相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

面接でうまく話せるか不安。緊張で用意したことが話せるか不安。どんな質問したらいいか不安。そんな人が活用すべき面接のコツ。

引地 賢太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

突然ですが、

就職活動で避けては通れない面接。

 

第一志望から内定をもらいたいけど、

「失敗できないしどうしよう!」

という感じで不安を抱えていませんか?

 

僕は昔から

社交的なタイプではなく

内気で弱々しい性格だったので

面接が不安で仕方ありませんでした。

 

 

就活するまでに

就活のように「評価される面接」

取り組んだ回数は、たったの4回です。

 

1回目は

高校受験の滑り止めの私立校受験

 

2回目は

高校受験の志望してた公立校受験

 

3回目は

英検3級取得時の簡単な英語面接

 

4回目は

専門学校受験時の緊張感の無い面接

 

そして5回目が、、、

ぴあ株式会社の面接です。

 

過去4回の面接がユルユルすぎて

綺麗に撃沈したのを今でも覚えています。

 

緊張で手は震え頭は真っ白だし

周りの就活生は凄そうな人ばかりだし

面接官は怖そうな顔で殺されそうな目だし

 

「あっ俺、来る場所間違えた」

「俺、完全に場違いの人間じゃん」

「なんで隣の奴スラスラ話せるの?」

 

当時の僕は、こんな心境でした。

 

何度も就活から逃げたくなりました。

何度もメンタルをボロボロにされました。

何度も何度も選考に落ち続けました。

 

それでも、

 

志望企業内定を勝ち取れました。

 

そのキッカケは

面接のコツを先輩から教わったからです。

 

今回は、

 

先輩から教わったコツを

そのままアナタにお伝えします。

 

今回お伝えする内容は

正直、真新しいものではありません。

 

社会人の僕からすると

「うん、まあ当たり前だよね」

という簡単な内容ですし

 

アナタが見ても

「あ、、なんだ、そんなことかよ」

と思う内容です。

 

しかし、

 

知っているだけで

実際に面接の場に立ったときに

実践できている人はごく僅かです。

 

だからこそ、

「なんだ、そんなことかよ」を

確実に実践し表現できている人は

 

内定を勝ち取っていきます、、。

 

知っているだけじゃダメです。

 

どんなに良い意見を持っていても

発言しなかったらグループワークで

1ミリも評価されないのと同じです。

 

知っているだけじゃダメです。

 

実践して

内定を勝ち取りましょう。

 

明日からできる面接のコツ

 

第一印象が合否を左右する!

 

①身だしなみを整える

 

身だしなみは

心が現れると言われるくらい、

就活において大切にすべきポイントです。

 

しっかりと整えるようにしましょう。

 

また、

合否の判断をする理由の1つに

“社風に合うかどうか”も挙げられます。

 

業界によってブラウスを変えてみたり、

相手の会社に合わせることもおすすめです。

 

②話し方は大げさに

 

話し方は

いつもよりも少し大げさにして

話し方や表情からも好印象を与えましょう。

 

普段話すときよりも

ひと回り大きい声で、声のトーンを

1トーン上げることを意識してください。

 

また、

 

話すスピードを

相手の面接官に合わせることで、

相手から信頼される効果があります。

 

これは

ミラーリング効果と言われ

ビジネスの商談の場でも実践される

心理学を用いた会話手法のひとつです。

 

③表情・姿勢から爽やかさと明るさ

 

相手の目を見て、

明るい表情で話しましょう。

 

自分で笑えているつもりでも、

意外と口角が上がってないこともあります。

 

恥ずかしがらず、

鏡でチェックしてみてください。

 

また、

 

姿勢も印象を左右する大切なポイントです。

 

座るときは座骨を立て、

横から見たときに耳,肩の中央,ももの付け根の

3点が一直線になるよう意識して見てください。

 

背筋がスッと伸び、

きちんとした印象を与えることができます。

 

 

よくある質問を知り、面接に臨もう

 

①基本の質問

 

まずは抑えておきたい基本の質問です。

 

・自己PR

・自己紹介

・志望動機

・学生時代の経験について

・長所、短所 、興味関心のあること

 

ESに書いていることは、

改めて聞かれることが多々あります。

 

聞かれても慌てることがないよう事前準備をし、

実際に聞かれた際はウォーミングアップだと考え

 

