相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

脱大学生!表現方法だけで相手の印象は180度変化する。

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
こんにちは、賢太です

 

いきなりですが

今回で就職活動の基本マナーについて

打ち切ろうと思います。

 

f:id:hkentaeigyou:20170811230749j:plain

 

いくら盛り込んでも

頭がパンクしてしまいます。

 

まだまだ

お伝えできてないことは

山ほどありますのでマナーについては

また随時更新していきます。

 

今回はズバリこれです。

 

言葉遣い

 

これは知っておかなければ

マズイと感じたことかもしれません。

 

話し方の前に

言葉遣いはとても重要になってきます。

 

友達と話すノリで話せるほど

就職活動は甘くない場面です。

 

友達感覚で

リラックスして話してほしいですが

 

それと言葉遣いは別です。

 

最低限のレベルは

押さえておきましょう。

 

就職活動の言葉遣いと聞いて

アナタは何を思い浮かべますか?

 

想像しているので合ってると思います。

そうです。敬語です。

 

今回は正しい敬語の

使い方について話します。

 

 

正しい敬語の使い方

 

 

まず敬語には3種類あります。

ご存知だと思いますが一応記載します。

 

 

尊敬語

 

相手の動作や状態に敬意を表す表現。

主語はお客様や上司。

 

謙譲語

 

自分.自分の身内の動作.状態を

謙って敬意を表す表現。

主語はわたくし

 

丁寧語

 

相手を尊重し

モノの言い方を丁寧にする言葉。

 

「です」「ます」「ございます」

 

大体知ってますよね。

 

特に丁寧語と尊敬語は

学生生活の部活動.アルバイト等で

使い慣れていると思います。

 

先輩に対して「です」「ます」

を使うのは当たり前ですからね。

 

問題は謙譲語です。

 

聞いたことあると思いますが

自分を謙させて話すケースって

今までありましたか?

 

先輩を崇め奉るような表現を

使ったことはあるかもしれませんが

 

自分を謙させて

敬意を表す機会なんてなかったと思います。

 

f:id:hkentaeigyou:20170818212642j:plain

 

僕は就職活動を始めるまで

自然に使ったことのある謙譲語は

1つしかありませんでした。

 

「いただきます」

 

ご飯を食べる時に3歳くらいから

使っていた唯一の言葉だと思います。

 

それくらい学生期間では身近にない

謙譲語が就職活動では重要になります。

 

下記に代表的な敬語を

記載しますのでご覧ください。

 

f:id:hkentaeigyou:20170818212738j:plain

 

如何でしょうか?

 

実は全て中学生の国語の授業で

一度は見たことあるモノになります。

 

「申す」「伺う」「拝見する」「いただく」

 

これらは特に社会人になってから

多く使うので覚えておいてほしいです。

 

次に話すのが

言葉の言い回しです。

 

言葉の言い回しというのは

間違って使っている気はないのに

間違っていることが多いものです。

 

普段使っている言葉が

社会で通用しないことがよくあります。

 

今回も最低限ですが

言葉の言い回しを載せます。

 

よく使う言葉の言い回し

 

 

わかりました畏まりました

知りません→存じません

すみません→申し訳ございません

すみませんが→恐れ入りますが

相手の会社→御社・貴社

誰ですかどちら様でしょうか

待ってくださいお待ちくださいませ

 

 

こんな感じです。

 

「わかりました」「すみません」

 

この2つなんかは

間違って使ってることもありますよね?

 

僕も未だに

目上の方に間違えて使ってしまいます。

 

癖になってしまっています。。

 

アナタには言葉遣いで

相手に不愉快な思いをさせる人間に

なってほしくないです。

 

だから!

 

就職活動中は

「わかりました」「すみません」

言葉の表現を意識してください。

 

どうでしたか?

 

アナタの言葉遣い!

 

 

NG言葉遣いに

なっていませんでしたか?

 

 

社会人になってしまえば

自然に敬語が使えるようになりますが

 

就職活動中は意識しないと

NG言葉遣いになってしまいます。

 

言葉遣い1つで印象は決まります。

 

言葉遣いのスペシャリストになり

第一印象から加点を増やしましょう。

 

今回のセクションは

この辺で以上にさせていただきます。

 

次回からは

自己分析編に突入していきます。

 

土台を固める自己分析。

軸を固めていきましょう。

 

ではまた。。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です