繰り寄せる「伝え方」を紹介します。

 

変化を伝えられる学生に

 

企業が欲しい人

 

企業が求めている人は
会社に貢献できる人です。

貢献できない人間は必要ありません。

給与泥棒になるので邪魔です。

 

貢献できる人、、、?

 

簡単に言うと「仕事ができる人」です。
もっと具体的に言うなら、、

 

「利益を生み出す仕事ができる人」
「企業の利益に繋がる仕事をする人」

 

こんな人物を求めています。

社会貢献してくれる人ではなく
会社に貢献してくれる人を求めています。

 

✔︎あなたは弊社で何ができるのか

✔︎あなたのアピールポイントは
 もしあなたが弊社に入社した場合、
 どの場面でどのように活用できますか

✔︎あなたが弊社に入社したときの
 弊社に対するメリットは何ですか

✔︎あなたが弊社に入社した暁には、
 弊社にどんなプラスの変化がありますか

 

この上記4項目は
マストで答えられなければダメです。

 

「落とす理由はないんだけど
 採用するほどの理由が見つからない

 

このように言われしまう原因は
採用するほどのメリットを感じないからです。

 

逆にいうと、
あなたを採用するメリットを感じれば
企業だって迷うことなく採用するのです。

 

少しだけ自分に置き換えてみてください。

 

あなたがスマホを
持ち歩いている理由は何ですか?

毎月1万円を支払ってまで
スマホを持ち歩く理由って何ですか?

・便利だから
・無いと困るから

ちゃんとお金を支払うだけの
メリットが必ずあるはずなのです。

 

スマホがあれば
メールもLINEもできるし

SNSだっていじれるし
動画も見れるしネットもいじれます。

メリットがあるから
当たり前のようにお金を払っています。

 

つまり、、

 

メリットを伝えるのはマスト事項です。

せっかくアピールするなら
必ずメリットまで伝えましょう。

 

求めていない人


どんな人が欲しいか
なんとなく理解できましたか?

次は「いらない人」です。

・仕事が出来ない人
・問題を発見できない人
・問題を解決できない人
・会社に貢献してくれない人

こんな感じになります。

 

、、が

 

ぶっちゃけ、

仕事を経験してない学生が
仕事ができるか否かなんてわかりません。

問題発見ができるか否かも
実際に仕事をしてみないとわからん。

問題解決ができるか否かも
実際に仕事をしてみないとわからん。

本当に会社に貢献してくれるか否かも
実際に仕事をしてみないとわかりません。

わからないことだらけです。

 

企業も困っています。

 

人は欲しいし
利益も上げたいです。

しかし、いくら採用しても
本当に活躍してくれるかどうかは
入社してもらわないとわかりません。

 

なので、企業は自己投資をしています。

 

活躍してくれるかわからないけど

「お願い、頼む。活躍してくれ!」

そんな思いで一人一人採用しています。

そのために
就活生のアナタには
全力でアピールしてほしいのです。

 

ただし、アピールと言っても
下記のようにアピールしないでください。

 

・私の強みは協調性です
・私は問題解決力があります
・私は忍耐力と集中力があります

 

絶対止めて下さい。
理由は超簡単です。

 

「だから何なの?」
「へ~そうなんだ。で?」

 

事実だけ言われても

あなたを採用する
メリットを感じません

 

あなたにしてほしいことは
単なるアピールではありません。

企業がもし仮に
あなたを採用した時に

 

どんなメリットがあるのか
どんな活躍をしてくれるのか

 

を、確実にイメージさせる必要があります

 

どんなにアナタが
ゴリ押しで企業にアピールしても

企業の人間が
あなたの活躍する姿や
あなたが入社するメリットを
頭の中でイメージすることができなければ

 

あなたのアピールは
水の泡となりゴミクズになります。

 

つまり、、

選考で落ちまくってしまう人は
エピソード内容が悪いのではなく、

 

自分のアピールポイントを
メリットに感じてもらえるよう
表現できていなかっただけなのです。

 

アピールしてるつもりでも
アピールになっていなかったのです、、。

じゃあ、どうすれば良かったのか、、、?