落ち着いて答えるようにしてください。

 

②入社後に関する質問

 

・どんな社会人になりたいのか

・入社後にどのように貢献したいのか

 

内定=ゴールになっていないことを示す為にも、

具体的に答えられるよう準備しておきましょう。

 

③業界や企業に関する質問

 

・なぜその業界,企業を選んだのか

・競合他社と比較してどう思ったか

 

適当に受けていないということを示す為にも、

自分の経験に基づいて答える準備をしましょう。

 

④珍しい質問

 

企業によっては

 

「〜ってどう思う?」

「あなたを動物に例えると?」

「あなたのイメージカラーは?」

 

このように

予想もしていなかった質問を

投げ掛けられる場合があります。

 

この質問の意図として

考えられる点はいくつかありますが、

 

主な理由は

 

「どのような考え方をする学生か」

「この学生は自分をどう捉えているか」

 

という意図が多いです。

 

⑤就活状況

 

他社の選考状況を聞かれることもあります。

 

志望業界の統一感や

企業選びに軸があることが

伝わるように回答しましょう。

 

嘘はいけませんが

落ちた企業や軸とは外れている企業は

言う必要はありません。

 

 

逆質問は志望度をアピール

 

面接官から

「最後に質問はありますか?」

と、聞かれることは多くあります。

 

ここで「ありません。」と

回答するのは極力避けるべきです。

 

というのも

質問が多い=会社に興味を持っている

と、捉える企業が統計的に多いからです。

 

面接官には、

 

「入社後をイメージさせる」

「すぐに辞めず長く働く覚悟がある」

 

ことをイメージさせることが大切です。

 

具体的な業務内容や、

将来的にしたいことが志望先企業で

どうやったら実現できるかetc…

 

自分が働いているイメージを

させるような質問がおすすめです。

 

意外とやりがちなNG質問

 

①給与や残業,休暇についての質問

 

働くことよりも

休暇が大切というイメージを

与えてしまう可能性があります。

 

仮にそうだとしても

それは内定を獲得した後でも、

確認できることですよね。

 

わざわざ限られた時間の

面接という場で聞くことではありません。

 

②クローズクエッション

 

Yes,Noで終わる質問は

会話が広がりづらく微妙な雰囲気になります。

 

極力、、

 

「私は〇〇と考えたのですが

 △△さんは〜についてはどうお考えですか?」

 

など、会話が広がる

オープンクエッションで聞くのがおすすめです。

 

③前置きが長い

 

質問の内容はともかくとして、

質問までの前置きが長い学生が意外といます。

 

なぜその質問をしたのか

意図や自分の考えを述べるのは良いですが、

 

前置きが長すぎると

面接官も何が言いたいのか

わからなくなってしまう場合があります。

 

意図や考えも伝えたい場合は

最低限且つ簡潔にしましょう。

 

 

質問に答えるときのポイント

 

①要点をまとめて話す

 

聞かれていることに対して

要点を簡潔にまとめて話すよう意識しましょう。

 

ダラダラと話してしまうと

聞いている側も話している自分も

何を伝えたいのかわからなくなります。

 

②謙虚さを忘れない

 

目上の人と話をしているのですから

上から物を言うようなことはNGです。

 

学歴の高い学生ほど

何故か上から目線になる傾向にあるので

常に謙虚さを忘れないようにしましょう。

 

③企業研究内容を混ぜる

 

企業や業界について

研究してきたことをおりまぜて話すと

面接官も「よく調べてきているな」

 

あなたの本気度が伝わりやすくなります。

 

④ミスをしても諦めない

 

ミスは誰にでもあることです。

 

面接途中でミスをしてしまったと思っても、

最後まで諦めずに落ち着いて回答しましょう。

 

ひとつの失敗を引きずらないことが大切です。

 

⑤わからないことは素直に言う

 

自分の考えを聞かれている場で

「わかりません」と回答してしまうのは

物事を考えられない人と思われてしまいますが、

 

質問に答えるために

専門的な知識が必要な場合は

素直にわからないことを伝えましょう。

 

学ぼうとする意欲は高評価です。

 

逆に、わかっているフリで答えてしまうと

面接官にも「わかっているフリしてるな」と

気づかれ、口先だけの人間と思われてしまい

 

信用度が下がり落とされるキッカケになります。

 

