相談事や取材.仕事依頼等のご連絡はこちらまで

スキル実績0のポンコツが22歳で年収1500万の生活を手にした就活

管理人オススメ自己分析ツール

副業?大手でも解禁。なぜ解禁した?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら
引地賢太
引地賢太
こんにちは、賢太です

 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/a68/1588558/20140307_1014021.jpg

 

前回まで

かなり激熱な内容の話でしたね。

 

思った以上に反響が凄くて

大学生はもちろんなんですが

社会人になっている方からも

多くお問い合わせいただきました

 

お問い合わせいただいた方には

順次お返事させていただくきます。

 

 

『お金の作り方講座』

 

 

僕が実践した上で

お話ししたモノなので

信憑性の高い内容だったと思います。

 

無料とはいっても

責任をもって話しますので

今後とも引地を宜しくお願いします。

 

は今回の本題に入ろうと思います。

 

今までサポートしてきた学生から

1年前くらいから相談を受けていた内容を

話させていただきたいと思います。

 

 

副業はYES or NO

 

http://aveneca.com/yes-no-buttons.jpg

 

こちらの内容になります。

 

国の調査で出ている結果として

10人に4人が副業を考えていて

その中の1人は既に副業をしている

 

このような調査結果が出ています。

 

アナタも耳にしたことがあると思いますが

 

ベンチャー企業.大手企業

続々と副業を解禁しています

 

それによって

最近では書店でも副業本が

多く見かけるようになりました。

 

株投資・不動産投資・仮想通貨投資

 

投資をすることを切り口に

独立する人も増えてきました。

 

ベンチャー企業は

不安定さも若干あるので

副業解禁は納得できるのですが

 

最近は・・・

 

一度は聞いたことがあるような

大手企業も続々と副業解禁しています。

 

大手企業側の気持ちとしては

自社で一生懸命働いてもらうことが

ベストだと思うかもしれませんが

 

手企業が積極的に副業を認めています。

 

 

企業が副業解禁する理由

一体なんだと思いますか?

 

 

副業解禁の理由

 

 

副業解禁してる代表企業は

 

ロート製薬・日産・富士通・花王

 

業界最大手と言われる企業も

副業に前向きな姿勢なんです。

 

なぜ副業を解禁しているのか

 

論からいうと・・

 

 

『個人を尊重する』

『優秀な人材を確保する』

 

 

この2点で副業の解禁に前向きなのです。

 

個人の尊重

 

会社の枠組みだけで仕事をしてると

 

のびのびと仕事が出来ない 

 

会社に仕事に来るのではなく

個人に仕事が来るという事もあります。

 

その時に

会社が副業を解禁していないと

 

その人は会社に対して

窮屈な気持ちで離職の可能性が高まるからです。

 

副業が認められていれば

個人の意思が尊重されやすいので

 

この会社はやりたいことをさせてくれる

 

このような良い印象で働くことが出来ます。

 

会社に縛り付けるよりも

自由に働ける環境のほうが成績が上がる

データも残っていることが

 

副業解禁に前向きな理由ですね。

 

 

優秀な人材を確保する

 

仕事で成績を残していくと

会社の中での評価が上がるだけではなく

外部の評価も上がっています

 

実際に引き抜きなどは本当にあります。

 

気づいたらあの人、他社の部長になっていた

 

という事もあるのです。

 

先程も言いましたが

縛りつけている環境では窮屈な気がして

引き抜きを前向きに受け入れます。

 

引き抜きされる人は優秀な人間なので

会社にとっては痛手でしかありません。

 

会社の将来のためにも

副業を解禁しているんです。

 

http://img.allabout.co.jp/gm/article/448285/10132106115.jpg

 

近ではIT会社のサイボウズや

オンラインショッピング事業を展開する

(株)エンファクトリーは『専業禁止』という

規約があるくらいです。

 

 

自社で活躍できる人間ではなく

1人でも活躍できる人間を育てていく

 

 

それが結果的に会社に見返りをもたらす

 

このような考えで導入されているようです。

 

ここまで色々お話ししましたが

僕は副業に対してかなり賛成です。

 

副業を解禁している会社は

社員の事を考えてくれていると感じます。

 

もそも副業解禁していない会社が

アナタの将来を保証してくれると言えますか?

 

いくら大手でも潰れる時は簡単に潰れます。

 

僕の予想ですが

大手でも買収される会社は存在します。

 

会社が倒産した時に

 

「俺の人生はこの会社で台無しだ!」 

 

こんなこと言っても

倒産した過去は消せません。

 

会社に属しても

結局は自己責任です。

 

会社のせいにしても

台無しになることに変わりはありません。

 

ったら副業を解禁して

 

仮に何かあった場合でも

生活できる環境を推奨してる会社のほうが

アナタの事を考えていると思いませんか?

 

あくまで僕の考えもありますが

もう終身雇用という時代は終わっています。

 

AIも普及してきている世の中

会社に頼ることなく生き残れる人間が

 

素晴らしい充実した生活を

送っていけると僕は思います。

 

回は『効率的な時間の作り方』

こちらについて話させていただきます。

 

 

時間がない

遊ぶ時間が欲しい

バイトに行く時間すらない

 

 

時間の悩みは尽きないと思います。

 

1日24時間

 

限られた時間の中で

効率的な時間の使い方を

アナタにお伝えしたいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは、 引地賢太(ヒキチ ケンタ)です。 生涯に渡り 使い続けられる社会の本質である 正しい考え方を専門に発信する 本サイトを運営しています。 元々、僕は スキル.実績がなく落ちこぼれでした。 そんな落ちこぼれでしたが、 あるキッカケで志望企業内定を勝ち取り 就職後も自信をつけ続け独立し22歳で 年収1500万円まで一応きました(笑) 綺麗ごとですが やっぱり人生一度きりです。 時間は常に限られています。 やりたいことを 好き勝手にできる世の中になれば 面白いと考え活動してます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です