相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

説明会に行かなくても企業の内情がわかってしまい、交通費も削減できてしまう効率的なネットの使い方

引地 賢太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

突然ですが、
今回は「企業を調べるコツ」を教えます。

最近、僕のLINE宛に

「説明会に行きたいけどコロナが…」
「説明会に行きたいけど地方だから…」
「説明会に行きたいけど遠出できない」

という相談が続出しています。

安全第一なので
外出を控えたくなりますよね。

気持ちはわかります。
しかし、ここで朗報があります。

 

それは「説明会は茶番」ということです。

 

説明会に参加しても
新しい情報が手に入る確率は0に等しいです。

なぜならHPに書いてある情報を
社員が読んでいるだけだからです。

逆にいうと
企業がネットに載せている情報を
しっかり調べることが交通費削減に繋がり
無駄のない就活生活を過ごすことができます。

そこで今回は

「ホームページの見るべきポイント」
「ホームページの使いやすい効果的資料」

この2つを紹介していきます。

しっかりHPを眺めて
志望企業まで駆け抜けましょう!

 

企業を調べるコツ

企業知るための2つのポイント

 

企業が求める人材を知るためには、
まず企業の事業を調べる必要があります。

 

①企業の基本情報
②誰に対してどのように売っているか

 

①企業の基本情報

企業の基本情報として
押さえておくべきポイントが沢山あります。

企業の基本情報で押さておくべき点
基本情報 ・設立年
・企業理念
・代表取締役のメッセージ
事業内容 ・商品、サービス
・売上、営業利益
社風 ・平均年齢
・男女比率
・社員教育体制
・新卒3年間の離職率
キャリア形成 ・女性登用はどんな感じか
・昇進賞与はどんな感じか
勤務条件 ・休日
・勤務地
・勤務時間
・福利厚生、手当、保険
企業形態 ・独立
・外資
・系列

こうやってみると
調べることがけっこう多いですよね。

基本情報を知らないまま入社して
ミスマッチが起きるのは、あるあるです。

必ず調べましょう。

 

②誰に対してどのように売っているか

次に押さえるべきは企業のお客様です。

企業にはモノやサービスを
買ってくれるお客様がいます。

お客様の情報を知らないと
志望動機,実現したいこと,自己PRで
自分のアピールポイントを

どのように活用するのか
表現することができません。

 

すごい簡単な例ですが、
もし調べている企業がスタバだったら

ターゲットとしてるお客様は
学校帰りの中高大生ですよね。

提供しているものは
〇〇フラペチーノとかですね。

お客様を集客するために
CMでプロモーションを打ったり
SNSで新商品を紹介していますね。

このような形で、企業の

・ターゲットとするお客様
・提供している商品やサービス
・どのようにお客様を集めているのか

この3点をイメージできるまで
企業を調べると志望動機や自己PRで
説得力のある文章を作ることができます。

 

企業研究で用いる5情報


①会社HPや新卒採用ページを見る

まずは先ほども記載した通り
会社HPや新卒採用ページに目を通しましょう。

会社HPには
会社がどのような事業をしているのか、
企業理念などの基本情報が詰まっています。

また、

新卒採用ページには
その年に企業がアピールしたいことが
わかりやすくまとめられて載っています。

会社HPや新卒採用ページで
ぼんやりと見えてきた人材像を、
残り4つの情報媒体を活用して

自分が調べた企業に働く
イメージを付けていきましょう。

 

②企業の関連書籍を読む

企業の関連書籍について、
最低限目を通して欲しいのが
東洋経済新報社が出している

「会社四季報」です。

会社四季報は
企業情報が同じ形式で記載されているので
他の企業と比較しやすいのが特徴の本です。

それに加えて、
離職率・有給消化状況といった、
会社HPにはあまり載せていないが

人事の人や面接担当者に
聞きにくいこと
も載っているので、
企業研究をするときは調べましょう。

僕が就活性だった頃は
学校の就職課に置いてあったので
学校のFAXで資料をコピーしてました。

学校に行けないときは
近隣の図書館で借りたりもしました。

 

会社四季報は購入せず
借りることをオススメします。

 

その他に読んでおきたい企業の関連書籍は、
代表取締役が出している本や企業の名前が
タイトルに入っている本です。

このような本を読めば、
詳しい社風や企業が作られた目的などを
肌感で知ることができます。

就活中は
図書館が非常に役立つので
今のうちに近隣の図書館を調べましょう。

 

③会社説明会に行って質問する

先ほどもご説明しましたが
会社説明会に出て得られる情報というのは
WEB上で得られる知識と殆ど変わりません。

しかし、

会社に行くことで
WEB上では得られない
仕事の雰囲気を感じることができます。

ただし、

ココでの注意点は
話を聞くだけでは“無意味”ということです。

話を聞くだけでは
WEB上と全く変わらないので

必ず説明会に参加する前に
企業のHPで気になったポイント
質問化して、説明会に参加しましょう。

 

説明会での質問方法は

「私は〜について〇と感じたのですが
 この認識で合っていますでしょうか?」

「また、もし間違っているのであれば
 〇〇さんの意見を教えていただきたいです」

という感じで

【自分の意思(意見)×質問】

の形式で、質問するように心掛けましょう。

イメージ的には
質問というより“確認”するイメージです。

 