しかし答えられるに越したことはないので、

その業界に関わる基礎的な知識やニュースは

 

把握しておくようにしましょう。

 

 

面接タイプ別に対策しよう

 

これまで述べた面接のコツに加え、

更に面接タイプ別で抑えておきたい

ポイントを簡単にお伝えしていきます。

 

個人面接

 

①会話を意識して取り組む

 

個人面接はアナタだけを見てくれる時間です。

 

あなたらしさを出せるように、

面接官と会話することを意識してみましょう。

 

用意された型にはまった回答よりも

会話を意識したほうがアナタらしさが出ます。

 

②第一志望であることを伝える

 

企業側も本当に

自分の会社で働く気がある人に

内定を出したいと考えています。

 

ダイレクトに

どれくらいの志望度なのかと

質問してくるケースもよくありますが、

 

どこの面接でも

第一志望であることを伝えましょう。

 

 

集団面接

 

①限られた時間の中で自分をアピールする

 

集団面接は何人もが

同じ質問に答えていかなければならず

一人当たりの時間が短いのが特徴です。

 

この短い時間の中で

話を簡潔にまとめられるかが

重要なポイントになってきます。

 

結論から話すなど

自分の中で順序だてて話すようにしましょう。

 

②他の人を気にしない

 

他の人の回答に圧倒されたり

劣等感を抱いてしまうこともあると思います。

 

しかし、そこで気にしてはいけません。

 

あくまで自分は自分なのです。

 

自分をしっかりとアピールし

企業に自分を売り込むことが大切です。

 

 

圧迫面接

 

①演技だということを理解しよう

 

どんな態度で面接されても

面接官はわざとやっているということを

決して忘れてはいけません。

 

面接官の態度に乗せられて

イライラしたり泣きそうになっても

自分のペースは崩さず落ち着きましょう。

 

②自分の回答について掘り下げよう

 

いじわるかのように

一つの質問に対して繰り返し

掘り下げてくる面接官もいます。

 

選考が進めば進むほど

掘り下げられる質問も多くなります。

 

なので、自分の回答に「Why(なぜ)」

問いかけまくって「自分の過去・現在・未来」

について理解し答えられるようにしましょう。

 

 

面接開始前と後で気をぬかない

 

①履歴書やエントリーシートの内容確認

 

ESに書いた内容について

質問されることは頻繁にあります。

 

面接前日までに

一度、ESに目を通しておきましょう

 

提出する前に

コピーを取っておけば安心ですね。

 

②面接会場までも気を抜かず

 

面接会場付近では誰が見ているかわかりません。

 

まだ会場に入っていないからといって

近くでタバコを吸ったりするのはNGです。

 

また、

 

集合時間ぎりぎりではなく

余裕をもって会場に行きましょう。

 

早くつきすぎてしまった場合は

近くのカフェなどに入り緊張をほぐしましょう。

 

また、

 

会場内での待機中は

スマホなどをいじったりせず

落ち着いた態度で待ちましょう。

 

③お礼メール

 

面接が終わったら

企業の人にお礼のメールを送りましょう。

 

メールは任意ですが

送る方が丁寧で好印象を与えることが

出来る場合もあります。

 

就活で大切なのは

圧倒的な「差別化」を図ることです。

 

「えっこんなことで?」

 

、、と、軽視するものほど

周りも軽視しているからこそ

実践した人だけ評価に繋がります。

 

、、、

 

以上が

簡単ではありますが

内定までの面接のコツです。

 

まだまだコツや

すべきことは沢山ありますが

 

今回、記載した内容は

当たり前にすべきことです。

 

多くの人が

当たり前をできていないからこそ

当たり前を当たり前に実践できれば

 

あなたは勝手に評価されます。

 

当たり前を実践して

内定まで駆け上がりませんか?

 

 

まとめ

 

面接で第一印象は命だから

普段より大きい声で、声のトーンも

1トーン上げて話そう

相手の目を見て

明るい笑顔も大切です

いつも以上に表情筋を使おう

よくある質問は

事前に準備しておこう

逆質問は

オープンクエッションで聞こう

質問に回答するときは

要点をまとめて簡潔に話そう

失敗しても落ち込まず引きづらない

差別化をするためにも

お礼のメールを送るのもアリ

 

最後まで

ご覧いただき

ありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
引地 賢太
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。