相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

アナタのESの通過率を日本最大級にします。選考通過する書類には王道勝ちパターンが存在した。

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
こんにちは、賢太です

 

f:id:hkentaeigyou:20170908200316j:plain

 

ESを書いている時

悩んでいることはありませんか?

 

 

・そもそも書く気力がおきない

・学生時代頑張ったことが何もない

・志望動機がどうしても薄く感じる

・とりあえず書いたけど通過するか不安

 

 

こんな状態に陥ってませんか?

 

 

因みに僕は陥りました。

 

就活本を読んで

ネットで情報を集めれば集めるほど

わけが分からなくなってました。

 

・シンプルに書いたほうがいい

・オリジナルの文章を入れたほうがいい

 

なんとなくわかっているけど

 

 

「何を書けばいいかわからない」

 

 

今回は私と同じ悩みを抱えている

アナタを助けるために話していきます。

 

ESの作り方テンプレートお話しします。

 

 

内定率爆上がり

自己PR書き方講座

 

 

①必ず一文目に「PR」を書こう

「」をつけて目を引こう

メリットを感じさせるように書く

④メリットの裏付けストーリーを書く

 

この4つだけです。

 

この4点を知らない

就活生は意外と多いです。

 

これだけできれば

かなり差別化ができます。

 

わかりづらいと思うので

少しだけ例文を出していきます。

 

Q.あなたの特徴を教えてください

 

私は部活動に力を入れています。

私はテニス部に所属しており日々

インカレ出場に向け努力をしています。

 

 

実はこの書き出し

自己PRでは最悪です。

 

「え、、そんなに悪いですか?」

 

もしかしたら

このように思うかもしれません。

 

ではこの書き出しについて

この人を雇うメリットを感じますか?

 

実は、最初に強いメリットを感じず

落とされるケースが非常に多いんです。

 

f:id:hkentaeigyou:20170908200503j:plain

 

この人の場合

部活動に熱心に取り組んで

努力をしていることもよくわかります。

 

ただ・・・

 

それが社会人になった時

どうやって活かされるか伝わってこないです。

 

採用担当者は

1日に数千枚のESをチェックします。

 

そんな時に面接官の気持ちも考えず

自分の部活動の事について長々と語られても

読む気が失せてしまうのです。

 

部活動の話は

ストーリーとして話せばいいです。

書き出しで書く必要はありません。

 

書き出しは担当者が

メリットを感じさせることを書けば良いです。

 

それからメリットに基づく

ストーリーを語っていきましょう。

 

それだけで

アナタの評価は上昇します

 

当然ESの通過率も何百倍も上がります。

 

そして面接でも

具体的でわかりやすく興味を引かれるので

相手から質問してくれます。

 

あなたからアピールしなくても

既に相手はあなたに興味がある状態から

面接をスタートできるのです

 

そうすれば面接はラクですね。

難易度も必然的に下がります。

 

初めから

興味を持っていれば

最終面接は各選考の担当官が

社長にオススメしてくれるかもしれません。

 

社内の人間がおススメしてくれことほど

強い味方はいません。

 

この展開になれば

内定なんて出たも同然です。

 

f:id:hkentaeigyou:20170908200539j:plain

 

ここまで話した中で

僕が最後に何を言いたいのか?

 

 

「自己PRは採用担当者の

   気分を良くするものにしよう。」

 

 

という事です。

 

シンプルです。

 

そしてもう一度

ポイントのおさらいです。

 

 

①必ず一文目に「PR」を書こう

②「」をつけて目を引こう

③メリットを感じさせるように書く

④メリットの裏付けストーリーを書く

 

 

この4点です。

しっかり頭にインプットできましたか?

 

アウトプットするためにも

これを意識してESを書いてみましょう。

 

実践をすることで

気づきを発見することができます。

 

気づいたら改善する

 

この繰り返しです。

 

今回はこの辺で失礼します。

 

ではまた。。。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です