 

明確にメリットを提示せよ


なんとなく
想像つくと思いますが

多くの就活生が
戦高に落ちてしまっている原因は…

 

入社したとき、
どのように活躍するのか
提示できていない

 

という点にあります。

イメージさせるって
何だって話ですが、ここで例を出します。

 

例)スマートフォン

店員さんは、あなたに言ってきます。

「こちらは最新機種です。」
「お客様にもご好評です。」
「いま機種変更すればお得です。」

あなたはコレを言われて
機種変更の決断ができますか?

 

たまたま契約更新月だったら
ノリで機種変更するかもしれませんが、

普通なら無理ですよね。。

「だから何ですか?」

という感じで店を出るはずです。

先程の提案では
あまりにも提案が雑すぎて
メリットを感じれないはずです。

 

では、下記ならどうでしょう?

 

こちらのスマートフォンですが
いま機種変更していただくとお得です。

機種代金が実質無料になります。

キャッシュバックキャンペーン中なので
月々の料金が3318円も、お得になります。

お客様、少し想像してくださいね。

月々3318円
年間39816円
2年間だと79632円

機種代金分のキャッシュバックを
今回限りですが、お付けしています。

今よりも、お得なのです。

想像してくださいね。
奥様からのお小遣いは2万円ですか?

そんな日常生活の中に
3318円もプラスされるんです。

毎日のコンビニ500円飯が
マグロ丼定食に生まれ変わります。

年間39816円となると
1泊2日の国内旅行が出来ます。

箱根にのんびり
温泉に浸かりに行くなんて最高ですね。

さらに今なら、ポケットWi-Fi付きです。

月末になると
通信制限でYoutubeが見れない、、

そんな悩みも
今回だけだったら
キャンペーン中なので
特別にWi-Fiも、お付けします。

好きなLIVE映像を見たり
ちょっとエッチな動画も見放題

さあ、どうですか?

今ならキャンペーン中なので
いま話した特典全てお付けします。

如何なさいますか?

 

少しは機種変更したくなりましたか?

 

今回の例では

【買ったときのメリットがわかる】
【買った後のイメージができること】

この2点を意識して書きました。

 

この2つのポイントは
就活で非常に大切なポイントです。

 

あなたが、、

 

【入社したらできること】
【入社したときのメリット】
【入社したときの活躍する保証】

 

面接官に

「コイツ、絶対に欲しい」

と、思わせるよう
企業の面接官に伝えてください。

 

ーーーーーーーーーーーー
私は問題解決力があります。
それは過去の○○という経験からです。

この問題解決力は、○○に入社した際、
△△の場面で××のような形で活かされます。

その結果、貴社の営業利益は○○%上昇し
前年比越えの利益を生むことを約束します。
ーーーーーーーーーーーー

 

上記はあくまで
イメージさせる例です。

自分でも引いてしまうくらい
自分の可能性をアピールしてください。

「そこまで言うなんて怖い、、」

そう思うかもしれませんが
逆の場面を想像してみて下さい。

 

「たぶん活躍できます」
「できる限り頑張ります」

 

そんなことを言われて
仕事を任せたいと思いますか?

 

僕は無理です。

自信の無い人間に
仕事は任せられないし
信用したくても怖いです。

 

採用担当も思っていることは同じです。

 

自信のない人間には
内定を渡すことはできないし

メリットを感じない人間には
内定を渡すことなんてできません。

 

なので、、
もし本気で内定が欲しいなら

 

✔︎どの場面で
✔︎どのようにして
✔︎どんな要素を用いて
✔︎その要素はどこで培ったのか
✔︎力を発揮した時の弊社のメリット

 

この5点を組み込んで
メリットの提示をしていきましょう。

 

そして、、

あなたが弊社に
加わることで起こり得る
プラスの変化は何があるのか

明確に提示していきましょう。

これさえできれば、
劇的に選考通過率は上がります。

 

まとめ


あなたは弊社で何ができるか

イメージさせないと
アピールはガラクタ以下

活躍してるイメージをさせよう

入社したらできること
入社したときのメリット
入社したときの活躍する保証

どの場面で
どのようにして
どんな要素を用いて
その要素はどこで培ったのか
力を発揮した時の弊社のメリット

あなたが弊社に
加わることで起こり得る
プラスの変化は何があるのか

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 一流の就活人生論 , 2020 All Rights Reserved.