④OB・OG 訪問をする

OB,OG訪問の目的は、
インターン同様実際に企業で働いている人の
生の声を聞くことです。

会社のホームページや
会社の説明会では知ることができない、
実際の会社の雰囲気や細かい仕事の内容、
実際に働いてみた実体験などが聞ける

絶好のチャンスです。

 

⑤IR情報をみる

IRというのは
Investor Relationsを略したもので、
投資家向けに発信している広報活動のことです。

IR情報は
各企業のホームページから見ることができます。

IRから企業の情報を得るメリットは、
企業の財務状況や経営状況を投資家に
嘘偽りなく必ず伝える必要があるので、

 

就活サイトよりも
誇張して書いていないので
本当の真実が記載されています。

 

就活サイトが
嘘をついているわけではないですが、

IR情報は
より客観的な事実が述べられており、
内容も就活生にとって知っておくべき情報が
載せられています。

しかし、

IRは投資家向けに書かれているので
内容が少し難しく感じるかもしれません。

ですので、

IR情報の中でも読みやすく、
就活生に関係する3つの部分を紹介します。

 

1.年間決済の説明会資料を読む

まずは年間決済の説明会資料がおすすめです。

説明会資料を初めに見る理由は、
IRの中で最も対外向けでわかりやすいからです。

イメージ的には
あなたも馴染みあるPowerPointで
一生懸命に作成されたプレゼン資料です。

文章だけでなく
画像やグラフも挿入されているので
どの資料よりも読みやすい効果的資料です。

 

株主総会資料も
説明会資料の一種です。

 

説明会資料は
売上高、営業利益、次の年の戦略や展望が
書かれていますが、

 

特に次の年の戦略や展望に注目してみましょう。

 

次の年の戦略や展望には、
企業が今の現状をどのように捉えているのか、
どのように対処していくのかが書かれています。

対処する方法を読めば、

「対処するために
 どのような人材を求めているか」

を知ることができるので、読み込みましょう。

僕は就活中
とにかく決済説明会資料を読みまくって
会社の強みや弱みを探りまくっていました。

 

2.中長期計画表を読む

中長期計画表には
企業が5年後、10年後にどうしたいか
記載されています。

実際に読むと
かなり堅い文章で書かれていて、
全てを読み取ろうとしても難しいので、
次のことを意識して読んでみてください。

 

・国内で基盤を固めるのか、海外に出るのか
・海外に出ていくとすれば、それはなぜか
・出ていくとすればどの国なのか
・なぜその国なのか
・新規事業を行うのか行わないのか
・行うとすればなぜするのか

 

上のことを意識すれば
効果的な中長期計画表の見方ができます。

 

3. 有価証券報告書を読む

有価証券報告書というのは
上場企業が決算後3ヶ月以内に
投資家向けに出すことが義務付けられた
報告書の1つです。

決算情報、事業内容、
従業員の状況、事業の状況、
企業が想定しているリスク、財務状況等

色んなことが
詳細にまとめられている資料です。

かなり難しい
有価証券報告書を読む理由は、

企業間で書類が統一されているため、
他の企業と比べやすいメリットがあるからです。

しかし情報量が非常に多く、
1つ1つ見ていけば時間が足りません。

なので、

 

有価証券報告書では「対処すべき課題」
という項目を読むだけでも、大丈夫です。

 

対処すべき課題には、
今後数年間で解決しなければならない
課題が載っています。

企業が抱えている課題から、
どんな人材が求められているかを
意識しながら読んでみましょう。

 

最後に
よく就活性がやりがちの
NG情報収集について話します。

ネットで
「〇〇株式会社 ブラック」
みたいな感じで検索して調べると

必ず悪い情報が出てきます。

僕もやったことがありますが
よくよく考えると当たり前です。

なぜなら
そのような書きこみをしている人は

 

自分自身が会社に上手く溶け込めず
離職した人たちが書いている情報だからです。

 

良い情報を
集めるほうが、不可能な話です。

あの大企業のトヨタやANAも
「ココはブラック企業だから止めとけ」
みたいな書きこみもあるくらいです。

100人中99人が満足していても
1人が悪い書きこみをするだけで
評判が悪くなるのがネットの世界です。

そもそも

 

満足している人は
わざわざネットに書きこみません(笑)

 

何らかの恨みがあるから
ネットに書きこむのです。

その認識だけは忘れず
上手にネットを活用しましょう。

家にいても
調べられる情報は山ほどあります。

暇な時間があれば
年間決済の説明資料を読みこみましょう。

 

まとめ

 

説明会は茶番

まずはHPで基本情報の確認

誰に対して
どのようなサービスを提供し
どうやってお客様を集めているのか
読みとっていこう

人事に聞きづらいことは
図書館で「会社四季報」を借りて
調べよう

説明会に参加するなら
確認を込めた質問をしよう

会社の強み弱みを知りたければ
年間決済の説明会資料を読みまくろう

 

最後まで
ご覧いただき
ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。